バイナリーオプションは本当にフェアか?

バイナリーオプションは本当にフェアか?

バイナリーオプションは本当にフェアか?

バイナリーオプションの透明性と公平性

このサイトは、一貫してバイナリーオプションのリスクについて訴えてきました。しかしながら、なかなかその思いが伝わらないようでじれったさを感じることがあります。

そこで、今回はバイナリーオプションの公平性や透明性に焦点を当てて、私なりの考えを述べてみたいと思います。

そもそも、バイナリーオプションは、ブローカーにとっては最高に美味しい金儲けネタであることを認識しておいた方が良いと思います。

ブローカーは、ボランティアで賭博場を提供しているわけではありません。胴元側が恐ろしく儲かるからこそ、賭博場を開くわけですね。

ブローカー側の収益の仕組みは?

では、ブローカー側は、バイナリーオプションでどうやって収益を上げているのでしょうか?比較するために、FX取引での収益構造について簡単に復習してみましょう。

FX取引の場合はシンプルです。スプレッドや手数料ですね。スプレッドや手数料は非常に透明性がありフェアです。相対取引ですので100%フェアとは言えませんが、少なくとも投資家側にわかりやすく開示されています。※レート操作による投資家側の損失は限定されていると言えます。

ではバイナリーオプションの収益構造はどうでしょうか?すらすらと説明できる方はいますか?

バイナリーオプションの収益構造について

話を単純にするために最も一般的なハイ&ローモデルについて考えてみます。

一般的にバイナリーオプションにおいては、ブローカー側はテラ銭を徴収するためにペイアウト率を設定しています。

ペイアウト率が1.8倍であれば、1万円の掛け金に対して勝てば1.8倍で還元(18,000円)負ければ全額没収(▲10,000円)となるため、差額の2,000円がブローカー側の利益になりますね。

ただし、このテラ銭は、ハイとローに賭ける人数(掛け金)が50%で均衡している場合において、計算通り(ペイアウト率通り)に利益として発生します。

掛け率(掛け金)がどちらか(ハイorロー)に偏ってしまうと、ブローカー側のリスクは高まります。

ハイとロー(半と丁)に賭ける人数(掛け金)がぴったり50%で均衡することは稀ですが、賭け方向が2つしかないため勝負数(ゲーム数)が多くなればなるほど50%に近づいてくると思います。

さらに50%に近づけるべく、ブローカー側は「完売」という手段を取ります。どちらか一方に賭けが偏りそうになった場合、早い段階で一方を「完売」にして、掛け率(掛け金)を50%に近づけようとするわけですね。

均衡している場合

ハイ・・・100万円(掛け金総額)
ロー・・・100万円(掛け金総額)
____________
合計  200万円

結果がハイの場合・・・払戻額180万円(損益+20万円)
結果がローの場合・・・払戻額180万円(損益+20万円)

均衡が崩れている場合

ハイ・・・150万円(掛け金総額)
ロー・・・ 50万円(掛け金総額)
____________
合計  200万円

結果がハイの場合・・・払戻額270万円(損益▲70万円)
結果がローの場合・・・払戻額90万円(損益+110万円)

ご覧の通り、ハイとローの掛け金が50%均衡に近ければ近いほどブローカー側のリスクが少なく、どちらかに偏るとリスクが大きくなります。リスクが大きい分、ブローカーの利益も大きくなります。

意図的にレートを操作?

上記の通りハイとローの均衡が崩れると、ブローカー側のリスクが高まる一方で大きな利益を取れる可能性も出てくるわけですね。つまり掛け金が少ない方にペイアウト(レートが収まる)すれば、当然大きな利益がブローカー側に転がり込んできます。

モラルの低いブローカーであれば、最後の最後に掛け金総額の少ない側にレートを少しだけ操作することも、不可能ではありません。相対取引なので、ブローカー側が独自レートを提示してもルール違反(法律違反)ではありません。

これってフェアと言えるでしょうか?

レンジ外という総取りルール

さらに、ブローカー側には特別ボーナスがあります。レンジ外という総取りルールです。

※GMOクリック証券のBO商品は、レンジ外ルールを設ける代わりにペイアウト率を2倍(通常は1.7~1.8倍)にしています。

レンジ外に入れば、ブローカーが総取りします。なんとブローカー側に都合が良いルールなのでしょうか!!

レンジ外に入る確率は7~9%と言われていますので、決して低い数字ではありません。10回に1回弱の割合で、ブローカー総取りが発生するということです。

レンジ外になった場合

ハイ・・・100万円(掛け金総額)
ロー・・・100万円(掛け金総額)
____________
合計  200万円

結果がレンジ外の場合・・・払戻額0万円(損益200万円)

レンジ外になるかならないかという微妙なタイミングの場合、レンジ外への意図的なレート操作もありそうだと思いませんか?相対取引なので、独自レートを提示できるという裏技があるからです。個人的にはバイナリーオプションにおいては意図的なレート操作は存在していると思っています。

これってフェアですか?どう見てもフェアではありません。

公平性・透明性が保たれていないから規制が入る

国内のバイナリーオプションの公平性や透明性には、以前から疑問の声が上がっています。

国際的なバイナリーオプションのルールとは、ほど遠いのが現状です。だからこそ、金融庁から厳しい規制が入る前に、業界が自主規制の方向へ動いているのです。

予定されている自主規制で公平性や透明性が確保できなければ、当局(金融庁)からのさらなる規制も入る可能性がありそうです。

自覚していない人は単なる”カモ”

ご覧の通り、バイナリーオプションは、胴元(ブローカー側)に極めて有利なルールのギャンブル(ゲーム)です。このことを自覚していない(理解できていない)ユーザーが、多いように感じます。

わかっていてゲームに参加するのと、まったく知らずに参加するのとでは、天地ほどの差があります。わかっていなければ、単なる”カモ”です。ブローカーにとっての格好の金づるですね。

すでにゲームに参加している人も、これから参加しようとしている人も、もう一度このゲーム(ギャンブル)の本質について考えた方が良さそうです。

そして、ブローカー側に極めて有利なゲームであっても、参加してギャンブルを楽しみたいという方のみが、自己責任で楽しめば良いのではないでしょうか。

・・・私は遠慮しておきます。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

ボリ平式バイナリーオプション講座 【検証とレビュー】

ボリ平さんが商材販売 ボリ平さんの商材が、業界を賑わせていますね。ボリ平式バイナリーオプション講座(248,000円)です。ボリ平さんについては、古くからブログをチェックしていまし…

ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプション 【検証とレビュー】

ゴルスパ1分バイナリーは24optionに最適化 ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプションは、大ヒットしたゴールデンスパイダーFXのバイナリーオプション版ですね。 ゴールデンス…

バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件
バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件

クリック証券の”賭博場(カジノ)”が閉鎖 昨日の衝撃的なニュースから一夜明けました。 バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! 今朝の日本経済新聞(朝刊)にもバイナリーオプシ…

グレートジャイアンバイナリーと牧田健三氏について

牧田健三氏とグレートジャイアンバイナリー 読者様から情報を頂きました。株式会社バベル(牧田健三氏)が販売したグレートジャイアンバイナリーです。 株式会社バベルにつきましては、このブ…

岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【検証とレビュー】評価…AA
バイナリーオプション規制まで、あと10日!

日本証券業協会の公式発表です 2013年11月19日に、日本証券業協会が公式発表を行いました。バイナリーオプション規制(改定)の正式発表です。施行は2013年12月1日です。 施行…

バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)
バイナリーオプションの本質はたんなる博打(バクチ)

バイナリオプションは博打(バクチ)と同じ 最近、バイナリオプションの情報商材が増えてきてます。バイナリオプションは、証券会社が個人投資家からお金を合法的に巻き上げるために作った金融…

GMOauto 【検証とレビュー】

GMOautoを使うとアカウント凍結のリスク GMOautoは、GMOクリック証券のバイナリーオプションに対応した自動売買ソフトです。MT4(Metatrader4)と連動して稼働…

ネクストバイナリーアカデミー【検証とレビュー】

ネクストバイナリーアカデミーは、ゲーム攻略本だ 絶対空間零(村上公一)氏によるネクストバイナリーアカデミーに関する問い合わせをいただきました。私はこのブログで一貫してバイナリーオプ…

バイナリーオプションの新ルールが面白い!
バイナリーオプションの新ルールが面白い!

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画 今さらですが、4月以降に発表された、バイナリーオプション自主規制に関する解説動画をご紹介します。【第4回】(2013年4月26日)と、…

バイナリーオプションの危険性
【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

イタリアでバイナリーオプション禁止! なかなか衝撃的なニュースです。EU加盟国のイタリアがバイナリーオプションの禁止に踏み切ったようです。具体的には、イタリア国内で営業するバイナリ…

バイナリードミネーション 【検証とレビュー】

バイナリードミネーションは、クリック証券専用の自動売買ツール バイナリードミネーションは、GMOクリック証券に対応した自動売買システムです。 販売会社は、株式会社クラウンホールディ…

BO Daily Kingdom 【検証とレビュー】

BO Daily Kingdomの実績 BO Daily Kingdomは、その名の通りバイナリーオプションの商材です。2011年11月に販売スタートしてますので、まだ2ヶ月くらい…