日本最大手は外為どっとコム?それともGMOクリック証券?

本当にGMOクリック証券が日本一?

前回、GMOクリック証券の取引高が世界一になったという記事を書きましたが、

「日本の最大手は、外為どっとコムじゃないの?」
「外為どっとコムが一番だと思ってました・・・」

という質問を多数頂きました。

実は、GMOクリック証券が世界一(日本一)に輝いたのは、いわゆる取引高ランキングです。

預かり資産の日本一は外為どっとコム

一方、預かり資産額・口座数の数において日本で最大の証券会社は、外為どっとコムです。以下のデータをご覧下さい。

預かり残高【8月】月間ランキング(単位:百万円)

1位 外為どっとコム       108,245
2位 GMOクリック証券       63,502
3位 サイバーエージェントFX   57,465
4位 セントラル短資FX      50,979
5位 マネーパートナーズ     43,005
6位 DMM.com証券       39,076
7位 FXCMジャパン証券     37,208
8位 マネースクウェア・ジャパン 36,428
9位 ヒロセ通商         16,728
10位 FXプライム        14,063

出典:YANO YTC 有力FX(外国為替証拠金取引)企業15社の月間データランキング-2012年8月-

ご覧の通り外為どっとコムがダントツです。

口座数も外為どっとコムが日本一

口座数のランキングはこちらです。

口座数【8月】月間ランキング(単位:件)

1位 外為どっとコム      351,932
2位 GMOクリック証券     249,961
3位 FXCMジャパン証券     222,297
4位 サイバーエージェントFX 208,928
5位 マネーパートナーズ    201,086
6位 トレーダーズ証券     182,665
7位 DMM.com証券      158,295
8位 セントラル短資FX         136,364
9位 ヒロセ通商       134,025
10位 FXプライム      124,788

出典:YANO YTC 有力FX(外国為替証拠金取引)企業15社の月間データランキング-2012年8月-

口座数においても、外為どっとコムが頭一つ抜けていますね。

全体的に口座数は増加しているのですが、その中でもダントツの口座数増加率を誇るのが、DMM.com証券(2.52%)とGMOクリック証券(1.73%)です。

ちなみに1位の外為どっとコムの口座数増加率は0.49%です。

ご覧頂いたデータの通り、預かり残高と口座数においては、依然外為どっとコムが日本最大と言えます。

日本最大手は外為どっとコムである、と業界内で言われる理由は、この辺りにありそうです。

GMOクリック証券躍進の理由はバイナリーオプションか?

ただ、取引高ではGMOクリック証券が飛び抜けています。

2012年上半期取引高  (単位:十億米ドル)

1位 GMOクリック証券(日本)  1975
2位 FXCM(アメリカ)     1854
3位 SaxoBank(デンマーク)   1534
4位 外為オンライン(日本)     1414
5位 DMM.COM証券(日本)      1337

出典:フォレックス・マグネイト日本版

なかなか興味深いデータですね。

GMOクリック証券でのトレードする個人投資家が、非常に多いということの結果だと思います。

おそらくですが、バイナリーオプションユーザーの激増が、GMOクリック証券躍進に一役買っていることは間違いないと思います。

今後はバイナリーオプション自主規制後の取り組み次第

このペースでGMOクリック証券が頑張れば、近い将来、預かり残高・口座数においてもGMOクリック証券の一人勝ちになるかもしれません。業界最大手の外為どっとコムも、うかうかしてられませんね。

いずれにしても、年内にも行われる(と言われている)バイナリーオプションの自主規制後の取り組み次第でしょうね。

バイナリーオプション自主規制はほぼ決定

自主規制によって、バイナリーオプションのギャンブル性が大きく抑制されることは確実です。

GMOクリック証券をはじめとしたバイナリーオプション先行組が、どのようにユーザーの流出を防ぐのか?また、外為どっとコムなどの大手FX証券会社の、バイナリーオプションへの参入はあるのか?

この辺りが、ポイントになりそうです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

FXで含み益が5億円を超えたという猛者を検証

マネパで5億円超の含み益を公開した猛者 2ちゃんねるのニュー速板に、FXで含み益が5億円を超えたという猛者が現れました。 FXの含み益が5億円を超えたからそろそろ利益確定しようと思う その証拠画像らしきものがこちら。 出…

FXトレーダーは”社会の底辺組”なのか?

FXのCMに起用されているタレントが・・・ 最近FXブローカーのCMが話題ですね。多くのFX証券会社が人気タレントを使っています。例えば・・・ 外為オンラインは、AKB48の大島優子。 DMM.com(DMM FX)では…

FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか?

あなたは真似できますか?損切りしない戦略 先日の記事でFX資産総額7300万円!のIcchan3氏をご紹介しました。彼の戦略で特徴的なのは以下の2点です。 損切りしない 低レバレッジ レバレッジを1〜2倍程度に押さえるこ…

GOLD KOUSUI 【検証とレビュー】

金(ゴールド)専用のEA(自動売買ツール) 金(ゴールド)専用の自動売買ツール、それがGOLD KOUSUIです。 過去にも、以下のような同じタイプのEAがありましたね。 がんばれニッポンゴールド 【検証とレビュー】 G…

ドラゴンアタックFX 【検証とレビュー】

フィボナッチボリバンを使った逆張りスキャル ドラゴンアタックFXは、フィボナッチボリンジャーバンドを使った逆張りスキャルです。フィボナッチボリンジャーバンドを使う商材は以前にもありましたね。こちらです。 BBF Adva…

8000万円を横領、FXで溶かした郵便局員を逮捕

郵便局員が8000万円超を横領してFX投資・・・ またまた横領&FX投資という残念な事件が発生しました。今回は郵便局員(千葉県茂原市、本納郵便局)です。 1300万円に加え、余罪として6800万円の着服も明らかになってい…

バイナリーギミック(BINARY GIMMIC)検証とレビュー

バイナリーギミックは、VTTRADER(VTトレーダー)対応のシグナルツール バイナリーギミックは、MT4(メタトレーダー)ではなく、VTTRADER(VTトレーダー)というプラットホームに対応したシグナル点灯型ツールで…

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えています。その大半が、NYダウ平均とUSD…

Flash Zone FXが最終オファーを告知(新たな特典を追加)

Flash Zone FXが”ラストオファー” 当ブログでもレビュー済みで高評価のFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)がいよいよ最後のオファー告知をおこなっています。過去の検証記事はこちらをご覧ください。 …

サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴

190万円の支払いをサイバーエージェントFXに求める裁判の判決が出た 非常に興味深い事件(裁判)の判決が出ました。裁判の名前は、「キャッシュバック金請求事件」(平成25年(ワ)第23093号)です。 出典:http://…

3次元FX【検証とレビュー】

3次元FXは”日経225先物”と”ドル円”の相関関係を利用したトレード手法 3次元FXという商材について問い合わせをいただいています。手法としては、日経225先物とドル円の相関関係を利用したトレードとなります。相関関係と…

含み損をかかえた「全コピFX」が募集を再開?

全コピFXのその後 前回の記事で全コピFXが壊滅的な状態になっていることをお伝えしました。 全コピFXで強制ロスカットが続発 全コピFXの主力トレーダーである全力男氏が莫大な含み損を抱えたことで、資金に余裕のなかった会員…