チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

D評価商材

バイナリーオプションのアービトラージ手法

今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。

チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マーケットの歪みを狙ったアービトラージ的な手法ですね。投資対象は、バイナリーオプションです。

証券口座のシステムの抜け穴、具体的にはタイムラグを利用し証券口座を攻略する

投資市場における”ズル”を行い爆発的に資金を増やしてしまう方法

簡単に言ってしまえば、特定の証券会社におけるレート表示の遅れを利用して、”さや”を抜く手法です(さや取り=アービトラージ)。証券会社のシステムの脆弱性を突いた、非常に特殊な手法です。

このような市場の歪みを狙って投資を行うという手法は、昔から存在します。別に違法でもなんでもなく、むしろ非常にクレバー(賢い)なやり方です。市場の歪みを見つければ、それは即、圧倒的な優位性に繋がるからです。

ユダヤ人などは、こうした手法を得意としていますね。市場の歪みを見つけることができれば、それはまさに宝の山です。

私だったら、絶対に誰にも教えません。何故なら、市場の歪みを利用した手法には最大の弱点が存在するからです。市場の歪みは常に解消(対策)される運命にある、という点です。

いつ対策されてもおかしくない

このような市場の歪みは、利用者が増えれば増えるほど、発覚する可能性が高くなります。発覚すれば、即、対策されることになります。対策されるのは、1ヶ月後もしくは1年後あるいは今日かもしれません。

つまり予測不可能ということです。

歪みを利用した儲けは、一方的な誰か(=証券会社)の損失を生んでいます。その損失が無視できない規模になれば、確実に対策されます。

チーティングトレーダー育成プロジェクトで、多数の個人投資家が同じ手法を使えば、近い将来証券会社の損失も無視できない規模になるでしょう。その時が対策のタイミングです。

脆弱性を持つブローカーとはどこか?

さて、この脆弱性を持つとされる証券会社ですが、いったいどこのブローカーなのでしょうか?私は商材を購入していないのでわかりませんが、海外ブローカーであることは間違いありません。

ここからは推測ですが、おそらくOpshom.comではないかと思います。理由はいくつかあるのですが、実はOpshom.comを利用したアービトラージ商材が、過去にもあったからです。

それは、90日1000万円プログラムという商材(D評価)です。

90日1000万円プログラムの仕組みは、ブルームバーグのレートとOpshom.comのレートの歪みを利用するものでした。

そして今回のチーティングトレーダー育成プロジェクトも、どうやらブルームバーグレートと某海外ブローカー(Opshom.comか?)の、レート連動(タイムラグ)を利用する仕組みのようです。

それから、チーティングトレーダー育成プロジェクトの販売会社名は、オプションラボ合同会社です。なんとなくOpshom.comをもじったような会社名ですね。

さらに、 どちらの販売会社も外国人を起用しています。

  • 90日1000万円プログラム=エリック・スティーンバーガー
  • チーティングトレーダー育成プロジェクト=エドワード・マクラクラン

なんとなく類似している点が多いですね。

そもそも歪みなどない?

アービトラージ手法全般について言えることですが、一般的には対策を講じられるまでは、勝率100%のはずです。

しかしながら、チーティングトレーダー育成プロジェクトの勝率は70%前後のようです。レートのタイムラグがあるはずなのに、なぜ100%勝てないのでしょうか?

実践者のブログを確認してみると、どうやらタイムラグではなく、たんなるブローカーの独自レートを提示しているだけのようです。

FXブローカーは、相対取引においては、独自レートを提示することが普通です。つまり自由にレートを決めて良いわけです。その独自レートが、たまたま、遅れて(タイムラグ)連動しているように見えているということが実体のようです。

つまり歪み(遅れ)ではなく、単に別レートを提示していた、ということですね。

仮に”歪み”が本当であっても対策は必至

どちらにしても、カバー取引をしていないブローカーにとって、一方的な顧客の儲けはそのままブローカーの損失に繋がります。

もしもチーティングトレーダー育成プロジェクトのような、レートの歪み(タイムラグ)を利用したアービトラージが実践可能であれば、近い将来、必ず対策されるはずです。

対策しなければ、そのブローカーはあっという間に経営が傾くでしょう。

市場の歪みは、常に解消される運命にあるのです。

それらのことを十分理解した上で、チーティングトレーダー育成プロジェクト購入を検討するべきだと思います。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

レパトリEA 【検証とレビュー】

他メディア記事の改ざん行為が目に余る 今回も読者様からの検証依頼です。レパトリEAという自動売買ツールですね。レパトリEAの販売ページですが、気になるところがいくつかあります。久々…

flashzonefx
Flash Zone FXのツバメ返しエントリー法とはどんな手法か?

Flash Zone FX【検証とレビュー】 Flash Zone FXを買ったので具体的な手法を解説する Flash Zone FXを購入する前に知っておいてほしいこと Flas…

インスタントFXシステム 【検証とレビュー】

インスタントFXシステムは高値安値ブレイクアウト法 少し古い商材(2008年12月登録)ですが、なぜか問い合わせが多いので取り上げてみます。 正式名称は、毎朝たった5分でOK!!超…

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えて…

マナブ式FX完全マスタープログラム THVの使い方

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVシステムを使ってみよう 前回の記事で、THVシステムのダウンロード&設定方法を解説しました。 THVシステムのダウンロード&設定方法 マナ…

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールを購入したので中身を詳しく紹介します

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールを購入 岩本式FXアダムセオリーマスタースクールを購入しました。前回のレビュー記事と合わせてご覧ください。 岩本式・FXアダムセオリー・…

PLATINUM TURBO FX
PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)【検証とレビュー】

「PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)」検証レビュー Platinum Kubera FX(プラチナクベラFX)につながる商材 PLATINUM TURBO F…

The Secret FX
The Secret FX(ザ・シークレットFX)に代表されるプライスアクショントレードは海外ではどのように認識されているか?

The Secret FX(ザ・シークレットFX)と海外FXフォーラム The Secret FX(ザ・シークレットFX)はプライスアクショントレードです。遅効性のあるテクニカル指…

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴンストラテジーF…

侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる

侍マトリックスはEA(自動売買システム) リベルタス合同会社が販売している侍マトリックスがランキング1位(2014年9月9日)ですね。私は購入していませんので販売ページを見て気にな…

マーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー、FXTFへの導入が決定(プレスリリース)

FXTFが導入を決定したマーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー 当サイトでもAA評価のマーフィーのスパンモデル(スーパーボリンジャー)が、今回新たな証券会社に導入されること…

レパトリEAが販売終了

レパトリEAが販売を終了 先日、レパトリEAの検証記事をアップしたところ、読者様から非常に大きな反響を頂きました。 レパトリEA 【検証とレビュー】 しかし、その2日後の5月18日…