GMOクリック証券がついに”世界一”

GMOクリック証券がついに”世界一”

GMOクリック証券がついに”世界一”

驚きのニュース

驚きのニュースがあります。GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。

リテールFX取引高とは、個人投資家を対象とした取引高のことです。

GMOクリック証券の個人投資家を対象とした取引高は、1兆9750億ドル(2012年上半期)です。1兆9750億ドルというとピンとこないかもしれませんが、日本円になおすと、158兆円(1ドル80円換算)です。

初の世界一だそうです。ちょっと驚きですね。

GMOクリック証券に口座を開設しているユーザーは、おそらく、というか間違いなく日本人投資家が中心のはずです。

つまり、日本人の投資家の取引が拡大している、もしくは他社からGMOクリック証券に流入(移行)している、ということを意味するのかもしれません(両方かも)。

世界ベスト5に日本の証券会社が3社もランクイン

さらに驚くべきは、世界ベスト5の中に、日本の証券会社が3社もランクインしていることです。

2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングは、以下の通りです。

2012年上半期取引高(単位:十億米ドル)

  • 1位 GMOクリック証券(日本)  1975
  • 2位 FXCM(アメリカ)      1854
  • 3位 SaxoBank(デンマーク)    1534
  • 4位 外為オンライン(日本)     1414
  • 5位 DMM.COM証券(日本)      1337

出典:フォレックス・マグネイト日本版

2位のFXCMと3位のSaxoBANKは、日本にも支社があります(FXCMジャパンと、サクソバンクFX証券)。実質、ランキング1位から5位の証券会社全てに、日本の個人投資家が口座を開いているということになります。

日本の個人投資家の資金量は、半端ないですね。

急成長する日本の証券会社

デフレによる日本企業の疲弊が連日ニュースになる中、日本のFX証券会社の急成長(急拡大)には、驚嘆します。

シャープを始め、パナソニックやソニーなど、日本のモノ作り(特に家電・エレクトロニクス)はほとんど死に体状態ですが、金融に関してはまだまだ”のりしろ”があるようですね。

今後、日本の証券会社が本格的に海外展開を進めれば、さらに取引高は拡大する可能性があります。実際に、今年(2012年)に入ってから、海外進出の動きはでてきているようです。

日本の金融サービスは、まだまだ潜在的なポテンシャルを秘めているような気がします。

GMOクリック証券躍進の理由とは?

GMOクリック証券がここまで急成長した理由ですが、まずは、徹底的なスプレッドサービスだと思われます。

スプレッド競争が激化する中、徹底してスプレッドの圧縮・固定化を進めたGMOクリック証券に、多くの個人投資家が移ったことが挙げられると思います。

さらに、バイナリーオプションにおいても、国内ではほぼ一人勝ち状態です。2011年3月からスタートした、外為オプション(GMOクリック証券のバイナリーオプションサービス)は、あっという間に多くのユーザーを獲得しました。

非常に使い勝手の良いツールを提供していることも、シェアを伸ばした理由の一つでしょう。

バイナリーオプションの自主規制による影響は?

年内(2012年)にも行われるとされている、バイナリーオプションの自主規制ですが、GMOクリック証券の取引高にも影響を与えるのは必至だと思われます。

バイナリーオプションの射倖性が削がれることで、ギャンブルとしての魅力が半減し、取引量が減少することが考えられます。ここは、正念場でしょうね。

競争が激しくなれば、今後ますます証券会社の吸収・合併が激化することになりそうです。体力のない証券会社は、つぶれるか吸収合併(M&A)される運命にあるでしょう。

GMOクリック証券が、バイナリーオプションの自主規制というハードルをクリアし、今後も独走を続けて世界一の座をキープし続けるのか、しばらく目が離せません。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

【速報】アルパリが破綻
【速報】アルパリが破綻

スイスフラン(CHF)ご乱心でアルパリが破綻した スイスの中央銀行である国立銀行が相場介入を廃止(対ユーロの上限を撤廃)する発表を受けて、為替相場が大荒れしました。スイスフラン日本…

【他人のお金でFX】の成績wwwww

右肩上がりの運用益曲線 昨年末にご紹介した「他人のお金でFX」ですが、驚くことに利益を増やしています。 約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手法とは? 2014年1月23日現…

【被害総額13億円】withcoin集団訴訟で怯える”仮想通貨ユーチューバー”
【被害総額13億円】withcoin集団訴訟で怯える”仮想通貨ユーチューバー”

仮想通貨ユーチューバーがwithcoin被害を拡大させたか 先日の記事で仮想通貨「withcoin」ホルダーによる集団訴訟の動きをお伝えしました。 withcoinに対する集団訴訟…

暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮
暴れん坊のトルコリラがまたもや傍若無人ぶりを発揮

関連記事:TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム 荒ぶるトルコリラ(TRY/JPY)… トルコリラ円(TRY/JPY)が史上最安値更新後に急反発 ニュース…

投資助言代理業者との紛争(トラブル)
【業務停止命令】みんなのクレジットのお粗末な実態とは?

証券取引等監視委員会が「みんなのクレジット」の行政処分を勧告 2017年3月24日、証券取引等監視委員会が「株式会社みんなクレジット」を行政処分するよう金融庁に勧告を行いました。 …

FXDDがNFA(全米先物協会)とガチで喧嘩
外為オンラインとM2Jが泥沼裁判へ

外為オンラインのトラリピ=「iサイクル注文」がヴァージョンアップ 外為オンラインがトラリピと酷似したトレードシステム「iサイクル注文」「サイクル注文」をリリースして2年以上経過しま…

60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件
60万円で購入したFX自動売買ツールが問題だった件

60万円の自動売買システムが問題だった 気になる記事を見つけたので、ちょっとご紹介します。 個人投資家が60万円という高額なFX自動売買ツール(コピートレードツール)を購入したので…

10万円を6億円にしたトレーダーGFF氏が金銭トラブル?
【10億円超?】貯金3億円男★大先生の保有資産が計り知れない・・・

貯金3億円男★大先生っていったいいくら持ってるんだ? 貯金3億円男★大先生を覚えているでしょうか?2016年だけで6億円もの損失を出した稀代の賭博師です。 貯金3億円男★大先生とい…

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】
投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センタ…

玄人工房株式会社のEAは自動売買の聖杯なのか?
押尾学さんがFX情報商材の広告塔に!?

押尾学、FX情報商材屋に神輿として担がれた? 巷で噂の押尾学さんを神輿(みこし)に担いた情報商材セールスページを見てきました。 https://oco-fx.invregister…

withcoinに対する集団訴訟の被害総額が13億円を超え、今なお増え続けている件
withcoinに対する集団訴訟の被害総額が13億円を超え、今なお増え続けている件

被害総額は13億円超! 仮想通貨「withcoin」を対象とした集団訴訟の動きがあります。被害総額は13億3100万円(※enjinでの自己申告額の合計)。 大きなメディアはまだ取…

”キプロスで預金封鎖” の余波
両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確

FXに再チャレンジした66歳が5000万円もの利益を手にするまで All Aboutに掲載されていたFXトレーダーのインタビュー記事が面白いので紹介します。 FXで5000万円を利…