チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法

今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。

チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マーケットの歪みを狙ったアービトラージ的な手法ですね。投資対象は、バイナリーオプションです。

証券口座のシステムの抜け穴、具体的にはタイムラグを利用し証券口座を攻略する

投資市場における”ズル”を行い爆発的に資金を増やしてしまう方法

簡単に言ってしまえば、特定の証券会社におけるレート表示の遅れを利用して、”さや”を抜く手法です(さや取り=アービトラージ)。証券会社のシステムの脆弱性を突いた、非常に特殊な手法です。

このような市場の歪みを狙って投資を行うという手法は、昔から存在します。別に違法でもなんでもなく、むしろ非常にクレバー(賢い)なやり方です。市場の歪みを見つければ、それは即、圧倒的な優位性に繋がるからです。

ユダヤ人などは、こうした手法を得意としていますね。市場の歪みを見つけることができれば、それはまさに宝の山です。

私だったら、絶対に誰にも教えません。何故なら、市場の歪みを利用した手法には最大の弱点が存在するからです。市場の歪みは常に解消(対策)される運命にある、という点です。

いつ対策されてもおかしくない

このような市場の歪みは、利用者が増えれば増えるほど、発覚する可能性が高くなります。発覚すれば、即、対策されることになります。対策されるのは、1ヶ月後もしくは1年後あるいは今日かもしれません。

つまり予測不可能ということです。

歪みを利用した儲けは、一方的な誰か(=証券会社)の損失を生んでいます。その損失が無視できない規模になれば、確実に対策されます。

チーティングトレーダー育成プロジェクトで、多数の個人投資家が同じ手法を使えば、近い将来証券会社の損失も無視できない規模になるでしょう。その時が対策のタイミングです。

脆弱性を持つブローカーとはどこか?

さて、この脆弱性を持つとされる証券会社ですが、いったいどこのブローカーなのでしょうか?私は商材を購入していないのでわかりませんが、海外ブローカーであることは間違いありません。

ここからは推測ですが、おそらくOpshom.comではないかと思います。理由はいくつかあるのですが、実はOpshom.comを利用したアービトラージ商材が、過去にもあったからです。

それは、90日1000万円プログラムという商材(D評価)です。

90日1000万円プログラムの仕組みは、ブルームバーグのレートとOpshom.comのレートの歪みを利用するものでした。

そして今回のチーティングトレーダー育成プロジェクトも、どうやらブルームバーグレートと某海外ブローカー(Opshom.comか?)の、レート連動(タイムラグ)を利用する仕組みのようです。

それから、チーティングトレーダー育成プロジェクトの販売会社名は、オプションラボ合同会社です。なんとなくOpshom.comをもじったような会社名ですね。

さらに、 どちらの販売会社も外国人を起用しています。

  • 90日1000万円プログラム=エリック・スティーンバーガー
  • チーティングトレーダー育成プロジェクト=エドワード・マクラクラン

なんとなく類似している点が多いですね。

そもそも歪みなどない?

アービトラージ手法全般について言えることですが、一般的には対策を講じられるまでは、勝率100%のはずです。

しかしながら、チーティングトレーダー育成プロジェクトの勝率は70%前後のようです。レートのタイムラグがあるはずなのに、なぜ100%勝てないのでしょうか?

実践者のブログを確認してみると、どうやらタイムラグではなく、たんなるブローカーの独自レートを提示しているだけのようです。

FXブローカーは、相対取引においては、独自レートを提示することが普通です。つまり自由にレートを決めて良いわけです。その独自レートが、たまたま、遅れて(タイムラグ)連動しているように見えているということが実体のようです。

つまり歪み(遅れ)ではなく、単に別レートを提示していた、ということですね。

仮に”歪み”が本当であっても対策は必至

どちらにしても、カバー取引をしていないブローカーにとって、一方的な顧客の儲けはそのままブローカーの損失に繋がります。

もしもチーティングトレーダー育成プロジェクトのような、レートの歪み(タイムラグ)を利用したアービトラージが実践可能であれば、近い将来、必ず対策されるはずです。

対策しなければ、そのブローカーはあっという間に経営が傾くでしょう。

市場の歪みは、常に解消される運命にあるのです。

それらのことを十分理解した上で、チーティングトレーダー育成プロジェクト購入を検討するべきだと思います。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

セブンインベスターズに業務停止命令

セブンインベスターズに業務停止命令 先日、イニシア・スター証券が登録取り消し→破産開始手続きとなった話題をアップしました。 イニシア・スター証券がかなり悪質である件 イニシア・スター証券に限らず、まだまだ問題のあるブロー…

玄人工房株式会社のEAは、自動売買の聖杯なのか?

“1年半で億万長者になる機会を提供します” 読者様から気になるメールを転送頂きました。今回のメールですが、非常に多くのユーザーに配信されているようです。 メールの内容ですが、玄人工房株式会社(旧モバイルテクノ…

デブトレFX【検証とレビュー】その2

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない 前回の記事では、デブトレFXのアウトラインをご紹介しました。ロジックそのものはシンプルであり、表示させるインディケータも非常にスッキリしていて拍子…

FXコアがドローダウン

FXコアが、最大30%ものドローダウン 先日検証した有限会社サウザンドフェイスのFXコアですが、6月15日(先週の金曜日)にドローダウン(損失)を発生させた模様です。 スタート時期によって、ドローダウンの規模が異なるよう…

池田式・サヤ取り投資マスター塾で提供される「さや取り達人」ツールについて調べてみた

池田式・サヤ取り投資マスター塾の魅力とは? 先日ご紹介した「池田式・サヤ取り投資マスター塾」を私は以下のようにレビューしました。 ツールを使いたい  → 購入の価値あり さや取りを学びたい(ツールは不要) → 書籍で十分…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】

アキュレートバイナリーは、FXトレードファイナンシャル専用の自動売買ツール GMOクリック証券バイナリーオプション対応の自動売買ツールが鳴りを潜めたと思ったら、今度はFXトレードファイナンシャルのHigh&Low専門の自…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損を抱えたことで、資金に余裕のなかった会員…

パラダイム・トレーダーFXの”赤青ライン”を無料のツールで再現してみた

パラダイム・トレーダーFXの心臓部ともいえる”赤と青のライン” パラダイム・トレーダーFXのロジックは前回の記事でご紹介したとおり、いわゆるラインブレイク(BOXブレイク)です。 パラダイム・トレーダーFX【検証と評価】…

TURBO FX 【検証とレビュー】

TURBO FXは、+15pipsスキャルの進化版 TURBO FX~3ステップ・トレードシステム~という商材が発売されました。 TURBO FXの販売ページを見てみる 販売元は、酒井謙光さんという個人の方ですね。システ…

金の延べ棒
「金」が過去30年で最大の下げ幅を記録

30年来のゴールドの暴落 ゴールドの下落が止まりません。まさに、ナイアガラ状態です。 出典:http://chartpark.com/gold.html 直近1週間のチャートを見てみましょう。 出典:http://cha…

GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認め…

バイナリー専用シグナル配信システム-Everything-【検証とレビュー】

60セカンズ・ペイアウト率70%ブローカー対応の商材 バイナリー専用シグナル配信システム「Everything」は、海外ブローカーに特化した商材です。 60セカンズ(60秒後のレートを予測)ペイアウト率70%の、海外ブロ…