【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

イニシア・スター証券が登録取り消し

2012年12月5日に、イニシア・スター証券が金融庁から行政処分を受けました。

イニシア・スター証券については、当ブログでも以前取り上げたことがあります。

上記記事の中で、イニシア・スター証券に関して気になる点を記事にしていました。

イニシア・スター証券以外は全て海外ブローカーです。

日本国内では、IB行為に関しては金融庁が目を光らせているはずですので、基本的に海外ブローカー(金融庁から許可を得ていないブローカー)でしか、IB行為はできないはずです。しかし、イニシア・スター証券は日本国内のブローカーです。

金融庁から許可を得ているブローカーがIB行為を行っていることが、不思議なのですが、もしかしたら、イニシア・スター証券は、口座開設アフィリだけなのかもしれませんね。

ちょっと気になるのは、イニシア・スター証券のカバー率です。イニシア・スター証券のサイトには、カバー先に関する記述が全くありませんので、もしかしたらカバー率が低い可能性がありそうです。

実質的な廃業勧告

行政処分といっても登録取り消しですので、実質、廃業させられたことになります。

本日、当社に対し、下記(1)については、金商法第 52 条第1項第6号及び第7号の規定に基づき、下記(2)については、金商法第 51 条の規定に基づき、以下の行政処分を行った。
(1) 登録取消し
関東財務局長(金商)第144号の登録を取り消す。

イニシア・スター証券株式会社に対する行政処分について

上記の通り、イニシア・スター証券に対して金融商品取引業者の登録取り消しというかなり厳しい処分が下されました。

イニシア・スター証券の「法令違反行為」とは?

金融商品取引業者の登録取り消し処分を下されるのは、かなり異例です。イニシア・スター証券は、どんな行為(法令違反)をしてしまったのでしょうか?対象となった法令違反行為は4つです。

  1. 純財産額及び自己資本規制比率が法定の基準を下回っている状況
  2. 当局に対する虚偽報告
  3. 顧客区分管理必要額を運転資金等に流用している状況
  4. 支払い不能に陥るおそれのある状況

う~ん、どれもアウトですね。

2億円が存在しなかった!?

まず、1と2の法令違反ですが、預金(純財産)が2億1400万円あると虚偽の報告をしていたことが、バレたということです。本当は、2億円は存在せず1400万円しか預金がなかったそうです。結果的に、自己資本規制比率が法定の基準に満たないということになりました。

顧客のお金を不正に流用して支払い不能に・・・

次に3と4の法令違反ですが、これはひどいです。顧客のお金1億1600万円を不正に流用した結果、支払い不能に陥っているということです。

不正流用の先は、自社の運転資金であったり第三者への貸し付けだったりします。

イニシア・スター証券が”破産”

結局、イニシア・スター証券は、2013年2月1日に破産開始手続き決定を受けました。


出典:イニシア・スター証券は破産開始手続決定を受けました

登録取り消しという厳しい処分を受けて、再建を目指すのはほぼ不可能だと思います。こうなることは、既定路線だったのかもしれません。

顧客のお金は戻ってこない・・・

投資家がイニシア・スター証券に預けていた資金の大半は、戻ってこないのではないでしょうか。そもそも、イニシア・スター証券にお金がほとんど残ってません。税金の未払いも存在します。

破産申立ての際に提出された一件記録によれば、破産者には多額の財団債権(税金の未払い等)が存在する一方で、資産は乏しく、現状では債権者の皆様に破産債権の届出を頂いても配当することが困難な状況となっております。

破産管財人からのお知らせ

顧客にとっては、最悪の状態ですね。負債総額は、約2億9000万円です。一方、債権者の数は、約460名だそうです。この460名の大半は、口座開設した投資家だと思われます。

ゲムトレードの説明責任は?

イニシア・スター証券を国内初の取り扱いブローカーとして謳っていた、ゲムトレードの対応はどうだったのでしょうか?ゲムトレードのポータルサイトを見ても、なにもアナウンスがありません。

イニシア・スター証券が、ゲムトレードに対応したのは、2012年3月だったと思います。今まで、海外のブローカーしか対応できていなかったゲムトレードでしたが、初の国内ブローカーとして強力にプッシュしていましたね。ゲムトレードを経由して、イニシア・スター証券に口座を開設したユーザーも多かったのではないでしょうか?

昨年(2012年)の11月には、ゲムトレードにおいて、イニシア・スター証券対応のEAが、堂々の成績ランキング1位に輝いています。その1ヶ月後に登録抹消になるわけですが・・・

ゲムトレード側から、何らかの告知があっても良いと思うのですが、現時点では(WEB上で)なにもアナウンスがありません(もしかしたら、ゲムトレードユーザーには報告があったのかもしれません)。ゲムトレードの対応証券会社一覧から、イニシア・スター証券の名前が消されています。

ゲムトレードには期待しているので、できればユーザーに対してしっかりと説明責任を果たして欲しいところです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

勝率80%について考察してみる【アルケミーシステム】

二択ゲームにおいて勝率80%は可能なのか? ハイローバイナリーのシステムを提供するアルケミーシステムですが、その勝率は平均80%であるそうです。 宣伝サイトでは80%勝率というフレーズが何度も横田裕行氏の口頭から発せられ…

【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

イタリアでバイナリーオプション禁止! なかなか衝撃的なニュースです。EU加盟国のイタリアがバイナリーオプションの禁止に踏み切ったようです。具体的には、イタリア国内で営業するバイナリーオプション業者のサイトをブロックすると…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実際のチャート画面はこんな感じです。 ご覧…

GMOクリック証券と自動売買ツールの今後

GMOクリック証券に最適化された自動売買ツールが増えている 今日も、ちょっと気になる情報を聞いたので、みなさんとシェアしたいと思います。 最近GMOクリック証券での(バイナリーオプション)自動売買ツールが増えていますね。…

ドルエリオンFX 【検証とレビュー】

ドルエリオンFXはUSDJPY専用のEA ドルエリオンFXは、USDJPY(ドル円)専用の、EA(自動売買システム)です。一般的なナンピン・マーチンゲールタイプのEAです。 販売ページは派手なアニメチックなデザインです。…

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えています。その大半が、NYダウ平均とUSD…

バイナリーオプション「二択型消滅」は規定路線なのか?それとも・・・

二択型禁止について情報が錯綜している? こんな記事を見つけました。 バイナリーオプションの[二択型]消滅のその後は? 日刊SPA!というネット雑誌系の記事(2013年1月23日)です。この記事を読むと、私はちょっとした違…

金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁によるBO規制が正式発表された! 衝撃的な記事です。2013年4月21日付けのウォールストリートジャーナル(WEB版)の記事です。 金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一で予想するデリバティブ(金融派生商品)…

Super ADX 【検証とレビュー】

クセはあるが非常に面白いツール Super ADXという、珍しいシステムをご紹介します。おそらく多くの方が初めて聞く名前だと思います。それもそのはずです。インフォトップやインフォカートでは販売していないツールです。 海外…

Flash Zone FXのツバメ返しエントリー法とはどんな手法か?

Flash Zone FXの「ツバメ返しエントリー法」 Flash Zone FXの再販(最終販売)が決まったことで、またFlash Zone FX記事へのアクセスが集まっています。 Flash Zone FX【検証とレ…

FX指南書 【検証とレビュー】

FX攻略.comに連載を持つトレーダーが商材販売 FX指南書という裁量系マニュアルのご紹介です。 著者は wildcherryさんという女性のようです。この方はFX攻略ドットコムというFX専門誌に連載を持っています。また…

FXコア 【検証とレビュー】

FXコアの成績について 問い合わせの多い商材です。FXコアは口座縛りのあるEA(自動売買システム)ですね。多くのユーザーの方から「FXコアを使って、今のところ勝っていますがどうでしょうか? 」という問い合わせを頂いていま…