バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

【最新情報】

2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。
以下の記事をご覧下さい。

>>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?
>>バイナリーオプション自主規制案で、GMOクリック証券が涙目
>>バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

バイナリーオプション自主規制が2013年にずれ込む?

バイナリーオプションが規制される方向で、業界が動いていることは以前の記事でもお伝えしました。
>>バイナリーオプション自主規制は、ほぼ決

年内の規制が囁かれる中、2012年も残り1ヶ月です。いったいどうなっているのでしょうか?

12月16日に衆院議員選挙の投開票が急遽行われることになって、政治がバタバタしてしまっていますね。

東京では都知事選挙も行われます。

どうやら、これらの選挙の影響を受けて自主規制の発表が後ろにずれ込む可能性が出てきているようです。

そんな中、気になる記事を見つけました。以下は、フォレックス・マグネイト日本版の11月27日の記事です。

2週間前にゲスト投稿として金融先物取引業協会(FFAJ)が具体的なバイナリーオプションの規制枠を検討していることを報告した。

JFSAは、数年前にFX市場で起きたような、急速な成長を遂げて盛り上がるバイナリーオプション市場の見直しを決定した。

2012年に、バイナリーオプションは、苦闘するFX市場に対し成長ドライバーとなっていた。

2年前にレバレッジ規制が導入されてからFX市場はフリーフォール(自由落下)の状態にあった。

現在、JFSAは、規制が確定するまで新規プレーヤーとテクノロジーの参入を制限している。一方、既存のプレーヤーの継続業務を規制していない。

当局によって複数のワーキング・グループがスタートし、規制枠の草案を進めている。

例えば、問題の1つは、どのようなオプションの種類が認められ、認められないかだ。

ハイ・ロー及び60秒バイナリーオプションは、当局が特にモニタリングを強化している。

彼らは、主にマーケット・メイキング商品であるヘッジングを必須事項として導入すると思われる。

日本で営業している複数のテクノロジープロバイダーと話し、私たちが理解したのは、既存の業務を続けている業者が、現状の規制を受けていない暫定的な状況の中で利益を上げ、一方、新規参入業者が影響を受けているということだ。

私たちが、もう一つ掴んだことは、当局が検討している内容に以下が含まれているということだ。

  • ハイ・ロー・オプション:オプションと考えられるか?
  • オプションの満期:60秒?10分?どのくらい短いとギャンブルとなり又はオプションと呼べるのか?
  • ブローカーがどのようにリスクを管理するのか(ヘッジング、リスク管理機能等)
  • バイナリーオプションをヘッジング商品として投資家を教育する

規制の決定会合が、12月12日に予定されている。

一方、12月16日の衆議院選挙の影響で、今回の意思決定プロセスが影響を受け、予定日がずれる可能性もある。

日本のFSA バイナリーオプション市場を見直し 新規導入を凍結

引用記事のタイトルにもあるFSAとは、Financial Services Authority(金融サービス機構)、つまり金融庁のことです。

※JFSA=Japan Financial Services Authority=日本の金融庁

記事の中では、12月12日にバイナリーオプション自主規制の決定会合が行われるとありますが、衆院選の影響を受けて後ろにずれる可能性も示唆されています。最終的な発表は、年をまたぐ可能性もありそうです。

自主規制を取りまとめているのは、金融先物取引業協会(FFAJ)です。FFAJが主導してワーキンググループを作成し、規制枠の原案(草案)を作成しているようですね。

>>最新情報:バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

BOお祭りは2013年内で終了?

現在のようなバイナリーオプション(BO)のお祭り騒ぎは、2013年内で終了する可能性もあります。

自主規制の内容次第ですが、特に懸念されている予想期間の延長に関する規制が実現すれば、バイナリーオプションの魅力の大半が失われることになるでしょう。

5分後のレートを予測するハイ&ローは、10分後、30分後、1時間後、場合によっては6時間後のレート予測に変わる可能性もありそうです。

当然の結果として、1日の賭け回数が大幅に減少します。

合わせて、掛け金の上限も抑えられるようになればギャンブルとしての射幸性も減少するため、資金効率も悪くなるでしょう。

今までのようなお祭り騒ぎに、水をさされることになりそうです。

バイナリオプション最新情報

2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。

以下の記事をご覧下さい。
>>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?
>>バイナリーオプション自主規制案で、GMOクリック証券が涙目
>>バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

バイナリオプション参考記事

>>バイナリーオプションは本当にフェアか?
>>バイナリーオプション自主規制は、ほぼ決定
>>バイナリーオプションの危険性
>>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

ライントレード商材を比較
投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 >>国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センター関連の記事をアップして […]

40代女性トレーダーが月300万円を稼ぐ方法
40代女性トレーダーが月300万円を稼ぐ方法は「損切りしない」ことだった!

過去に計3000万円もの損切りを経験 All Aboutで月300万円を稼ぐ40代の凄腕FXトレーダーが取り上げられていた。しかも女性だ。 彼女がFXを開始したのは2000年。しかし初期の頃に大きな失敗を二度も犯している […]

006
FX商材 ジャンル別おすすめランキング

最新のFX商材ランキングはコチラ(2012年11月現在) >>ジャンル別オススメFX商材のご案内 2011年4月ジャンル別FX商材ランキング ※以下のランキングは2011年4月のものですので、情報が古いです。 […]

日本人のFXトレーダーについて1
平均投資額は116万円※日本人のFX事情が興味深い

40代会社員が最多…日本人のFX事情とは? ダイナミックトレードという海外FXブローカーをご存知でしょうか? その業者が、非常に興味深いインフォグラフィックを発表しています。 画像出典:http://jp.dynamic […]

gold
GOLD KOUSUI 【検証とレビュー】

※GOLD KOUSUIの公式成績が破綻しています(2013年3月12日) >>GOLD KOUSUI(幸水)の公式成績が破綻した! 金(ゴールド)専用のEA(自動売買ツール) 金(ゴールド)専用の自動売買ツ […]

016
ウッディズCCI (woodies cci) のご紹介

ウッディズCCI (woodies cci) のご紹介 今日は、ちょっと趣向を変えておもしろいFX手法をご紹介します。 海外トレーダーの間では、比較的有名な手法です。ウッディズCCIと呼ばれる手法です。 有料ではありませ […]

FXスキャル・パーフェクトシグナル
FXスキャル・パーフェクトシグナルが、世界的なドル売り市場でトレンドを捉え”圧勝”

世界的なドル売りでUSDJPYが続落中 先先週後半(8月21日)からドルが続落しています。世界的なドル売り優勢は今週に入っても終わりそうにありません。 主な原因は世界同時株安ですね。ニューヨークダウも続落中です。 週より […]

スイスフランショック
【速報】アルパリが破綻

スイスフラン(CHF)ご乱心でアルパリが破綻した スイスの中央銀行である国立銀行が相場介入を廃止(対ユーロの上限を撤廃)する発表を受けて、為替相場が大荒れしました。 スイスフラン日本円(CHFJPY)は、ご覧のとおりです […]

GMOauto
GMOauto 【検証とレビュー】

GMOautoを使っても大丈夫か? GMOautoは、GMOクリック証券のバイナリーオプションに対応した自動売買ソフトです。MT4(Metatrader4)と連動して稼働するように作られています。 このサイトでも何度も述 […]

エッセンシャルFX検証レビュー
エッセンシャルFX【検証とレビュー】

エッセンシャルFXは、チャートマスターが販売元だ 株式会社チャートマスターは、金融商品取引業者(投資助言・代理業者)である。 登録番号:関東財務局長(金商)第2086号 このブログでもチャートマスターが販売してきたFX情 […]

tousijyogen
EA販売に投資助言代理の届け出が必要となる

EA販売にも規制の手が・・・ ご存じのように、EAを含む自動売買システムの販売やレンタルは制限付きで禁止されています。 「制限付き」とは、会員制での販売またはレンタルを行う場合は投資助言代理業の登録が必要であるという意味 […]

プロギャンブラーのぶき
勝ちにこだわるな、勝つ準備にこだわれ

”勝ちにこだわるな、勝つ準備にこだわれ” いい言葉ですね。”勝ちにこだわるな、勝つ準備にこだわれ” この言葉は、日本人プロギャンブラーNOBUKI氏によるものです。 >>プロギャンブラー NOBUKI【Off […]