『FX最強チャートGMMAの真実』レビュー

FX最強チャート GMMAの真実

先日、buddhatrend A-Specという商材をレビューしましたが、その記事の中で陳満咲杜さんの書籍をご紹介しました。

ご紹介した書籍は『FXトレーディングの真実』という本です。今回は、その陳満咲杜さんの新刊をご紹介します。その名も『FX最強チャート GMMAの真実』です。

GMMAの真実

GMMAというテクニカル指標に特化した書籍としては、おそらく日本初です。

GMMAを極めたいなら是非購入して下さい

『FX最強チャート GMMAの真実』は、その名の通りGMMAというテクニカル指標に特化して、トレードノウハウが解説されています。

GMMAに興味を持った方や、トレンドフォロー系の手法を極めたい方にとっては、非常に面白いと内容だと思います。

Amazonの紹介文を抜粋してみましょう。

トレンドフォローの最終秘密兵器といえるのがGMMA(複合型移動平均線)です。

トレンド判断からエントリーのタイミング、エグジットの目安まで、
丁寧に教えてくれるのがGMMAの魅力です。

「長期組GMMAは巨大な資金を動かす長期投資家=『鯨(クジラ)』、
短期組GMMAは短期の回転売買を狙う投機家=『鰯(イワシ)』」と命名。
FXの海原を鰯の群れを追って泳ぐ鯨がトレンドを作る、といったアナロジーで
非常に分かりやすく、楽しく、GMMAの見方や売買シグナルを解説します。

GMMAの魅力は、
● ビジュアルでパッと見てすぐトレンドの方向、強さ、奥行きまでが分かること
●判断の基準が曖昧でなく、「今は買いか売りか」という肝心なことに対して、
誰でもほぼ同じ結論が得られること
●トレンドライン、平均足、RSI、MACD、フィボナッチ・リトレースメントなど
他のテクニカル指標との組み合わせが自由自在なこと

「コバンザメ」「鰯喰い」「トビウオ」
「キャシャロット(英語でマッコウクジラ)」といった陳氏考案のユニークなGMMAシグナルを一挙紹介。

※引用:全てAmazon『FX最強チャート GMMAの真実』より

ご覧の通り、GMMAというテクニカル指標の特徴、使い方、応用方法など、GMMAをベースに構築されたルールが、全ページにわたって詳しく解説されています。GMMAが織りなすパターンを6つに分けて解説し、それらをベースに16の売買ルールを構築しています。

後半は、GMMAチャートのケーススタディを取り上げ、さらには実践編としてエントリーやエグジットポイントを詳しく解説してくれます。

なかなか読み応えがありますが、初心者の方にはハードルが少し高いかもしれません。

ある程度トレードに慣れてきて、新しいアイデアやヒントを探している方には、様々な気付きがある書籍だと思います。

トレンドフォロー手法と相性が良い

GMMAのベースは移動平均線であり、移動平均線の集合体がGMMAです。

基本はトレンドフォローです。大きなトレンドの中の、押し目買いや戻し売りなどを狙う手法が中心となります。ブレイクアウト系なども含まれます。逆張りや、カウンター系の手法とは異なります。

また、時間足も比較的大きな時間足を使用しますので、デイトレードからスイングトレードと相性がよいテクニカル指標となります。

できれば1時間足以上で使用された方が良いでしょう。

難しいとされる「手仕舞いポイント」を学べる

一般的な手法では、エントリー(仕掛け)ポイントは、比較的明確なものが多いですね。

しかし手仕舞いポイント(エグジットポイント)となると、手法によっては非常に曖昧で、各人の裁量判断に任されるものが多いです。それだけ手仕舞いというのは難しいとされます。

陳満咲杜さんのGMMA手法では、その手仕舞いについても非常に詳しく解説されており、かなり明確になっています。しかも、そのポイントが非常に理にかなっています。GMMAを使うからこそ、明確な理由による手仕舞いが可能となるのです。

以前ご紹介したポーカー世界一に輝いた日本人、木原直哉さんの言葉をもう一度ご紹介します。

「すべての行動に理由を探せ」

ポーカーだけでなくトレードにも通じる格言だと思っています。

陳さんのGMMA手法では、エントリー・エグジット・ストップなど、全てのポイントやタイミングに明確な理由があります。

トレンドの概念が今ひとつ理解できない方にも使って欲しいGMMA

GMMAをチャートに表示させることで、ビジュアル的にトレンド状態を確認することができるようになります。

GMMAチャート画像

GMMAの収束と拡散状態に着目することで、トレンドの勢いなども一目で実感できるようになるはずです。

順張りをしたいのに、なぜかノントレンドのときにエントリーしてしまうような方は、是非GMMAをチャートに加えてみて下さい。

エントリーすべきタイミングが、今まで以上に明確になるはずです。

buddhatrend A-Specが気になる方へ

『FX最強チャートGMMAの真実』は、1,500円程度で購入できる書籍です。コストパフォーマンスは抜群だと思います。

buddhatrend A-Specがとても気になる方は、39,800円のbuddhatrend A-Specを買う前にこの書籍で学んでみてはいかがでしょうか?

 よく読まれている記事

キューティーバイナリー 【検証とレビュー】

キューティーバイナリーの「佐藤あき」さん… 証券会社出身の佐藤あきさんの写真が、でかでかと掲載されていますね。証券会社出身だそうですが、できればどこの証券会社名か記載して欲しいです…

FXB-Manual 【検証とレビュー】

ラインブレイクを極めた販売者 久々にまともな商材に出会いました。FXB-Manualです。 商材の内容ですが、ラインブレイク手法を解説した裁量マニュアルです。PDF(61ページ)と…

サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴

190万円の支払いをサイバーエージェントFXに求める裁判の判決が出た 非常に興味深い事件(裁判)の判決が出ました。裁判の名前は、「キャッシュバック金請求事件」(平成25年(ワ)第2…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その…

BINARY Capture 14’ 【検証とレビュー】

海外バイナリーオプション業者を使うBO商材 日本国内のバイナリーオプション規制がスタートしてからというもの、バイナリーオプション商材も息を潜めている印象です。特に、GMOクリック証…

3R-リアルFX
3R-リアルFX【検証とレビュー】評価・・・B

「3R-リアルFX」とはどんなFX商材か? 3R-リアルFXはボリンジャーバンド主役の半裁量半システム手法 トレード歴15年の「ヒサヨシ」氏によるFX情報商材をピックアップします。…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが…

【本日終了】ドラゴンストラテジー動画特典プレゼント企画

【今日消滅】初心者が月利300%を達成〜解説動画が無料 ドラゴンストラテジー販売者による「動画特典」が本日(7月17日 月曜日 23時59分)までとのことです。 ドラゴン・ストラテ…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実…

SocialFXが破綻

SocialFXが破綻 以前このサイトでご紹介したSocialFXという面白い試みですが、2014年9月16日に破綻していたようです。 約1ヶ月で+80%の利益を上げたFXの取引手…

乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖…

マーフィーのスパンモデルに”プレミアム版”登場

スパンモデルのプレミアム版が発売開始 マーフィーの最強スパンモデルFX投資法に、特別版(プレミアム)が登場しました。 スパンモデルの詳しいレビューは、以下の記事をご覧下さい。 マー…