『FX最強チャートGMMAの真実』レビュー

FX最強チャート GMMAの真実

先日、buddhatrend A-Specという商材をレビューしましたが、その記事の中で陳満咲杜さんの書籍をご紹介しました。

ご紹介した書籍は『FXトレーディングの真実』という本です。今回は、その陳満咲杜さんの新刊をご紹介します。その名も『FX最強チャート GMMAの真実』です。

GMMAの真実

GMMAというテクニカル指標に特化した書籍としては、おそらく日本初です。

GMMAを極めたいなら是非購入して下さい

『FX最強チャート GMMAの真実』は、その名の通りGMMAというテクニカル指標に特化して、トレードノウハウが解説されています。

GMMAに興味を持った方や、トレンドフォロー系の手法を極めたい方にとっては、非常に面白いと内容だと思います。

Amazonの紹介文を抜粋してみましょう。

トレンドフォローの最終秘密兵器といえるのがGMMA(複合型移動平均線)です。

トレンド判断からエントリーのタイミング、エグジットの目安まで、
丁寧に教えてくれるのがGMMAの魅力です。

「長期組GMMAは巨大な資金を動かす長期投資家=『鯨(クジラ)』、
短期組GMMAは短期の回転売買を狙う投機家=『鰯(イワシ)』」と命名。
FXの海原を鰯の群れを追って泳ぐ鯨がトレンドを作る、といったアナロジーで
非常に分かりやすく、楽しく、GMMAの見方や売買シグナルを解説します。

GMMAの魅力は、
● ビジュアルでパッと見てすぐトレンドの方向、強さ、奥行きまでが分かること
●判断の基準が曖昧でなく、「今は買いか売りか」という肝心なことに対して、
誰でもほぼ同じ結論が得られること
●トレンドライン、平均足、RSI、MACD、フィボナッチ・リトレースメントなど
他のテクニカル指標との組み合わせが自由自在なこと

「コバンザメ」「鰯喰い」「トビウオ」
「キャシャロット(英語でマッコウクジラ)」といった陳氏考案のユニークなGMMAシグナルを一挙紹介。

※引用:全てAmazon『FX最強チャート GMMAの真実』より

ご覧の通り、GMMAというテクニカル指標の特徴、使い方、応用方法など、GMMAをベースに構築されたルールが、全ページにわたって詳しく解説されています。GMMAが織りなすパターンを6つに分けて解説し、それらをベースに16の売買ルールを構築しています。

後半は、GMMAチャートのケーススタディを取り上げ、さらには実践編としてエントリーやエグジットポイントを詳しく解説してくれます。

なかなか読み応えがありますが、初心者の方にはハードルが少し高いかもしれません。

ある程度トレードに慣れてきて、新しいアイデアやヒントを探している方には、様々な気付きがある書籍だと思います。

トレンドフォロー手法と相性が良い

GMMAのベースは移動平均線であり、移動平均線の集合体がGMMAです。

基本はトレンドフォローです。大きなトレンドの中の、押し目買いや戻し売りなどを狙う手法が中心となります。ブレイクアウト系なども含まれます。逆張りや、カウンター系の手法とは異なります。

また、時間足も比較的大きな時間足を使用しますので、デイトレードからスイングトレードと相性がよいテクニカル指標となります。

できれば1時間足以上で使用された方が良いでしょう。

難しいとされる「手仕舞いポイント」を学べる

一般的な手法では、エントリー(仕掛け)ポイントは、比較的明確なものが多いですね。

しかし手仕舞いポイント(エグジットポイント)となると、手法によっては非常に曖昧で、各人の裁量判断に任されるものが多いです。それだけ手仕舞いというのは難しいとされます。

陳満咲杜さんのGMMA手法では、その手仕舞いについても非常に詳しく解説されており、かなり明確になっています。しかも、そのポイントが非常に理にかなっています。GMMAを使うからこそ、明確な理由による手仕舞いが可能となるのです。

以前ご紹介したポーカー世界一に輝いた日本人、木原直哉さんの言葉をもう一度ご紹介します。

「すべての行動に理由を探せ」

ポーカーだけでなくトレードにも通じる格言だと思っています。

陳さんのGMMA手法では、エントリー・エグジット・ストップなど、全てのポイントやタイミングに明確な理由があります。

トレンドの概念が今ひとつ理解できない方にも使って欲しいGMMA

GMMAをチャートに表示させることで、ビジュアル的にトレンド状態を確認することができるようになります。

GMMAチャート画像

GMMAの収束と拡散状態に着目することで、トレンドの勢いなども一目で実感できるようになるはずです。

順張りをしたいのに、なぜかノントレンドのときにエントリーしてしまうような方は、是非GMMAをチャートに加えてみて下さい。

エントリーすべきタイミングが、今まで以上に明確になるはずです。

buddhatrend A-Specが気になる方へ

『FX最強チャートGMMAの真実』は、1,500円程度で購入できる書籍です。コストパフォーマンスは抜群だと思います。

buddhatrend A-Specがとても気になる方は、39,800円のbuddhatrend A-Specを買う前にこの書籍で学んでみてはいかがでしょうか?



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

バイナリーエクスプレス 【検証とレビュー】

総獲得金額 4億614万円 小笠原さんのバイナリーエクスプレスですが、 わずか3年で4億614万円を獲得したそうです。掛け金1万円が、3年で4億円になったということです。単純に計算しても、4万倍(40,000倍)です。1…

池田式・サヤ取り投資マスター塾【検証とレビュー】

池田式・サヤ取り投資マスター塾で年利80〜100%を安定的に稼ぎ続ける!? クロスリテイリング社による株投資塾が公開されました。 タイトル:池田式・サヤ取り投資マスター塾 販売:クロスリテイリング株式会社 発売日:201…

GMOクリック証券に業務改善命令

関東財務局より業務改善命令 10月12日に、GMOクリック証券に対し、関東財務局より業務改善命令が下されました。 金融商品取引法第40条第2号によるものです。金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認め…

マーフィーのスパンモデルに”プレミアム版”登場

スパンモデルのプレミアム版が発売開始 マーフィーの最強スパンモデルFX投資法に、特別版(プレミアム)が登場しました。 スパンモデルの詳しいレビューは、以下の記事をご覧下さい。 マーフィーの最強スパンモデルFX投資法【検証…

「さや取り達人」ツールに優位性はあるのか?

「さや取り達人」の優位性 池田式・サヤ取り投資マスター塾で提供される「さや取り達人」ツールの性能や優位性が気になりますね。 株式さや取りソフト「さや取り達人」公式サイト 発売から6年以上経過していて現在も販売されていると…

くまひげ先生の『マジックボックスFX』を購入した

くまひげ先生の『マジックボックスFX』を購入しました 久しぶりに期待できるFX商材の登場です。過去にFXバックドラフトPROやプライスストラクチャーFXなどをリリースしてきたくまひげ先生の新作インディケータです。期待がで…

オートオーダー販売予定から一転、無料ダウンロードへ・・・

”販売予定” から一転、”無料配布” へ 先日、このブログでご紹介したオートオーダーですが、どうやら無料で配布することが決定したようです。 オートオーダー検証とレビュー(2013年1月9日の記事) 記事を掲載した時点(2…

Dealing FX 【検証とレビュー】

Dealing FXは現代版「酒田五法」か Dealing FXは、裁量系の商材です。プライスアクショントレードマニュアルとあるように、レート(値)のアクション(動き)やチャートパターンを読み取って、その先の方向性を予測…

FX伝承 【検証とレビュー】

FX伝承は1日たりとも負けなしのトレード… すごそうな商材が出てきました。FX伝承です。 1日たりとも負けなしのトレードで年利104%を実現 もし負けたなら全額返金させていただきます 文すごい自信を感じますね。FX伝承の…

【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは?

56万円の投資DVDで学生の間にトラブル急増 何度もニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、未だにトラブルが多い事案です。NHKニュースによれば、トラブルの件数は、昨年に比べて増加しているようです…

ZERO DRIVE FX 【検証とレビュー】

ZERO DRIVE FXはMT4用のインディケータ ZERO DRIVE FXは、MetaTrader用のシグナル(サイン点灯)ツールです。 販売ページを見てみる 限定100名で販売した後は、値上げをするみたいです。販…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】

井手式7daysFXは、全編「動画」教材 非常にオーソドックス(王道)な商材が販売されました。井手式7daysFXです。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その2 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その3 井…