エスカレーターFX 【検証とレビュー】

エスカレーターFXはSQ-BOXと酷似?

読者様より検証依頼のあった商材です。エスカレーターFXというMT4専用のインディケーターです。

読エスカレーターFXは、(当サイト特典の)SQ-BOXと酷似しているのでは?とのご指摘がありました。

その辺りを検証してみたいと思います。ちなみに、SQBOXとは、当サイトのオリジナル特典です。

 

SQBOXその1 SQBOXその2

エスカレーターFXとは?

エスカレーターFXは、トレンドの状態をインディケーターでビジュアル表示するツールです。

チャート上にエスカレーター状の雲(クラウド)を複数(マルチタイムフレーム)表示させ、その形状などでトレンドの有無・強弱を確認することができます。

大きな時間足の陽転を確認したうえで、小さな時間足の陽転(同調)で買いエントリーを行います。

ローソク足と合わせて、平均足を表示させていますね。

エスカレーターFXチャート

エスカレーターFXのチャート図をご覧頂くとおわかりの通り、チャート上に3色の階段状の雲が表示されています。

販売者によるブログも公開されています。

エスカレーターFXのダマシ回避対策は?

エスカレーターFXはトレンドフォロー系のツールに分類されます。トレンドフォロー系のツールは、トレンドが発生すれば簡単に勝てます。しかもトレンドの大きさによっては、かなりの利幅を抜くことができます。

課題はダマシ回避です。トレンドフォローの最大の弱点であるダマシ連発を、いかに回避するか?この点が全てのトレンドフォロアーの悩みであり、課題でもあります。

エスカレーターFXでは、エスカレータークラウドと呼ばれる雲状の描写ツール以外に、エスカレータースカウターと呼ばれるオシレーター系や、ADXや平均足・スローストキャスティクス等を併用することで、サインをフィルタリングし、ダマシ回避を試みています。

SQBOXと比べてみましょう

それではSQ-BOXのチャートと比較してみましょう。以下がSQ-BOXのチャート図です。

SQBOXチャート図

そしてコチラ(↓)がエスカレーターFXチャート図です。

似ているようで違いますね。どちらも同じように階段状の雲が複数描写されていますが、よく見ると形状が異なります。

SQ-BOXは階段が崩れる部分が多数ありますが、エスカレーターFXは、上昇・下降共にキレイに階段が描写されています。

SQ-BOXは、ロジックにサポート&レジスタンスを使用していますので、階段が崩れるケースがあります。その崩れが早期のトレンド終了を予見し、エグジットを促すというロジックです。

しろふくろう氏のトレンドステップ

ご覧の通りエスカレーターFXは、SQ-BOXとは似ているようで全く異なるロジックを採用していると思われます。

実は、私はこのエスカレーターFXと似たような描写をするインディケーターを、もう一つ見たことがあります。それは、しろふくろう氏のトレンドステップです。ちょっと画像を拝借しましょう。

トレンドステップ画像

出典:しろふくろうFXテクニカル分析研究所

トレンドステップは、しろふくろう氏のオリジナルインディケーターです。PIVOTをベースに階段上のラインをマルチタイムフレーム表示したインディケーターですね。

トレンドステップは、しろふくろう氏により無料で提供されています。※しろふくろう氏のサイト内から無料でダウンロードできます。

エスカレーターFXと比べてみましょう。こちら(↓)がトレンドステップです。

トレンドステップ画像

そしてこちら(↓)がエスカレーターFXです。

やはり、また少し違いますね。

エスカレーターFXは移動平均線がベースか

エスカレーターFXの雲は移動平均線をベースにしたインディケーターではないかと思っています。エスカレータークラウド(雲)の描写は、短期移動平均線と長期移動平均線の動きに非常に似ていますね。

どちらにしても、エスカレーターFXもSQBOXもトレンドステップも、それほど大した違いはないと思います。

移動平均線も、サポレジも、PIVOTも、過去のレートから計算されたテクニカル指標に過ぎません。チャート上のビジュアル描写でトレンド状態を判断し仕掛けと手仕舞いのタイミングを計る、という意味ではどれも似たようなものです。

※ちなみに、トレンドステップはもう少し複雑なロジックでタイミングを導き出します。

これだけでは絶対的な優位性はなく、あくまでトレードのサポートツールとして補助的に使うことが、望ましいと思います。

移動平均線とADXストキャスで同じ事ができる

エスカレーターFXですが、ロジックは悪くないと思います。極めてオーソドックスなロジックです。しかしながら、移動平均線、ADX、ストキャスを使えば、ほぼ同じロジックでトレードすることができそうです。

エスカレーターFXは、恐らく移動平均線を雲(クラウド)的に描写していると思われますので、単純に移動平均線(長短)を使ったほうが判りやすいという方もいるのではないでしょうか。

気になる方は販売ページをご覧ください。エスカレーターFXの価格は39,900円です。