Trading Made Simpleがシンプルで素晴らしい件

Trading Made Simpleという手法

今回も、前回に引き続き、海外フォーラムからの手法をご紹介します。Trading Made Simpleです。FOREXFACTORYのスレッドはこちらです。

まずはチャート画像をご覧下さい。

trading made simple01

ご覧の通り、非常にシンプルで見やすいチャートですね。

使用しているインディケーターは、主に2つです。メインチャートには、平均足と期間5の単純移動平均線(5SMA、黄色い線)です。※5SMAは、ローソク足2本分だけ右にシフトしてあります。

サブウィンドウ(チャートの下側)には、TDIという聞き慣れないインディケーターが表示してあります。TDIは、正確にはTraders Dynamic Indexという名称のインディケータです。

シンプルかつアレンジしやすいロジック

このTrading Made Simpleをご紹介する理由ですが、単に私好みの手法だからです。私が気に入っている点は、非常にシンプルであるということです。そして応用(アレンジ)しやすく自分好みに改良できる点です。

この手法の発案者であるeelfranzという方は、Trading Made Simpleの開発に、2年間を費やしたそうです。2年かけて、ここまでシンプルな形に洗練されたわけですね。

Trading Made Simpleのルール

それではルールを解説します。ルールといっても、非常にシンプルです。

買いのエントリー

  1. サブウィンドウのTDIの緑色ライン赤色ラインを上抜ける
  2. ローソク足2本以内に平均足がからに変わった場合のみエントリー

売りのエントリー

  1. サブウィンドウのTDIの緑色ライン赤色ラインを下抜ける
  2. ローソク足2本以内に平均足がからに変わった場合のみエントリー

手仕舞い

  1. TDIの緑色ラインが水平になった場合
  2. もしくは、平均足の色が変わった場合

ご覧のとおりルールもシンプルですね。

推奨時間足ですが、1時間足以上が推奨されています。ただ、15分足、30分足程度でも有効です。その場合は、チャートへの張り付きが必須となります。

実際にチャート(EURJPY 1時間足)で確認をしてみましょう。

買いエントリーの場合

チャート上のピンクの縦線(3本)の部分をご覧下さい。3つとも、TDIの緑ラインが赤ラインを上抜いていますね。TDIがクロスしてローソク足2本以内に平均足の色が変わっているので、「買い」でエントリーします。

次は「売り」のケースです。

売りエントリーの場合

同様に、ピンクラインの箇所をご覧下さい。TDIの緑ラインが赤ラインを下抜け(デッドクロス)しています。さらに平均足の色が青から赤に変わっていますね。

中央のピンクラインの箇所は、若干ダマシ的な感じですので、おそらく損切りになっているでしょう。

大きな時間足で方向性を確認した方が良い

非常にシンプルなTrading Made Simpleですが、ダマシを極力少なくするためにもより大きな時間足でのトレンドの方向を確認した方が良いと思います。

例えば1時間足でトレードするのであれば、4時間足のトレンドの方向を、平均足の色やMA(移動平均)の傾きなどでチェックをします。

そして、4時間足のトレンドと同調する方向にのみ1時間足でエントリーを行うようにすれば、より確度が高くなると思います。

TDIは非常に興味深いインディケーター

このロジックで採用されているTDI(Traders Dynamic Index)というインディケーターですが、私は3年位前にハマったことがあります。

日本では馴染みの薄いインディケーターですが、海外ではTDIだけでトレードしている方も多く、人気の高いインディケーターの1つです。

実際のTDI(Traders Dynamic Index)はもう少し複雑です。以下のチャートをご覧下さい。

TDI

サブウィンドウに表示されているインディケーターが、実際のTDIの姿です。今回ご紹介したTrading Made Simpleでは、TDIインディケーターの一部(緑と赤のラインのみ)を表示していたのですね。

実際のTDIには、赤と緑ラインに加え、ボリンジャーバンドのようなもの(青ライン)も表示されています。

このTDIを1日中眺めていると、とても面白いです。

FOREXFACTORYには、このTDIをメインにした様々なトレードアイデアが、たくさん投稿されています。気になる方は、試しにご自分のチャートに設定してみてはいかがでしょうか?何かアイデアがひらめくかもしれませんよ。

TDI(Traders Dynamic Index)は、ネットで検索すれば、無料でダウンロードできます。

 よく読まれている記事

バババババイナリー評価に対する「反論メール」が的を得ていない件

バババババイナリー 【検証とレビュー】その1 バババババイナリー 【検証とレビュー】その2 バババババイナリー 【検証とレビュー】その3 バババババイナリー評価に対するご意見を頂きました 以前ご紹介したバババババイナリー…

エッセンシャルFX【検証とレビュー】

エッセンシャルFXは、チャートマスターが販売元だ 株式会社チャートマスターは、金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。 登録番号:関東財務局長(金商)第2086号 このブログでもチャートマスターが販売してきたFX情報…

【衝撃】イタリアでバイナリーオプション禁止令

イタリアでバイナリーオプション禁止! なかなか衝撃的なニュースです。EU加盟国のイタリアがバイナリーオプションの禁止に踏み切ったようです。具体的には、イタリア国内で営業するバイナリーオプション業者のサイトをブロックすると…

投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センター関連の記事をアップしています。 コピー…

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げました。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Flash crash(瞬間暴落)の原因は定か…

良質なFXブログでも十分に学べる

良質な無料ブログでも学べる まだ自分の手法がそれほど確立されていないのであれば、勉強になる無料ブログをいくつか精読するところから初めてみてはいかがでしょうか? 良質なFXブログは、あなたの投資スキルの向上に必ず役立ちます…

600万円の含み損を抱えつつ「hawaii023劇場」はまだまだ終わらない模様

1億4000万円を失ってもなお果敢に攻めるhawaii023 前回の記事で、わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作るったhawaii023氏を取り上げました。 わずか30分間で1億4300…

FX投資塾タートルズから学ぶべきこととは?

”FX投資塾タートルズ”の流れを振り返る 先日の記事で、2010年頃にネットを賑わしたFX投資塾タートルズについて触れました。意外と反響があったので、もう少し掘り下げておきたいと思います。 というのは、最近になって、同じ…

GMOクリック証券11月4日より新バイナリーオプションのデモ取引スタート

新ルールBOスタート間近 バイナリーオプションの自主規制ルールに基づいた新BOが、どんどんリリースされていますね。2013年11月末には、新ルールへの完全移行が義務付けられています。 現段階での各証券会社のスケジュールを…

富豪ファミリープロジェクト第3期 【検証とレビュー】

富豪ファミリープロジェクト第3期は、セミナー形式による株式投資塾 読者様からの検証依頼が殺到している商材(塾)のご紹介です。 富豪ファミリープロジェクト 販売元の株式会社カーロットは、過去にFX関連の商材などもリリースし…

サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴

190万円の支払いをサイバーエージェントFXに求める裁判の判決が出た 非常に興味深い事件(裁判)の判決が出ました。裁判の名前は、「キャッシュバック金請求事件」(平成25年(ワ)第23093号)です。 出典:http://…

マナブ式FX完全マスタープログラム 【検証とレビュー】

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVを、自分で設定してみよう マナブ式FX完全マスタープログラム THVの使い方 マナブ式FX完全マスタープログラムに関する見解 まず、最初に申し上げたいのですが、斉藤学さんのトレー…