投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社?

古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。

記事のタイトルは、顧客の7割がもうかるFX会社、その「意外な真実」です。

興味をそそられる記事ですね。

記事内では「M社」と表現されていますが、別のサイトの記事を確認すると、M社とはマネースクウェア・ジャパンのことのようです。

マネースクウェア・ジャパンといえば・・・

マネースクウェア・ジャパンといえば、トラリピ(トラップリーピートイフダン)が有名ですね。

日本国内では、預かり残高において第5位の中堅証券会社です(2012年8月のデータより)。

日経新聞の記事によれば、マネースクウェア・ジャパンにおいて、2012年前半(2012年1月1日~6月30日)での実損益の合計がプラスだった顧客の口座数が全体の67.5%だったそうです。期間内に一度でも取引を行った口座が対象とのことです。

この数字って凄いのか?

一般的なFX投資のイメージとして、プラス収支を得ている投資家は全体の1割程度で、残りの9割は負けている、と思っている方が多いと思います。

ところが日経新聞の記事では、マネースクウェア・ジャパンの顧客の7割がプラス収支だった、と記載されています。取引した顧客の70%がプラス収支だったということですが、これって凄いことなのでしょうか?

他の証券会社のデータがないので比較ができませんが、この数字は実情の一面しか捉えていないと思います。

数字のトリックに騙されるな!

日経新聞の記事を読むと、データの数字はポジションをクローズした取引(実損益)が対象です。記事内にも「実損益の合計」と記載されていますので、間違いないと思います。

つまり、ポジション保有中の取引はカウントされていません。含み損を抱えているポジションは、データに含まれていないということになります。

記事内では売買回転倍率についても触れられており、マネースクウェア・ジャパンの売買回転倍率は、FX業者の平均に対して、10分の1以下とのことです。中長期スパンで投資を行っているトレーダーが多いということですね。

中長期(スイングトレード)トレーダーが多いからこそ、含み損ポジションも非常に多いと想像できます。

含み損ポジションは、そのままプラスになるまで放置しておき(塩漬け)、プラスになったポジションは手仕舞いする、という投資家が多いのではないでしょうか。

もともとマネースクウェア・ジャパンは、スプレッドが非常に大きいことで有名です。いまどきUSDJPYで4pips(変動)ものスプレッドが設定されています。EURUSDは5pips(変動)です。しかも手数料もかかります。

上記でおわかりの通り、マネースクウェア・ジャパンは、スキャルピングには最も不向きなブローカーの一つということになります。

※意図的にスキャルパーを排除しているとも言えます。

だからこそ、スイングトレーダー(中長期保有投資家)が、大半を占めることになるんですね。スイングトレーダーが多ければ、含み損も長期的に(戻ってくるまで)放置されやすい、つまり塩漬けされることも多いと思われます。

日経新聞の記事内では、含み損の総額やプラス収支の額などのデータは、一切触れられていません。

本当に顧客の7割が儲かっていると証明するためには、しっかりと全顧客の含み損・利益などのデータを集めて、総合的に判断するべきだと思います。

含み損の総額は42億円!?

平成24年3月期 決算短信によれば、マネースクウェアジャパンでの顧客の含み損総額は、約42億円と記されています。

これらの含み損が決済されないまま「顧客の70%がプラス収支である!」と言われても、ちょっと説得力に欠けるような気がします。

含み損と利益のバランスを確認しない限り、本当に顧客の7割が勝ち越しているとは断定できません。確定利益が100万円あっても、含み損が120万円あれば、実情としては20万円のマイナスとも取れますよね。

ですので、マネースクウェアジャパンの顧客の70%が勝っているという記事をそのまま鵜呑みにしない方が良いと思います。

物事の一面のみをクローズアップして取り上げている記事であり、読み手によっては、本質を捉えることが非常に難しい記事になっているのです。

う~ん、日経新聞(日経電子版)の記事とは、とても思えないですね。

 よく読まれている記事

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供されるのであれば、最低限でも以下の2つのデータ…

モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売しています。 近畿財務局長(金商)第319号 ト…

鉄板マスタートレンド 【検証とレビュー】

鉄板マスタートレンドはインディケーターを組み合わせたシグナルツール 鉄板マスタートレンドは、メタトレーダーのインディケーターです。いわゆるシグナル点灯系のツールですね。1時間足と30分足のトレンドの方向性を確認し(インジ…

投資とギャンブルの”境界線”

ギャンブルって何? 私が常日頃チェックしているブログにChikirinの日記があります。そのブログに興味深いエントリー(記事)がありました。こちらです。 ギャンブルって何? 「ギャンブルって何?」への反応まとめ 上記記事…

大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その1

大市民流FX資産構築メソッド【検証とレビュー】その2 大市民流FX資産構築メソッドが価格改定 「大市民流FX資産構築メソッド」を購入した パチンコ攻略に長けた人物による”FX投資ノウハウ” 大市民流FX資産構築メソッドを…

あまり知られていない、神王リョウ(神リッチプロジェクト)の投資戦略とは?

神リッチプロジェクト 【検証とレビュ】 【神リッチプロジェクト】ir投資スクール購入者からのメール 神王リョウ氏のスパイダー投資法 先日の記事で、神リッチプロジェクトをざっくりとレビューしました。 神リッチプロジェクト販…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。その額7億円ともいわれ…

「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」

LINEで「儲け話あるけど、どう?」 20歳になった若者を狙い撃ちする投資詐欺が増えています。詐欺に使われるのは誰もが利用している無料通信アプリ「LINE(ライン)」。 誕生日LINEで「どう?」 投資詐欺、狙われる20…

パーフェクト・ストラテジー 【検証とレビュー】

パーフェクト・ストラテジー売れてますね 株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見! 東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」 パーフェクト・ストラテジーが売れているようですね。常にラ…

キプロス拠点のFX業者を一覧でまとめてみた

キプロス拠点のFXブローカーが気になる? キプロスショックのニュースが連日ネットを賑わせています。 ”キプロスで預金封鎖”の余波 キプロスショックとFXブローカー 当サイトにもキプロスに関する問い合わせが来ています。大半…

スパッとスナイパーFX 【検証とレビュー】

FX孔明氏の為替塾の塾生が開発したインディケータ…スパッとスナイパーFX スパッとスナイパーFXというシグナルツールが販売されています。MT4専用のシグナル点灯インディケータです。どうやら開発者のFXりう氏(奥谷隆一さん…

ハイローインベスターアカデミー【検証とレビュー】

「ハイローインベスターアカデミー」は21万円〜33万円 あのアルケミーシステムが「ハイローインベスターアカデミー」として販売を開始しました。価格は以下のとおりです。 217,000円(現金一括、先着10名) 267,00…