GMOクリック証券がついに”世界一”

驚きのニュース

驚きのニュースがあります。GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。

リテールFX取引高とは、個人投資家を対象とした取引高のことです。

GMOクリック証券の個人投資家を対象とした取引高は、1兆9750億ドル(2012年上半期)です。1兆9750億ドルというとピンとこないかもしれませんが、日本円になおすと、158兆円(1ドル80円換算)です。

初の世界一だそうです。ちょっと驚きですね。

GMOクリック証券に口座を開設しているユーザーは、おそらく、というか間違いなく日本人投資家が中心のはずです。

つまり、日本人の投資家の取引が拡大している、もしくは他社からGMOクリック証券に流入(移行)している、ということを意味するのかもしれません(両方かも)。

世界ベスト5に日本の証券会社が3社もランクイン

さらに驚くべきは、世界ベスト5の中に、日本の証券会社が3社もランクインしていることです。

2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングは、以下の通りです。

2012年上半期取引高(単位:十億米ドル)

  • 1位 GMOクリック証券(日本)  1975
  • 2位 FXCM(アメリカ)      1854
  • 3位 SaxoBank(デンマーク)    1534
  • 4位 外為オンライン(日本)     1414
  • 5位 DMM.COM証券(日本)      1337

出典:フォレックス・マグネイト日本版

2位のFXCMと3位のSaxoBANKは、日本にも支社があります(FXCMジャパンと、サクソバンクFX証券)。実質、ランキング1位から5位の証券会社全てに、日本の個人投資家が口座を開いているということになります。

日本の個人投資家の資金量は、半端ないですね。

急成長する日本の証券会社

デフレによる日本企業の疲弊が連日ニュースになる中、日本のFX証券会社の急成長(急拡大)には、驚嘆します。

シャープを始め、パナソニックやソニーなど、日本のモノ作り(特に家電・エレクトロニクス)はほとんど死に体状態ですが、金融に関してはまだまだ”のりしろ”があるようですね。

今後、日本の証券会社が本格的に海外展開を進めれば、さらに取引高は拡大する可能性があります。実際に、今年(2012年)に入ってから、海外進出の動きはでてきているようです。

日本の金融サービスは、まだまだ潜在的なポテンシャルを秘めているような気がします。

GMOクリック証券躍進の理由とは?

GMOクリック証券がここまで急成長した理由ですが、まずは、徹底的なスプレッドサービスだと思われます。

スプレッド競争が激化する中、徹底してスプレッドの圧縮・固定化を進めたGMOクリック証券に、多くの個人投資家が移ったことが挙げられると思います。

さらに、バイナリーオプションにおいても、国内ではほぼ一人勝ち状態です。2011年3月からスタートした、外為オプション(GMOクリック証券のバイナリーオプションサービス)は、あっという間に多くのユーザーを獲得しました。

非常に使い勝手の良いツールを提供していることも、シェアを伸ばした理由の一つでしょう。

バイナリーオプションの自主規制による影響は?

年内(2012年)にも行われるとされている、バイナリーオプションの自主規制ですが、GMOクリック証券の取引高にも影響を与えるのは必至だと思われます。

バイナリーオプションの射倖性が削がれることで、ギャンブルとしての魅力が半減し、取引量が減少することが考えられます。ここは、正念場でしょうね。

競争が激しくなれば、今後ますます証券会社の吸収・合併が激化することになりそうです。体力のない証券会社は、つぶれるか吸収合併(M&A)される運命にあるでしょう。

GMOクリック証券が、バイナリーオプションの自主規制というハードルをクリアし、今後も独走を続けて世界一の座をキープし続けるのか、しばらく目が離せません。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

含み損8000万円を1000万円まで圧縮【貯金3億円男★大先生】

”8000万円の含み損”解消まであと少し! FXネット界を賑わせる貯金3億円男★大先生ですが、このところのNZDJPY、AUDJPYの上昇によって、含み損の大幅な改善が見られます。直近のTwitterの呟きでは、 NZD…

週刊SPA!と疑惑のトレーダー”三村雄太”

※2013年12月6日裁判の判決が出ました。 ”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 FXではなく、株式投資に関する話題ですが、…

【懲役14年】シンフォニー投資詐欺事件に判決【追徴金14億円】

シンフォニー投資詐欺事件主犯に対し懲役14年の判決 このブログで何度もお伝えしてきた「シンフォニー」事件ですが、ようやく判決が出ました。 懲役14年と非常に重たい判決です。 FX投資詐欺で懲役14年=117億円集金の元経…

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上場株の投資勧誘を解禁する。不特定多数から…

投資DVD業者に”業務停止命令”

【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは? ようやく業務停止命令が… 大学生をターゲットに投資DVDを販売していた業者に、とうとう業務停止命令措置が取られました。 出典:東京都報道発表資料より この問題は、NHKニュ…

【疑問】みんなのクレジットの謝罪文章はなぜ画像で作成されているのか?

【みんなのクレジット】勧告→行政処分 ずさんな経営体制によって勧告を受けた「みんなのクレジット」ですが、先月(2017年3月)末に、正式に行政処分となりました。 【業務停止命令】みんなのクレジットのお粗末な実態とは? み…

海外フォーラムで紹介されている手法 Spuds Stochastic Thread Theory

海外フォーラムはアイデアの宝庫 最近、検証記事が続いていたので、気分を変えて海外の面白い手法(ロジック)をご紹介します。 引用元はFOREX FACTORY(海外フォーラム)です。海外フォーラムには、本当に面白い手法がた…

FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?

関東財務局が海外ブローカーに対する注意喚起をおこなっています 2014年6月19日に、関東財務局がWEB上で、「海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!」という注意喚起をおこないました。 海外に所在する無…

トラップリピートイフダンは本当に稼げるか?

チリ積もFXは”トラップリピートイフダン” チリ積もFXのという商材についてのお問い合わせを多数頂いています。販売ページをみただけで、勘の良い人はすぐにわかります。 販売ページを見てみる そうです。トラップリピートイフダ…

30歳で年収1000万円超の企業一覧【隣の家の芝は青かった】

30歳で年収1000万円に達する企業とは? 転職情報サイトVorkersが30歳で年収1000万円を狙える企業を発表しました。30歳で1000万円というのは、エリート中のエリートといえるでしょう。人生の勝ち組と言って良い…

バイナリーオプションの新ルールが面白い!

バイナリーオプション自主規制に関する解説動画 今さらですが、4月以降に発表された、バイナリーオプション自主規制に関する解説動画をご紹介します。【第4回】(2013年4月26日)と、【第5回】(2013年5月17日)です。…

ボビー・オロゴンのFXトレーダーとしての実力は?

聡明なボビー・オロゴン タレントのボビー・オロゴンさんが、トレーダー(投資家)というもう一つの顔を持っていることを知っている人は多いと思います。彼のテレビでのオトボケキャラに騙されてはいけません。彼はエリートであり、非常…