エスカレーターFX 【検証とレビュー】

エスカレーターFXはSQ-BOXと酷似?

読者様より検証依頼のあった商材です。エスカレーターFXというMT4専用のインディケーターです。

読エスカレーターFXは、(当サイト特典の)SQ-BOXと酷似しているのでは?とのご指摘がありました。

その辺りを検証してみたいと思います。ちなみに、SQBOXとは、当サイトのオリジナル特典です。

 

SQBOXその1 SQBOXその2

エスカレーターFXとは?

エスカレーターFXは、トレンドの状態をインディケーターでビジュアル表示するツールです。

チャート上にエスカレーター状の雲(クラウド)を複数(マルチタイムフレーム)表示させ、その形状などでトレンドの有無・強弱を確認することができます。

大きな時間足の陽転を確認したうえで、小さな時間足の陽転(同調)で買いエントリーを行います。

ローソク足と合わせて、平均足を表示させていますね。

エスカレーターFXチャート

エスカレーターFXのチャート図をご覧頂くとおわかりの通り、チャート上に3色の階段状の雲が表示されています。

販売者によるブログも公開されています。

エスカレーターFXのダマシ回避対策は?

エスカレーターFXはトレンドフォロー系のツールに分類されます。トレンドフォロー系のツールは、トレンドが発生すれば簡単に勝てます。しかもトレンドの大きさによっては、かなりの利幅を抜くことができます。

課題はダマシ回避です。トレンドフォローの最大の弱点であるダマシ連発を、いかに回避するか?この点が全てのトレンドフォロアーの悩みであり、課題でもあります。

エスカレーターFXでは、エスカレータークラウドと呼ばれる雲状の描写ツール以外に、エスカレータースカウターと呼ばれるオシレーター系や、ADXや平均足・スローストキャスティクス等を併用することで、サインをフィルタリングし、ダマシ回避を試みています。

SQBOXと比べてみましょう

それではSQ-BOXのチャートと比較してみましょう。以下がSQ-BOXのチャート図です。

SQBOXチャート図

そしてコチラ(↓)がエスカレーターFXチャート図です。

似ているようで違いますね。どちらも同じように階段状の雲が複数描写されていますが、よく見ると形状が異なります。

SQ-BOXは階段が崩れる部分が多数ありますが、エスカレーターFXは、上昇・下降共にキレイに階段が描写されています。

SQ-BOXは、ロジックにサポート&レジスタンスを使用していますので、階段が崩れるケースがあります。その崩れが早期のトレンド終了を予見し、エグジットを促すというロジックです。

しろふくろう氏のトレンドステップ

ご覧の通りエスカレーターFXは、SQ-BOXとは似ているようで全く異なるロジックを採用していると思われます。

実は、私はこのエスカレーターFXと似たような描写をするインディケーターを、もう一つ見たことがあります。それは、しろふくろう氏のトレンドステップです。ちょっと画像を拝借しましょう。

トレンドステップ画像

出典:しろふくろうFXテクニカル分析研究所

トレンドステップは、しろふくろう氏のオリジナルインディケーターです。PIVOTをベースに階段上のラインをマルチタイムフレーム表示したインディケーターですね。

トレンドステップは、しろふくろう氏により無料で提供されています。※しろふくろう氏のサイト内から無料でダウンロードできます。

エスカレーターFXと比べてみましょう。こちら(↓)がトレンドステップです。

トレンドステップ画像

そしてこちら(↓)がエスカレーターFXです。

やはり、また少し違いますね。

エスカレーターFXは移動平均線がベースか

エスカレーターFXの雲は移動平均線をベースにしたインディケーターではないかと思っています。エスカレータークラウド(雲)の描写は、短期移動平均線と長期移動平均線の動きに非常に似ていますね。

どちらにしても、エスカレーターFXもSQBOXもトレンドステップも、それほど大した違いはないと思います。

移動平均線も、サポレジも、PIVOTも、過去のレートから計算されたテクニカル指標に過ぎません。チャート上のビジュアル描写でトレンド状態を判断し仕掛けと手仕舞いのタイミングを計る、という意味ではどれも似たようなものです。

※ちなみに、トレンドステップはもう少し複雑なロジックでタイミングを導き出します。

これだけでは絶対的な優位性はなく、あくまでトレードのサポートツールとして補助的に使うことが、望ましいと思います。

移動平均線とADXストキャスで同じ事ができる

エスカレーターFXですが、ロジックは悪くないと思います。極めてオーソドックスなロジックです。しかしながら、移動平均線、ADX、ストキャスを使えば、ほぼ同じロジックでトレードすることができそうです。

エスカレーターFXは、恐らく移動平均線を雲(クラウド)的に描写していると思われますので、単純に移動平均線(長短)を使ったほうが判りやすいという方もいるのではないでしょうか。

気になる方は販売ページをご覧ください。エスカレーターFXの価格は39,900円です。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

バイネ申が口座凍結覚悟でバイナリーオプション商材を販売

4000円を86営業日で4000万円にしたバイネ申がバイナリーオプション商材を販売 バイネ申さんをご存知ですか?トレードアイランドでは、超のつく有名人ですね。 バイネ申のトレードアイランド実績はこちら 彼がバイナリーオプ…

バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

バイナリーオプションの本質は”コイントスゲーム” あいかわらずバイナリーオプションが人気です。 趣味の一環としてバイナリーオプションを楽しむのでしたら、私は良いと思います。バイナリーオプション商材も、ギャンブル(ゲーム)…

『FX最強チャートGMMAの真実』レビュー

FX最強チャート GMMAの真実 先日、buddhatrend A-Specという商材をレビューしましたが、その記事の中で陳満咲杜さんの書籍をご紹介しました。 buddhatrend A-Specレビュー記事 ご紹介した…

FX-navi 【検証とレビュー】

FX-naviはトレンドフォロー系裁量ロジック FX-naviの販売ページですが、一般的なことがさらっと書いてあるだけで、具体的な手法についての説明は全くありません。購入検討者はどうやって判断すれば良いんでしょうか?ちょ…

FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか?

あなたは真似できますか?損切りしない戦略 先日の記事でFX資産総額7300万円!のIcchan3氏をご紹介しました。彼の戦略で特徴的なのは以下の2点です。 損切りしない 低レバレッジ レバレッジを1〜2倍程度に押さえるこ…

ワンナイトキャッシュOneNightCashの販売者、株式会社バベルについて

ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-ってなんだ? なんだかよくわからない商材が、ランキング上位に入っています。ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材?がなんと1位です。しかもすごい売り文句…

【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか?

【速報】 巨額のFXファンド事件に発展か? 大きなニュースになりそうです。NHKニュースWEB版による速報です。 東京新宿区にある無登録の投資会社が、FX投資をうたって、全国から百数十億円もの資金を集めていたようです。F…

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプションのようですね。 ネクストバイナリーアカデ…

FX指南書 【検証とレビュー】

FX攻略.comに連載を持つトレーダーが商材販売 FX指南書という裁量系マニュアルのご紹介です。 著者は wildcherryさんという女性のようです。この方はFX攻略ドットコムというFX専門誌に連載を持っています。また…

上海ゴッド 【検証とレビュー】

大富豪ファンドチームがロジックを公開 上海ゴッドは、小笠原良行さんのFX商材です。 小笠原良行率いる6人の上海の大富豪ファンドチームがこれまで決して公開する事のなかったFXスーパーロジックを遂に公開!! 販売ページより引…

池辺雪子の1億円投資家倶楽部【検証とレビュー】

池辺雪子のFX塾の入会費は200万円!? あの池辺雪子さんが高額FXスクールを始めました。「池辺雪子の1億円投資家倶楽部」という名称です。コースは2つ。 通常コース(6ヶ月)288,000円 パートナーコース(12ヶ月)…

FXスキャル・パーフェクトシグナル第2回オンラインセミナーを視聴した

FXスキャル・パーフェクトシグナルの第2回オンラインセミナーが開催された 2017年4月6日(木)にFXスキャル・パーフェクトシグナル購入者限定のオンラインセミナー(第2回)が開催されました。 FXスキャル・パ…