池辺雪子の倍加テクを別の角度から解説

倍加テク=レンジブレイク

先日、カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テクをご紹介したところ、思わぬ反響を頂きました。その多くは、レンジブレイク手法が一般的ならばそれを教えて欲しい、というものでした。

海外フォーラムで紹介されているレンジブレイク手法も知りたい、という問い合わせもありました。

そこで、今回はカリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テクを、別の角度から解説してみたいと思います。

倍加テクは、ひと言で説明すればレンジブレイクです。レンジブレイクはメジャーな手法ですので、ご存じの方も多いと思います。

レンジを確認するためのツール

まずは、レンジ状態を確認するためのちょっと面白いインディケーターをご紹介します。Damiani_volatmeter.mq4です。海外では比較的有名なインディケーターですので、ご存じの方もいると思います。チャートに表示させてみましょう。

Damiani_volatmeter.mq4

上のチャートのサブウインドウ(チャートの下)に表示されている、緑線と灰色線そして茶色線がDamiani_volatmeter.mq4です。

緑色ラインが灰色ラインよりも上にあるときはトレンド状態、逆に、灰色ラインが緑色ラインよりも上にあるときはレンジ状態です。レンジ状態の時は、茶色いラインが自動的に表示されるので、分かりやすいですね。

チャート上でもう少し分かりやすいように、色分けしてみましょう。

Damiani_volatmeter.mq4色分け

ピンクの四角で囲った部分が、レンジ(茶色いラインが出現している箇所)です。なかなか面白いツールですね。単純にこのツールだけでレンジを判断するのは危険ですが、使い方によっては、レンジブレイクにも応用できそうです。

このツールは、検索すれば無料でネット上で拾えます。

Damiani_volatmeter.mq4を使った手法

ちなみに、このDamiani_volatmeter.mq4を使った手法が、海外フォーラム(FOREXFACTORY)で取り上げられていましたので紹介します。

System on gbpjpy

チャートの一番下(サブウィンドウ)に、Damiani_volatmeter.mq4が表示されていますね。この手法は、レンジブレイクというよりはトレンドフォローですので、Damiani_volatmeter.mq4でトレンド状態を確認してエントリーを行います。

ENTRYルール【売りの場合】

  • Damiani_volatmeter.mq4がトレンド状態(緑ラインが上)
  • Slope Direction Lineが赤色(チャート内の移動平均線のようなもの)
  • ローソク足がParabolic SAR(ピンクのドット)よりも下にある
  • QQEシグナルが赤(チャート内の赤丸)
  • newMACDが交差(2番目のサブウィンドウ)

文章にしてみると複雑なようですが、チャートを見れば一目瞭然です。この手法も、海外フォーラムで無料で手に入ります。

レンジブレイクの手法を解説

レンジを確認するインディケーターから、ちょっと話がそれてしまいましたが、話を元に戻してレンジブレイクを解説してみたいと思います。

ここで池辺雪子さんの倍加テクのルールをおさらいしてみましょう。

① まず、相場が行ったり来たりともみあいになっているレンジを探して、上下に横線を引きます。

② 次に、レンジの幅の分動くと考えて、目標の値段を計算します。

③ レンジ(①で引いた横線)を上か下に抜けたらエントリー!

④ 目標の値段で利益を確定します。

まずはレンジになっている箇所を探し、レンジを抜けたらエントリー、そしてレンジ幅の倍でエグジットです。

レンジを探す方法は、先ほどのインディケーター(Damiani_volatmeter.mq4)でも探せますし、直近の最高値・最安値の推移を見て判断しても良いと思います。

また、時間を区切ってその間の最高値・最安値で囲まれたボックスを、レンジ(ボックスレンジ)と見なす方法もあります。たとえばアジア時間で左右を区切り、高値安値で上下を区切ったボックスなどです。

このレンジ(ボックス)をブレイク(レート抜け)でエントリーとなります。

リミット(利食い)ポイントをどこに置くか?

ブレイク後は、リミットとストップをどこに設定するかが重要になります。

まずリミットですが、比較的メジャーな方法は、フィボナッチを使って設定する方法です。意識されるポイントは、123.6%、138.2%、150%あたりです。

実際にチャート上にフィボナッチを引いてみます。

レンジブレイク

レンジ幅を100%としてフィボナッチを引き、レンジブレイク後、123.6%のポイント、138.2%のポイント、150%のポイントで利益確定の判断をするわけです。

ちなみに池辺さんの倍加テクでは、レンジ幅と同等のポイントに目標を定めますので、上のチャート図では200%のラインですね。200%(レンジ幅の倍)でも、リミットに達していますね。

もう一つチャートを見てみましょう。

レンジブレイクその2

こちらは戻しが入らず、比較的キレイにブレイクアウトしていますね。倍加テクの200%にも達しています。

フィボナッチは、ストップの目安(38.2%、50%、61.8%)にも使う場合が多いです。

課題はダマシ回避

ご覧の通り、レンジブレイクアウトは比較的シンプルな手法です。 しかし、前回の記事にも書きましたが、克服すべき大きな課題があります。それがブレイクのダマシです。

一旦レンジ(ボックス)をレートが抜けても、レンジ内に戻されてしまうケースが多いのです。その後、逆行したり、あるいは再度レンジを抜けるなど、なかなか思い通りに動いてくれません。このダマシやレンジ内への戻しに、多くのトレーダーは翻弄されてしまうのです。

池辺さんの倍加テクでも、ダマシ回避のノウハウがあるはずですが、ここが最大のポイントなのではないかと思います。

ブレイク後、すぐにエントリーするのではなく、その後の押しや戻しを待ってからエントリーするというのも選択の一つです。そして、その押しや戻しのポイント(目安)として、先ほどのフィボナッチを使用したりします。

つまり、レンジ(ボックス)を上に抜けたら、38.2%の押し目(レートがレンジ内に戻される)まで待ち、その後再び上値を目指したときにエントリーする、という方法です(一例です)。

また、エントリーの精度を高めるために、レンジだけでなく、サポート&レジスタンスや、トレンドライン、その他の意識されるポイント(ライン等)も同時に監視し、それら全てを抜けたところで、エントリーするというアイデアもあります。

池辺さんの倍加テクの優位性は?

ご覧の通り、レンジブレイク手法は比較的メジャーで、多くのトレーダーが活用しているロジックでもあります。(海外フォーラムでもスレッドの多い手法の一つです)

ただ、ダマシ回避という大きな課題があるのも事実で、単純に優位性があるとは思えません。

池辺雪子さんの倍加テクは、レンジブレイクにおけるダマシを克服できているのか?この辺りが気になりますね。このダマシ回避が高確率で可能になれば、リミットやストップは枝葉にすぎません。

Phil Newton’s Break out Strategy

最後に、レンジブレイクの手法を解説した動画をご紹介します。動画で解説されている手法は、アジア時間のボックスレンジをロンドン時間でブレイク後にエントリーとなります。

すぐにエントリーするのではなく、一旦の押しや戻しを待ちます。そしてリミット(目標)は、倍加テクと同様、レンジ幅の倍(フィボナッチ200%)です。ストップは、レンジの半分(フィボナッチ50%)です。

結構、参考になりますよ!



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

12月26日気になる記事が掲載された 12月26日の日経新聞(日本経済新聞)夕刊に、バイナリーオプション自主規制の記事が掲載されていましたね。ざっと読んだところ、前回の発表(12月…

ORION FX 【検証とレビュー】

ORION FX ひさびさのEAをご紹介します。ORION FXです。この販売業者さんですが、過去にも、オリオン座を構成する星の名にちなんだEAを販売されているようですね。 今回の…

経済的成功は一つじゃない

興味深いグラフをご紹介します。 ※画像クリックで拡大します。 昨日、ネットで拾った画像です。日本と海外の主要5資産の推移グラフですね。1969年から2011年までの43年間の推移グ…

サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴

190万円の支払いをサイバーエージェントFXに求める裁判の判決が出た 非常に興味深い事件(裁判)の判決が出ました。裁判の名前は、「キャッシュバック金請求事件」(平成25年(ワ)第2…

落ちるナイフをつかむな!ドル円が歴史的な下落(ナイアガラ)を記録

ドル円が歴史的な下落を記録 為替も株も、大変なことになっています。今でこそ119円まで盛り返したドル円(USDJPY)は、一時的に116円台に突入しました。その様は、まさにナイアガ…

バイナリーオプション革命 【検証とレビュー】

ロジックを募集という試みがうまくいくか? バイナリーオプション革命 バイナリーオプション革命は、一般からトレードアイデアを募集し、その中から稼げそうなアイデアを選別して商材化して販…

ロケットブレイクFX 第2期【検証とレビュー】

ロケットブレイクFX第2期の募集がスタート ロケットブレイクFXと呼ばれる投資塾が第2期のメンバーを募集しています。 第1期の募集がおこなわれたのはちょうど1年前(2015年12月…

くまひげ流◆SUPER平均足【検証とレビュー】

くまひげ流SUPER平均足の「平均足」は海外フォーラムでどう評価されているか? あの”くまひげ先生”の最新作「くまひげ流SUPER平均足」満を持して登場 相場歴30年の「くまひげ先…

FXバーザスM10 【検証とレビュー】

FXバーザスM10はインディケータの集合体 FXバーザスM10は、メタトレーダー(MT4)で使用するインディケーターです。販売ページは、非常に凝った作りになっていますね。 販売ペー…

海外FXフォーラムのススメ

海外フォーラムのご紹介 みなさんも薄々気付いていると思いますが、残念ながら日本の個人投資家のレベルは非常に低いです。これは日本の教育や国民性の違いなど、様々な要因があると思います。…

ビットコイン暴落間近
「靴磨きの少年の逸話」で間近に迫ったビットコイン大暴落を”予見”しろ!

WBS(ワールドビジネスサテライト)でビットコイン特集 ビットコインがかつてないほどの高値をつけています。 なかなかの吹き上がりぶりです。 昨日(6月7日)には、テレビ東京のWBS…

欲にまみれたオプザイル残党がついにメルカリ進出

オプザイルの残党がメルカリに進出?! 華々しく登場しTwitterで猛威を奮ったオプザイル集団も、最近は鳴りを潜めています。 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー”するも、絶滅へ…