バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

 

【最新情報】

2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。

バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

バイナリーオプションが規制される方向で業界が動いていることは以前の記事でもお伝えしました。

年内の規制が囁かれる中、2012年も残り1ヶ月です。いったいどうなっているのでしょうか?12月16日に衆院議員選挙の投開票が急遽行われることになって、政治がバタバタしてしまっていますね。東京では都知事選挙も行われます。

どうやら、これらの選挙の影響を受けて自主規制の発表が後ろにずれ込む可能性が出てきているようです。

そんな中、気になる記事を見つけました。フォレックス・マグネイト日本版の11月27日の記事です。

2週間前にゲスト投稿として金融先物取引業協会(FFAJ)が具体的なバイナリーオプションの規制枠を検討していることを報告した。

JFSAは、数年前にFX市場で起きたような、急速な成長を遂げて盛り上がるバイナリーオプション市場の見直しを決定した。

2012年に、バイナリーオプションは、苦闘するFX市場に対し成長ドライバーとなっていた。

2年前にレバレッジ規制が導入されてからFX市場はフリーフォール(自由落下)の状態にあった。

現在、JFSAは、規制が確定するまで新規プレーヤーとテクノロジーの参入を制限している。一方、既存のプレーヤーの継続業務を規制していない。

当局によって複数のワーキング・グループがスタートし、規制枠の草案を進めている。

例えば、問題の1つは、どのようなオプションの種類が認められ、認められないかだ。

ハイ・ロー及び60秒バイナリーオプションは、当局が特にモニタリングを強化している。

彼らは、主にマーケット・メイキング商品であるヘッジングを必須事項として導入すると思われる。

日本で営業している複数のテクノロジープロバイダーと話し、私たちが理解したのは、既存の業務を続けている業者が、現状の規制を受けていない暫定的な状況の中で利益を上げ、一方、新規参入業者が影響を受けているということだ。

私たちが、もう一つ掴んだことは、当局が検討している内容に以下が含まれているということだ。

  • ハイ・ロー・オプション:オプションと考えられるか?
  • オプションの満期:60秒?10分?どのくらい短いとギャンブルとなり又はオプションと呼べるのか?
  • ブローカーがどのようにリスクを管理するのか(ヘッジング、リスク管理機能等)
  • バイナリーオプションをヘッジング商品として投資家を教育する

規制の決定会合が、12月12日に予定されている。

一方、12月16日の衆議院選挙の影響で、今回の意思決定プロセスが影響を受け、予定日がずれる可能性もある。

引用:日本のFSA バイナリーオプション市場を見直し 新規導入を凍結

引用記事のタイトルにもあるFSAとは、Financial Services Authority(金融サービス機構)つまり金融庁のことです。

※JFSA=Japan Financial Services Authority日本の金融庁

記事の中では、12月12日にバイナリーオプション自主規制の決定会合が行われるとありますが、衆院選の影響を受けて後ろにずれる可能性も示唆されています。最終的な発表は、年をまたぐ可能性もありそうです。

自主規制を取りまとめているのは、金融先物取引業協会(FFAJ)です。FFAJが主導してワーキンググループを作成し、規制枠の原案(草案)を作成しているようですね。

BOお祭りは2013年内で終了?

現在のようなバイナリーオプション(BO)のお祭り騒ぎは、2013年内で終了する可能性もあります。

自主規制の内容次第ですが、特に懸念されている予想期間の延長に関する規制が実現すれば、バイナリーオプションの魅力の大半が失われることになるでしょう。

5分後のレートを予測するハイ&ローは、10分後、30分後、1時間後、場合によっては6時間後のレート予測に変わる可能性もありそうです。当然の結果として、1日の賭け回数が大幅に減少します。

合わせて、掛け金の上限も抑えられるようになればギャンブルとしての射幸性も減少するため、資金効率も悪くなるでしょう。

今までのようなお祭り騒ぎに、水をさされることになりそうです。

バイナリオプション最新情報

2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。

バイナリオプション参考記事



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FXスキャルマスターが期間限定で40%オフ

FXスキャルマスターに関するお得な情報 当サイトでも高評価のFXスキャルマスターが、期間限定で40%オフで提供されます。 期間:10月29日(月)~11月2日(金)の5日間 価格:49,800円→29,880円(40%O…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが自分で設定をアレンジできます。変更できる…

与沢翼さんの会社が税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ

与沢翼さんの会社”フリーエージェントスタイル”が資金ショートに陥る もうみなさんご存知だと思いますが、情報商材界の超大物与沢翼さんの会社フリーエージェントスタイルが資金ショートを起こし、その経緯をブログにて報告されていま…

カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク 【検証とレビュー】

FXで8億円以上の利益を上げている現役トレーダーの新商材 今回ご紹介するのは、池辺雪子さんの倍加テクという商材です。池辺雪子さんといえば、あの有名な巨額脱税容疑で起訴された主婦ですね。その後、執行猶予が確定しています。 …

損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた!

損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた… 損切りせずに資産7300万円超の資産を築いていたIcchan3氏ですが、正念場に立たされています。 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは?…

損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”

損切りしない戦略 ここ数日、損切りしない戦略について記事をアップしてきました。 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 4億7000万円稼いだカリスマ主婦…

3ヶ月前の「みんなのクレジット」社長インタビューと現実(行政処分勧告)が乖離しすぎてて笑えない

みんなのクレジット代表取締役白石伸生氏のインタビュー記事が興味深い 先月3月24日に行政処分(業務停止命令)勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、出資金の一部が社長である白石伸生氏の個人口座に振り込まれていた事実が判…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」【実践編】DVDのレビュー

秋田式2枚目DVD【実践編】収録時間25分 先日の【基礎編】DVDのレビューに続いて、今回は【実践編】のレビューです。  秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」販売ページ 【実践編】動画の収録時間は約1…

FXコピートレードの本質は「邪悪」&「搾取」

コピートレードの本質について考えてみる コピートレードの本質について、私の考え(持論)を述べたいと思います。 最近、FXのコピートレードサービスをよく見かけるようになりました。コピートレードですので、ユーザーは基本何もす…

キューティーバイナリー 【検証とレビュー】

キューティーバイナリーの「佐藤あき」さん… 証券会社出身の佐藤あきさんの写真が、でかでかと掲載されていますね。証券会社出身だそうですが、できればどこの証券会社名か記載して欲しいですね。 ところで、投資情報商材には様々な経…

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

12月26日気になる記事が掲載された 12月26日の日経新聞(日本経済新聞)夕刊に、バイナリーオプション自主規制の記事が掲載されていましたね。ざっと読んだところ、前回の発表(12月13日)と大して変わらないように見えます…

FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか?

あなたは真似できますか?損切りしない戦略 先日の記事でFX資産総額7300万円!のIcchan3氏をご紹介しました。彼の戦略で特徴的なのは以下の2点です。 損切りしない 低レバレッジ レバレッジを1〜2倍程度に押さえるこ…