GMOクリック証券が、とうとう世界一

   2015/01/15

驚きのニュース

ちょっと驚いたニュースがあります。

GMOクリック証券が、2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングにおいて、世界一になったというニュースです。

リテールFX取引高とは、個人投資家を対象とした取引高のことです。

GMOクリック証券の個人投資家を対象とした取引高は、1兆9750億ドル(2012年上半期)です。1兆9750億ドルというとピンとこないかもしれませんが、日本円になおすと、158兆円(1ドル80円換算)です。

初の世界一だそうです。ちょっと驚きですね。

GMOクリック証券に口座を開設しているユーザーは、おそらく、というか間違いなく日本人投資家が中心のはずです。

つまり、日本人の投資家の取引が拡大している、もしくは他社からGMOクリック証券に流入(移行)している、ということを意味するのかもしれません(両方かも)。

世界ベスト5に日本の証券会社が3社もランクイン

さらに驚くべきは、世界ベスト5の中に、日本の証券会社が3社もランクインしていることです。

2012年上半期(1月-6月)のリテールFX取引高ランキングは、以下の通りです。

2012年上半期取引高  (単位:十億米ドル)

  • 1位 GMOクリック証券(日本)  1975
  • 2位 FXCM(アメリカ)      1854
  • 3位 SaxoBank(デンマーク)    1534
  • 4位 外為オンライン(日本)     1414
  • 5位 DMM.COM証券(日本)      1337

出典:フォレックス・マグネイト日本版

ご存じの通り、2位のFXCMと3位のSaxoBANKは、日本にも支社があります(FXCMジャパンと、サクソバンクFX証券)。

実質、ランキング1位から5位の証券会社全てに、日本の個人投資家が口座を開いているということになります。

日本の個人投資家の資金量は、半端ないですね。

急成長する日本の証券会社

デフレによる日本企業の疲弊が連日ニュースになる中、日本のFX証券会社の急成長(急拡大)には、驚嘆します。

シャープを始め、パナソニックやソニーなど、日本のモノ作り(特に家電・エレクトロニクス)はほとんど死に体状態ですが、金融に関してはまだまだ”のりしろ”があるようですね。

今後、日本の証券会社が本格的に海外展開を進めれば、さらに取引高は拡大する可能性があります。

実際に、今年(2012年)に入ってから、海外進出の動きはでてきているようです。

日本の金融サービスは、まだまだ潜在的なポテンシャルを秘めているような気がします。

GMOクリック証券躍進の理由とは?

GMOクリック証券がここまで急成長した理由ですが、まずは、徹底的なスプレッドサービスだと思われます。

スプレッド競争が激化する中、徹底してスプレッドの圧縮・固定化を進めたGMOクリック証券に、多くの個人投資家が移ったことが挙げられると思います。

さらに、バイナリーオプションにおいても、国内ではほぼ一人勝ち状態です。

2011年3月からスタートした、外為オプション(GMOクリック証券のバイナリーオプションサービス)は、あっという間に多くのユーザーを獲得しました。

非常に使い勝手の良いツールを提供していることも、シェアを伸ばした理由の一つでしょう。

バイナリーオプションの自主規制による影響は?

年内(2012年)にも行われるとされている、バイナリーオプションの自主規制ですが、GMOクリック証券の取引高にも影響を与えるのは必至だと思われます。
>>バイナリーオプションの自主規制は年内にも

バイナリーオプションの射倖性が削がれることで、ギャンブルとしての魅力が半減し、取引量が減少することが考えられます。ここは、正念場でしょうね。

競争が激しくなれば、今後ますます証券会社の吸収・合併が激化することになりそうです。体力のない証券会社は、つぶれるか吸収合併(M&A)される運命にあるでしょう。

GMOクリック証券が、バイナリーオプションの自主規制というハードルをクリアし、今後も独走を続けて世界一の座をキープし続けるのか、しばらく目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確
両建てを駆使する66歳のFXトレーダーが5000万円を利確

FXに再チャレンジした66歳が5000万円もの利益を手にするまで All Aboutに掲載されていたFXトレーダーのインタビュー記事が面白い。 FXで5000万円を利確した66歳長者の負けないトレード Sさんという66歳 […]

バババババイナリー
バババババイナリー 【検証とレビュー】その2

関連記事: >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その1 >>バババババイナリー 【検証とレビュー】その3 >>バババババイナリー評価に対する反論(その4) バババババイナリー購入 […]

006
資本家に搾取される、無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり? GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート) ようやく、バイナリーオプション系の商材も落ち着いてきた感じです […]

悪質投資助言代理業者に対する制裁
悪質な投資助言代理業者に制裁を加えるには?

投資助言代理業者の増加 最近は、FX情報商材販売業者でも、投資助言代理業登録業者が増えてきましたね。 投資助言代理業への登録は簡単ではありません。登録には半年~1年位かかりますし、500万円の預託金も必要です。 しかし、 […]

投資とギャンブルの”境界線”
含み損8000万円を1000万円まで圧縮【貯金3億円男★大先生】

”8000万円の含み損”解消まであと少し! FXネット界を賑わせる貯金3億円男★大先生ですが、このところのNZDJPY、AUDJPYの上昇によって、含み損の大幅な改善が見られます。 直近のTwitterの呟きでは、 NZ […]

002
週刊SPA!と、疑惑のトレーダー”三村雄太”

2013年12月6日 裁判の判決が出ました。 >>”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました 週刊SPA!の投資記事で裁判勃発 本日は、気になる情報をご紹介します。 FXではなく、株式投資に関 […]

kisei
バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

最新記事(2012年12月28日): >>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? HIGH&LOWが禁止に! 本日(2012年12月13日)は重大ニュースがありましたね。 バイナリーオプシ […]

バイナリーオプション反対売買
バイナリーオプション自主規制で何が変わるか?

最新記事(2012年12月28日): >>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? 自主規制案は、投資家保護と国際化が目的 バイナリーオプションの自主規制案が発表されてから、約1週間経過しま […]

ベストシグナル裁量一筋男
7億円トレーダー”裁量一筋男”と、超高額インディケーター「ベストシグナル」

ちょっと不気味な話 読者様からの情報提供です。アメブロで話題になっている7億円FXトレーダーが存在します。彼の名は、裁量一筋男。彼のブログはこちらです。 >>無料シグナル配信結果報告ブログ※2013年10月2 […]

FX5億円の含み益
FXで含み益が5億円を超えたという猛者を検証

マネパで5億円超の含み益を公開した猛者 2ちゃんねるのニュー速板に、FXで含み益が5億円を超えたという猛者が現れました。 FXの含み益が5億円を超えたからそろそろ利益確定しようと思う その証拠画像らしきものがこちら。 出 […]

016
ウッディズCCI (woodies cci) のご紹介

ウッディズCCI (woodies cci) のご紹介 今日は、ちょっと趣向を変えておもしろいFX手法をご紹介します。 海外トレーダーの間では、比較的有名な手法です。ウッディズCCIと呼ばれる手法です。 有料ではありませ […]

投資塾タートルズ
FX投資塾タートルズから学ぶべきこととは?

”FX投資塾タートルズ”の流れを振り返る 先日の記事で、2010年頃にネットを賑わしたFX投資塾タートルズについて触れました。意外と反響があったので、もう少し掘り下げておきたいと思います。 というのは、最近になって、同じ […]