ヒロセ通商がバイナリーオプションへの対応を発表

業界「第9位」のヒロセ通商の開示データ

預かり残高業界第9位(2012年8月データ)のヒロセ通商が、バイナリーオプションへの対応をWEB上で発表しました。

バイナリーオプションをトレードされている方は、是非ご一読下さい。なかなか興味深い内容です。

ヒロセ通商といえば、2011年9月19日にLION BOというバイナリーオプション商品をスタートさせましたね。LION BOは、いわゆるハイロー(High&Low)です。基本的には、GMOクリック証券などが提供しているBOと内容は同じです。

損失発生口座の割合は69.5%

ヒロセ通商も今回の発表で顧客全体のマクロ的な損益実績データを開示しています。

平成24年12月のバイナリーオプション『LION BO』に関する取引実績

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合 94.5%
  • 取引口座数に対する損失発生口座の割合 69.5%

引用:バイナリーオプション取引『LION BO』に関する取引実績

GMOクリック証券やFXトレード・ファイナンシャルも、同様の損益実績を発表していますね。

ヒロセ通商の損益実績は、残念ながら2012年12月のみです。2011年9月からのデータを持っているはずなのに、なぜか直近1ヶ月のデータしか発表しません。

お客様への「①正しい知識の提供」を目的としまして、(中略)顧客全体のマクロ的な損益実績を開示いたします。

バイナリーオプション取引『LION BO』に関する取引実績より引用

言ってることとやってることが違いすぎます。ちょっと残念ですね。今後の自主規制を受けて毎月のデータが公表されることを期待しましょう。

3社のデータを比較してみよう

ヒロセ通商の公表データ(損益実績)を他の2社と比較してみましょう。

損失が発生した口座数の割合比較(2012年12月)

  • FXトレード・ファイナンシャル・・・78.4%
  • GMOクリック証券      ・・・67.46%
  • ヒロセ通商         ・・・69.5%

ご覧の通り、ヒロセ通商とGMOクリック証券はそれほど大差がないですね。ただ、口座の数でいえば圧倒的にGMOクリック証券が多いはずです。口座の総数を考えれば、GMOクリック証券の67.46%という数字は評価できるのではないでしょうか?

こんな数字はほとんど意味がない

ここまで書いておいてどうかと思いますが、実際のところこれらの公表データはほとんど意味がありません。なぜなら、全て単月のデータだからです。以前の記事にも書きましたが、月単位の実績を見せられたところでバイナリーオプションの本当の実体は把握できません。データから判断できるのは、単月で約7割の人が損失を発生させている、という事実のみです。

ユーザーにとって、本当に必要なデータは、通年データ(もしくは半年データなどロングスパンデータ)です。通年(1年間もしくは6ヶ月など)での、損失発生口座数割合を公表するべきでしょう。

たとえば「1年(12ヶ月)を通して損失が発生した口座数の割合」であったり、「半年(6ヶ月)を通して損失が発生した口座数の割合」というデータが重要なのです。

1ヶ月では勝ち越せても3ヶ月勝ち越せるのか?

私が長期スパンでのデータ公表を求める理由は、以下の通りです。バイナリーオプションは、1ヶ月単位であれば勝ち越しすることは容易だからです。

バイナリーオプション(High&Lowの二択型)の特性として、トレード回数が増えれば増えるほど勝率が50%に近づきます。つまり、数十回程度のトレードでは本当の実体が見えないのです。取引数100回~辺りから徐々に本当の実績が見えてきます。

恐らく、3ヶ月スパンや6ヶ月スパンでみたとき、損失発生口座数の割合は7割弱どころではないと思います。損失発生口座数割合は90%以上に上昇するでしょう。当然、2ヶ月以上マイナス(損失)が続けば、バイナリーオプションから撤退するユーザーも増えてくるはずです。

つまり単月では勝ち越せても、数ヶ月では負け越してしまうユーザーが大半である可能性が高いのです。各業者が、通年・6ヶ月・3ヶ月のデータを公表しないため、私の憶測でしかありませんが。

通年データを開示して下さい

ヒロセ通商やGMOクリック証券は、1年以上BOサービスを提供しているので、通年データ(1年間の損失発生口座数割合データ)を持っているはずです。是非とも、それらのデータを開示していただきたいです。

<規制骨子の概要>
本骨子において、今回新たに課されることとなった主たる課題は、以下の4点です。

①正しい知識の提供
②過度な取引の抑制
③顧客保護・顧客利益に資する商品設計
④適切な取引条件による商品の提供

引用:バイナリーオプション取引『LION BO』に関する取引実績

「正しい知識の提供」を意識しているのであれば、少なくとも3ヶ月~6ヶ月といった長期スパンでの損失発生口座数割合を開示すべきでしょう。

そうしないと、バイナリーオプションの実体を把握することが困難です。

ブローカーと顧客は利益相反(敵対)している

それから、今回のヒロセ通商の公表データには大切なことが記載されていました。当たり前だけど、実は判っていない人も多いような気がするので、取り上げたいと思います。

<投資にあたっての留意事項>

お客様全体の支払金額と受取金額の差額が、バイナリーオプション取引取扱い業者の収益の源泉となっていること。

引用:バイナリーオプション取引『LION BO』に関する取引実績

バイナリーオプションは、FXと違ってカバー取引を一切していない金融商品である、という意味ですね。つまり、バイナリーオプションは、ユーザーが儲かれば業者が損をする相対取引であるということです。ユーザーと業者(ブローカー)は、利益相反(敵対)しているという意味です。

ご存じのように、FXはカバー率が100%である限り、ユーザーと業者が敵対することはありません。しかし、バイナリーオプションは、ユーザーの利益と業者の利益が相反する金融商品であるわけです。ユーザーが儲かれば業者が損をします。業者が利益を出すためには、ユーザーが損をすることが絶対的に必要です。

平成 24 年 12 月のバイナリーオプション『LION BO』に関する取引実績

■ 総取引金額に対する総支払金額の割合 94.5%

もう一度、上記データをご覧下さい。

  • 総取引金額に対する総支払金額の割合・・・94.5%

とありますね。

「100%-94.5%=5.5%」。つまり5.5%が業者側の利益です。どの業者も総支払金額割合を95%~98%前後に調整をしているのではないでしょうか。

95%~98%前後が落としどころとして最良なのでしょう。98%を超え100%に近づくと業者の利益が圧迫され、逆に95%未満の場合は業者が取りすぎて、勝てないユーザーの不満が増大し離れてしまう、という絶妙のバランスなのでしょう。

これらの数値を調整するために、レンジ外や完売率、そしてペイオフ率などを計算・修正しているわけです。

そのことをよく理解した上で、バイナリーオプションを楽しみましょう。

※もちろん絶対に思惑通り上手く調整できるとは限りません。実際にGMOクリック証券では100%を超えている月(2011年3月、2012年7月)も存在します。

 



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

井手式7daysFXに6月30日期限の特典が追加されました

井手式7daysFXの特典について(6月30日期限) 当サイトで高く評価している「井手式7daysFX」に、無料特典が追加されました。 井手式7daysFXに関しましては、過去にレビューしていますので、以下の記事をご覧下…

トリニティスキャルパーFXが鳴かず飛ばず

久々のナイアガラ(暴落)を見た 先日(2月26日)のドル円・ユーロ円のナイアガラ(暴落)は乗り切れましたか?暴落前に危険な臭いはしていましたね。最近発売されたEAは、今回のドル円・ユーロ円の暴落を乗り切れたのでしょうか?…

FX錬金術(HIDE渡秀明)【検証とレビュー】

”3万円を1年で1億円に増やしたHIDEが教えるFX錬金術”をレビュー 読者様からの検証依頼を頂きました。HIDEさん(渡秀明さん)のFX錬金術という商材です。 FX錬金術の販売ページはこちら 私は、この商材(FX錬金術…

秒速スキャルFX【検証とレビュー】

秒速スキャルFXを販売する「日本投資家育成機構」 今回は、秒速スキャルFXについて検証レビューしていきます。 秒速スキャルFXを販売しているのは「日本投資家育成機構」という一般社団法人です。代表はクロスリティリング社のF…

バババババイナリーの成績が残念な結果に・・・

バババババイナリー購入者による成績公開 バババババイナリーの実績について、トレードアイランド(トレアイ)で成績を公開してはどうか?と何度か提案をしてきました。 バババババイナリー 【検証とレビュー】その1 バババババイナ…

スパッとスナイパーFX 【検証とレビュー】

FX孔明氏の為替塾の塾生が開発したインディケータ…スパッとスナイパーFX スパッとスナイパーFXというシグナルツールが販売されています。MT4専用のシグナル点灯インディケータです。どうやら開発者のFXりう氏(奥谷隆一さん…

全スタFX 【検証とレビュー】

全スタFXは、カウンタートレード 全スタFXはのシグナル点灯ツールです。逆張りと紹介しているアフィリエイターが多いですが、逆張りではありません。カウンタートレードです。ロジックとしてはFXバックドラフトPROに似ています…

バババババイナリー 【検証とレビュー】その3

バババババイナリーの購入者からの声  前回、バババババイナリー購入者の声を掲載させていただきましたところ、大きな反響がありました。 バババババイナリーは、将来的にASPで販売開始される可能性が高いようですので、今後も頂き…

欲にまみれたオプザイル残党がついにメルカリ進出

オプザイルの残党がメルカリに進出?! 華々しく登場しTwitterで猛威を奮ったオプザイル集団も、最近は鳴りを潜めています。 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる オプザイルを世に…

ステイブルバイナリー 山本有花 【検証とレビュー】

倍掛けマーチンのBOシグナル配信 ステイブルバイナリーは、バイナリーオプションの商材です。基本的には、以前レビューした「一撃バイナリー」という商材とほとんど同じです。 一撃バイナリー 【検証と評価】 どちらの商材もGMO…

マーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー、FXTFへの導入が決定(プレスリリース)

FXTFが導入を決定したマーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー 当サイトでもAA評価のマーフィーのスパンモデル(スーパーボリンジャー)が、今回新たな証券会社に導入されることが決定しました。財経新聞のプレスリリース…

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7割がもうかるFX会社、その「意外な真実」…