チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法

今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。

チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マーケットの歪みを狙ったアービトラージ的な手法ですね。投資対象は、バイナリーオプションです。

証券口座のシステムの抜け穴、具体的にはタイムラグを利用し証券口座を攻略する

投資市場における”ズル”を行い爆発的に資金を増やしてしまう方法

簡単に言ってしまえば、特定の証券会社におけるレート表示の遅れを利用して、”さや”を抜く手法です(さや取り=アービトラージ)。証券会社のシステムの脆弱性を突いた、非常に特殊な手法です。

このような市場の歪みを狙って投資を行うという手法は、昔から存在します。別に違法でもなんでもなく、むしろ非常にクレバー(賢い)なやり方です。市場の歪みを見つければ、それは即、圧倒的な優位性に繋がるからです。

ユダヤ人などは、こうした手法を得意としていますね。市場の歪みを見つけることができれば、それはまさに宝の山です。

私だったら、絶対に誰にも教えません。何故なら、市場の歪みを利用した手法には最大の弱点が存在するからです。市場の歪みは常に解消(対策)される運命にある、という点です。

いつ対策されてもおかしくない

このような市場の歪みは、利用者が増えれば増えるほど、発覚する可能性が高くなります。発覚すれば、即、対策されることになります。対策されるのは、1ヶ月後もしくは1年後あるいは今日かもしれません。

つまり予測不可能ということです。

歪みを利用した儲けは、一方的な誰か(=証券会社)の損失を生んでいます。その損失が無視できない規模になれば、確実に対策されます。

チーティングトレーダー育成プロジェクトで、多数の個人投資家が同じ手法を使えば、近い将来証券会社の損失も無視できない規模になるでしょう。その時が対策のタイミングです。

脆弱性を持つブローカーとはどこか?

さて、この脆弱性を持つとされる証券会社ですが、いったいどこのブローカーなのでしょうか?私は商材を購入していないのでわかりませんが、海外ブローカーであることは間違いありません。

ここからは推測ですが、おそらくOpshom.comではないかと思います。理由はいくつかあるのですが、実はOpshom.comを利用したアービトラージ商材が、過去にもあったからです。

それは、90日1000万円プログラムという商材(D評価)です。

90日1000万円プログラムの仕組みは、ブルームバーグのレートとOpshom.comのレートの歪みを利用するものでした。

そして今回のチーティングトレーダー育成プロジェクトも、どうやらブルームバーグレートと某海外ブローカー(Opshom.comか?)の、レート連動(タイムラグ)を利用する仕組みのようです。

それから、チーティングトレーダー育成プロジェクトの販売会社名は、オプションラボ合同会社です。なんとなくOpshom.comをもじったような会社名ですね。

さらに、 どちらの販売会社も外国人を起用しています。

  • 90日1000万円プログラム=エリック・スティーンバーガー
  • チーティングトレーダー育成プロジェクト=エドワード・マクラクラン

なんとなく類似している点が多いですね。

そもそも歪みなどない?

アービトラージ手法全般について言えることですが、一般的には対策を講じられるまでは、勝率100%のはずです。

しかしながら、チーティングトレーダー育成プロジェクトの勝率は70%前後のようです。レートのタイムラグがあるはずなのに、なぜ100%勝てないのでしょうか?

実践者のブログを確認してみると、どうやらタイムラグではなく、たんなるブローカーの独自レートを提示しているだけのようです。

FXブローカーは、相対取引においては、独自レートを提示することが普通です。つまり自由にレートを決めて良いわけです。その独自レートが、たまたま、遅れて(タイムラグ)連動しているように見えているということが実体のようです。

つまり歪み(遅れ)ではなく、単に別レートを提示していた、ということですね。

仮に”歪み”が本当であっても対策は必至

どちらにしても、カバー取引をしていないブローカーにとって、一方的な顧客の儲けはそのままブローカーの損失に繋がります。

もしもチーティングトレーダー育成プロジェクトのような、レートの歪み(タイムラグ)を利用したアービトラージが実践可能であれば、近い将来、必ず対策されるはずです。

対策しなければ、そのブローカーはあっという間に経営が傾くでしょう。

市場の歪みは、常に解消される運命にあるのです。

それらのことを十分理解した上で、チーティングトレーダー育成プロジェクト購入を検討するべきだと思います。

 よく読まれている記事

みんなでFX -Rising Sun-
「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

「みんなでFX -Rising Sun-」が無料配布インジケーターと酷似していることについて 先日みんなでFXのレビュー記事をアップしましたが、そのなかで「2010年に無料配布され…

FXヤバイいよ、うわああああああああああああ!!!!!

含み損▲650万円超からの復活劇 先日の記事で、Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」を取り上げ、4000万円を超える含み損を抱えていることをお伝えしました。 ha…

3R-リアルFX
3R-リアルFX【検証とレビュー】評価・・・B

「3R-リアルFX」とはどんなFX商材か? 3R-リアルFXはボリンジャーバンド主役の半裁量半システム手法 トレード歴15年の「ヒサヨシ」氏によるFX情報商材をピックアップします。…

HUAU×IS. jr PRO2 5PAIR 【検証とレビュー】

初心者には不向きのマニアックなEA HUAUさんのEA(自動売買)です。HUAUさんは、これまでにも数多くのEAを作成されていますね。このサイトでも紹介済みのUSDJPY_EURU…

GOLD KOUSUI (幸水)の公式成績が破綻した

GOLD KOUSUIが口座破綻 このサイトで過去に取り上げていたGOLD KOUSUIが、どうやら破綻していたようです。口座破綻したのは、販売者の公式成績です。 出典:http:…

秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」【実践編】DVDのレビュー

秋田式2枚目DVD【実践編】収録時間25分 先日の【基礎編】DVDのレビューに続いて、今回は【実践編】のレビューです。  秋田式トレーダー育成プログラム「Winner’s FX」販…

【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 201…

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの危険性 バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリオプションは金融庁…

W2C-Clipper クリッパー 【検証とレビュー】

ナンピン・マーチンゲール型のEA(自動売買ツール) 私は2010年から2011年にかけてEAを700個くらい作ったことがあります。基本的に私のトレードスタイルはシステムトレード(自…

FXで毎月ずっと57万円を稼ぐ方法 【検証とレビュー】

7万円のセミナー参加権が売られている 「FXで毎月ずっと57万円を稼ぐ方法」という名の商材が販売されています。この商材の中身は、7月6日(金曜日)19時から開催されるオンラインセミ…

ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝 【検証とレビュー】

4時間足を使ったスイングトレード 「ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」を購入しました。 最近はあまりFX商材を購入していないのですが、この商材の検証依頼を受けて販…

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供される…