セブンインベスターズに業務停止命令

   2015/01/14

セブンインベスターズに業務停止命令

先日、イニシア・スター証券が登録取り消し→破産開始手続きとなった話題をアップしました。
>>イニシア・スター証券が、かなり悪質である件

イニシア・スター証券に限らず、まだまだ問題のあるブローカーが国内に存在するようです。

セブンインベスターズをご存じでしょうか?
>>株式会社セブンインベスターズ

NEXT ONEという会社と提携して、トレーダーズ選手権というイベントを開催していたブローカーですね。

そのセブンインベスターズ業務停止命令という、重い行政処分を受けました(2012年12月14日)。

業務停止命令という処分は、過去にも多くの証券会社が受けています。2008年以降だけをピックアップしてみてもこれだけ存在します。

  • ニッツウトレード(破綻)
  • ユナイテッドワールド証券
  • パンタ・レイ証券(現:トレイダーズ証券)
  • TONK(事実上廃業)
  • 北辰物産
  • MJ
  • 外為どっとコム
  • 常磐Investments
  • 121証券(現:レクセム証券)
  • イニシア・スター証券(破産)
  • セブンインベスターズ

ご覧の通り、業務停止命令を受けたブローカーの行く末は、吸収合併されたり破綻したりと、あまり良くはありません。

3ヶ月もの業務停止命令

今回、セブンインベスターズに下された業務停止命令は、2012年12月14日から2013年3月13日までの、実に3ヶ月間に及びます。3ヶ月間、証券業務の一部または全部が停止させられることになります。

当然、その間は、顧客もトレードできません。多くの顧客の流出が発生する可能性があります。ブローカーにとっては、かなりの痛手です。

先日倒産したイニシア・スター証券ですら、2ヶ月間の業務停止命令でした。※外為どっとコムは1ヶ月間でした。

今回のセブンインベスターズ3ヶ月の長期停止命令です。

業務停止命令の理由とは?

3ヶ月もの長期業務停止命令の理由は、何だったのでしょうか?理由は3つ挙げられています。

  1. 自己資本規制比率が 100%を下回っている状況
  2. 資金繰りの管理が不十分となっている状況
  3. 実態と異なる自己資本規制比率の届出等

>>株式会社セブンインベスターズに対する行政処分について

要約すると、

会社の資金繰り悪化
自己資本規制比率100%を下回ったにも関わらず
事実と異なる報告をした

ということです。

自己資本規制比率とは、自己資本額から固定的な資産を控除した「固定化されていない自己資本の額」を、起こり得るリスクに対処する「リスク相当額」で割って算出した数値です。以下の計算式で求めます。

自己資本規制比率(%)
固定化されていない自己資本÷リスク相当額×100

いわば、会社の健全性を測る指標の1つですね。そしてこの自己資本規制比率が、

140%を下回った場合・・・金融庁に届け出が必要
120%を下回った場合・・・金融庁が財産の供託や必要な事項を命じる
100%を下回った場合・・・金融庁により3ヶ月以内の業務停止命令

となります。

今回のセブンインベスターズは、100%を下回っていたにも関わらず実態とは異なる内容を報告していたのですね。

資金繰りが改善されなければ、厳しい

業務停止命令を受けたわけですから、早急に資金繰りを改善し、自己資本規制比率を120%以上に上げなければいけません。

その期限が3ヶ月、つまり今年の3月13日までです。

あと1ヶ月の間に、自己資本規制比率が120%まで戻せなければ、最悪の場合「登録取り消し」というさらに重い処分を下される可能性もありそうです。

登録が取り消されれば、事実上の「廃業」です。

停止処分を受けて、顧客の流出も加速する中で、資金繰りを改善することは可能でしょうか?

NEXT ONEも影響を受けるか?

今回の処分で、セブンインベスターズと提携していたNEXT ONEも、少なからず影響を受けているのではないでしょうか?

NEXT ONEが提供する「トレーダーズマーケット」は、いわゆるコピートレードですね。

複数の専属トレーダーの中から顧客が選択をし、その選択したトレーダーに自分の資産を運用してもらう仕組みです。

全コピFXと似ていますね。

過去の専属トレーダーには、為替鬼氏やユーロマシーン氏(現:FX孔明氏)などが在籍していました。お二人とも、今はやめていますが・・・

>>為替鬼コピートレード「鬼式」検証とレビュー

そして、その運用先ブローカーが、セブンインベスターズでした。

セブンインベスターズが業務停止の今、NEXT ONEのトレーダーズマーケットはどうなっているのでしょうか?

会員制のため、実態が掴めません。

もしもご存じの方がいたら、ご連絡をお待ちしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

GMOクリック証券BO新商品
FXコピートレードの本質と注意点

コピートレードの本質について、考えてみる 今回は、コピートレードの本質について、私の考え(持論)を述べたいと思います。 最近、FXのコピートレードサービスをよく見かけるようになりました。コピートレードですので、ユーザーは […]

016
まず生き残れ。 儲けるのはそれからだ。byジョージ・ソロス

勝てる方法よりも、負けない方法を学ぶべき 毎日のようにブログ読者様から様々なご質問を頂くのですが、一番多いご質問は「どうしたら勝てるようになりますか?」というものです。 質問者は、あまり深く考えずにこの質問をしていると思 […]

fxcm
レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?

FXCMジャパン証券のレート操作に行政処分 FXブローカーによるレート操作に、とうとう行政のメスが入りました。 数ヶ月前の情報ですが、ご存じない方も多いと思いますので改めて取り上げたいと思います。 2012年6月19日付 […]

株で6億円以上の利益
個人投資家の悲喜こもごも

昨年放送された「所さん!大変ですよ【潜入!投資家たちの秘密パーティー】」(2015年11月12日放送)がYouTubeにアップロードされていた。「所さん!大変ですよ」は、NHKのバラエティ番組だ。30分程度の放送で世の中 […]

Icchan3氏の含み損
【続報】シンフォニー事件(伊藤正明容疑者)と闇に消えた60億円

60億円が闇へ…投資家は泣き寝入り 前回お伝えしたFX事件(シンフォニー事件)の続報です。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者であ […]

006
資本家に搾取される、無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり? GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート) ようやく、バイナリーオプション系の商材も落ち着いてきた感じです […]

008
海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

海外フォーラムはアイデアの宝庫 最近、検証記事が続いていたので、気分を変えて、海外の面白い手法(ロジック)をご紹介します。 引用元は、FOREX FACTORY(海外フォーラム)です。海外フォーラムには、本当に面白い手法 […]

トラリピと損切りしない戦略
損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”

損切りしない戦略 ここ数日、損切りしない戦略について記事をアップしてきました。 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 4億7000万円稼いだカリスマ主婦 […]

bainesin
バイネ申が口座凍結覚悟でバイナリーオプション商材を販売

4000円を86営業日で4000万円にしたバイネ申がバイナリーオプション商材を販売 バイネ申さんをご存知ですか?トレードアイランドでは、超のつく有名人ですね。 >>バイネ申のトレードアイランド実績はこちら 彼 […]

gmo
GMOクリック証券が、とうとう世界一

驚きのニュース ちょっと驚いたニュースがあります。 GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。 リテールFX取引高とは、個人投資家を対象 […]

SocialFXが破綻
SocialFXが破綻

SocialFXが破綻 以前このサイトでご紹介したSocialFXという面白い試みですが、2014年9月16日に破綻していたようです。 関連記事: >>約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは? & […]

横領事件 伊藤忠商事
会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。 伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。 その額、7億円とも […]