クイックFX 【検証とレビュー】 

ブローカー各社のレートをリアルタイム表示

本日は、ちょっと面白いツールをご紹介します。 クイックFXです。クイックFXは、国内の主要証券会社のレートを一つの画面で同時表示できるツールです。言葉で説明するよりも画面を見ていただいた方が分かりやすいです。

クイックFX

ご覧のように、複数の証券会社のレート推移を一つの画面で同時表示しています。

クイックFXは、もともと経済指標発表前後の各社の値動きを把握して、売買チャンスを見つけるためのツールとして開発されました。トレンドの初速(初足)を視覚的に捉えることで、ライバルよりも有利な価格(ポイント)でトレードができるというのがウリのようですね。

ただ、経済指標発表前後のレートの動きは、複数業者のレートを比較しても、正確に捉えることは難しいと思います。また指標発表時はスプレッドも開きますし、スリッページ(約定拒否)も頻繁に起きます。なかなか、思い通りにはチャンスに乗っかれないと思います。

そんなことよりも、もっと面白い使い方があります。

クイックFXで乖離からの戻りを狙える!

複数の証券会社レートを同時表示させる意味合いは何でしょうか?どんなことに使えると思いますか?カンの良い人は、すぐにピンとくると思います。

そうですね。他社(複数社)とのレートから乖離したブローカーの、レート戻りを狙い撃ちできます。乖離からの戻りを狙う方法も、クイックFXで紹介されている手法の一つです。コチラをご覧下さい。

クイックFXレート乖離1

ある証券会社のレートだけ、他社のレートと比べて大きく乖離しています(赤の点線枠部分)。ところが、数十秒後に戻していますね。

どうしてこのようなことが起きるのでしょうか?様々な理由がありますが、最も大きな理由は大口取引先のポジションによるものでしょうね。その証券会社の大口投資家のポジション処理によって、他社とのレートが大きく乖離することがあります。

それから、その証券会社がカバー取引をしていない場合、意図的にレートを操作して顧客のポジションを損切りさせるというケースも考えられます。いわゆるストップ狩りですね。

どちらにしても、一時的に乖離したレートは、すぐに他社(複数社)の平均レートに戻されることが一般的です。このレート乖離をチェックするためにクイックFXを使うわけです。

もう一つ例があります。

クイックFXレート乖離2

こちらも、1社だけ大きくレート乖離していますね。その30~40秒後にレートが戻してます。この乖離部分を狙い撃ちしたらどうでしょうか?すごく面白いと思いませんか?

音声アラートで乖離発生を知らせてくれる

レート乖離発生がトレードチャンスだということはご理解いただけると思いますが、ずっとチャートを眺めているのも大変な作業です。クイックFXでは、レート乖離が○pips以上発生した場合は、アラート(音)で知らせてくれるという機能が標準で備わっています。

クイックFXのアラート機能

通常、乖離幅は数pips程度で、乖離期間も数秒から数十秒程度です。しかしその数pipsを高確率で取れるタイミングがわかれば、大きな武器になり得ます。

ちなみにクイックFXで同時にレート表示できる証券会社は、以下の通りです。

クイックFXの対応ブローカー

主立ったブローカーは、ほぼ網羅していますね。

クイックFXは慣れるまで大変

クイックFXで乖離を狙う場合、チャート張り付きが必須です。特に指標発表前後はレート乖離が発生しやすいタイミングですので、そのタイミングでパソコンの前にいることが必要です。そして、複数証券会社にログインをしておき、すぐにエントリーできるように準備しておきます。

アラートが鳴ったらすぐに乖離業者でエントリーです。エントリー方向は乖離が戻す方向です。

文字で書くと簡単なように思えますが、慣れるまでは大変ですね。

当日の指標発表スケジュールも自動取得

クイックFXのもう一つのメリットですが、当日発表される経済指標のスケジュールを自動的に取得して、なおかつその指標発表までのカウントダウンをしてくれます。至れり尽くせりですね。

クイックFXのカウントダウン機能

便利ですね。

クイックFXは万人向きではない

クイックFXの気になる価格ですが14,800円です。かなり良心的な価格ではないでしょうか。ただ、全ての人が使いこなせるとは思えません。

チャート張り付きが大前提となりますし、瞬間的な動きに対応できるだけのスキル(技術)も必要です。トレードスタイルは、スキャルピングになります。トレードチャンスはそれほど多くありません。場合によっては、1日まったく無いというケースもあります。

  • チャートに貼り付ける方
  • 数少ないチャンスを、ひたすらじっと待てる方
  • そしてそのチャンスを逃さず、飛び乗れる度胸のある方
  • スキャルピングのストレスに順応できる方

そんな方にクイックFXはお薦めです。


※クイックFXは販売を終了しています。

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 よく読まれている記事

【深い闇】シンフォニー事件いよいよ立件へ【消えた50億円】

闇が深いシンフォニー事件(FX海外投資事件)のその後 シンフォニー事件については、このブログでも何度か取り上げています。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー…

マーフィーのスパンモデルに”プレミアム版”登場

スパンモデルのプレミアム版が発売開始 マーフィーの最強スパンモデルFX投資法に、特別版(プレミアム)が登場しました。 スパンモデルの詳しいレビューは、以下の記事をご覧下さい。 マー…

Pepperstone(胡椒)・24option・Smartoptionに対する”警告”

”海外”無登録業者に対する警告 関東財務局がPepperstone(ペッパーストーン、通称=胡椒)と24option・Smartoptionに対して、警告書を送りました(http:…

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入しました

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入 インフォトップのFX部門ランキグ上位のFXスキャル・パーフェクトシグナルという情報商材を購入しました。販売元はクロスリテイリングです。 F…

【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 201…

SJCシストレ実践CLUB 【検証とレビュー】

SJCシストレ実践CLUBは、単なるEAの販売 SJCシストレ実践CLUBは、本日(6月27日)現在、インフォカートでランキング1位の商材です。名前からして塾のようなものを連想させ…

ザ・イージー 【検証とレビュー】

海外ブローカーを使うバイナリーオプション商材 ザ・イージーは、マイクロジャパンのバイナリーオプション商材です。海外のブローカー「ChargeXP Investment Ltd.」を…

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開 過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。 W2C-Clipper(ve…

バイナリーオプションの危険性

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは? バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリ…

モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売していま…

海外FXフォーラムのススメ

海外フォーラムのご紹介 みなさんも薄々気付いていると思いますが、残念ながら日本の個人投資家のレベルは非常に低いです。これは日本の教育や国民性の違いなど、様々な要因があると思います。…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損…