レボリューションバイナリー 【検証とレビュー】

一般公募したロジックで商材を作成

FX商材とは本来、確率的に優位性のある手法を使って実績を継続的に出しているトレーダーが、その手法を再現性のある形で提供することに価値があると考えています。その価値に対して、私たちは、高額の対価を支払うわけです。

ロジックに優位性が無ければ価値はないし、再現性がなくても価値はありません。短期的には勝てても、継続的に勝てなくては、意味がありません。FX商材に限らず、投資商材とは本来そうあるべきです。

ところで、今回ご紹介するレボリューションバイナリーは、ロジックそのものを公募しています。それを25,800円で販売するそうです。

公募したロジックを販売することに違和感を感じるのは私だけではないはずです。

検証期間は45日(実稼働は21日…)

レボリューションバイナリーのフォワード検証期間は45日です。7月18日から8月31日です(45日間)。そして実稼働は、21日間です。21日間の実稼働で利益がでているからといって、そのロジックの優位性が証明されたとはちょっと思いにくいですね。

もちろんバックテストは行っているようです。2012年1月~7月の7ヶ月間のバックテストです。半年ちょっとのバックテストです。

実稼働に耐えうるものなのかどうか、この点が非常に気になります。

一般公募ロジックから優秀なアイデアは生まれるか?

それにしても、一般公募のロジックをベースに商材を出すというのは勇気のいることだと思います。

総勢1万名超えの一般ユーザーから集まった1231通りのロジックの中から裁量のロジックを搭載したバイナリーオプション専用自動売買システム

私が本当に勝てるロジックを持っていたら絶対に提供しません。100万円積まれても提供しないでしょう。どうでもよい思いつきのアイデアであれば、提供するかもしれませんね。

仮に1万名を超えるユーザーが本当にロジックを提供したとしても、その中に優秀なアイデアはどれほどあるのでしょうか?

本当に優位性のあるロジックは、そもそも提供されないと考えるべきです。

新しい試みとしては非常にユニークですが、果たしてモノになるのか(商材としての体裁が整うのか)は不明です。

アイデアの融合は投資フォーラムでやるべき

ここからは一般的なお話です。投資アイデアの持ち寄りは、投資フォーラムなどで一般公開し、それぞれのアイデアに対して多くの人が様々な議論をするからこそ、意味がある(価値がある)と思います。

海外フォーラムのFOREXFACTORYを覗いてみてください。

どんなつまらないアイデアにも、様々な参加者が真剣に回答しています。優れたアイデアに対しては、多くのフォーラム参加者が自分の考えを述べたり、実際にそのアイデアを実践してみたりして、アイデアをマッシュアップしようとしています。

FOREXFACTORYで最も有名なシステムの1つであるTHVシステムなども、このフォーラムで生まれ、数年にわたって進化してきました。

たった一人のアイデアからスタートしたTHVシステムは、多くのユーザーによって検証が行われ、その結果を基に新しいアイデアが投稿されてきました。

そして、その新しいアイデアを別の参加者が検証をする・・・

そんな過程を繰り返しながら、THVシステムは進化してきたのです。(現在V4ヴァージョンまで改良されています)

FOREXFACTORYを見れば判ると思いますが、数年にわたって数万人規模のトレーダーが参加してもなお、本当に優位性のある手法は、簡単には生まれません。

それなのに、1231通りのロジックの中から選んだ手法で、わずか1ヶ月程度のフォワードテストを行っただけで、優れた自動売買システムが生まれるとは思えません。

レボリューションバイナリーの販売開始は9月12日から

レボリューションバイナリーは、9月12日から一般販売を行うそうです。販売ページそのものは、まだ全てを確認できません。

可能であれば、フォワード実績の取引明細などを公開して欲しいですね。少なくとも、7月18日から8月31日までフォワードで稼働させたのであれば、その取引明細を掲載して欲しいところです。証券会社の画面をキャプチャするだけOKです。

最低限でも実稼働21日分の取引明細を、是非とも掲載希望します。

公募したロジックの真価が問われる

どんな商材でも、偶然(たまたま)その時の相場がロジックに合致すれば、勝てるときがあります。どんな商材でもそうです。しかし、継続して勝つことは簡単ではありません。相場は常に変化しているからです。

その変化について行けない商材は、ことごとく破綻しています。

公募したロジックがベースのレボリューションバイナリーも、どれくらい優位性を発揮できるか見守りたいところですね。

 よく読まれている記事

ニュートンFXのロジックを解説【検証とレビュー】

ニュートンFX【検証とレビュー】 ニュートンFXのロジックを解説します 前回の記事に引き続き、ニュートンFXの検証レビューをおこないます。まずは専用のIDとパスワードでニュートンFX購入者サイトにログインをします。 購入…

モバイルバイナリー【検証とレビュー】

スマホトレード用シグナルシステム「Mobile Binary」を販売する投資助言代理業者 金融商品取引業者であるトレードサイクロン株式会社がバイナリーオプションツールを販売しています。 近畿財務局長(金商)第319号 ト…

ブックメーカー投資ソフトは聖杯なのか?

ブックメーカー投資は聖杯なのか? 過去の記事で、ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材を取り上げました。ワンナイトキャッシュについては、現時点で詳細不明ですので、同じ販売会社が過去に発売したブックメー…

【賞金総額100万ドル】FXの世界一を決めるトーナメントがXMで絶賛開催中

賞金総額は100万ドル=約1億円 海外FXブローカー「XM」が世界的なトレードバトルを開催しています。その名もXMのFXワールドチャンピオンシップ。賞金総額は100万ドル、日本円にして約1億円です。 予選ラウンド→準決勝…

Market Hunt System(MHS) 【検証とレビュー】

公(おおやけ)のフォワード成績以外、必要ない ロジック非公開のFX商材販売ページにおいては、様々な言葉を使ってツールの優位性が解説されています。そもそも、ロジックが非公開のシグナル配信ツールにおいて、販売ページでロジック…

hawaii023劇場【第二幕】▲4300万円の含み損の行方・・・

hawaii023の含み損が630万円→4100万円にまで拡大(汗) Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」の一人舞台はまだ続いています。 わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝…

100億円の被害か? FXファンド「リミットインベステージ」

虚偽説明で集めた100億円が消えた… ようやく金融庁が動いて表沙汰になってきましたね。証券取引等監視委員会からの連絡を受けて、金融庁がFX会社「リミットインベステージ」へ警告を行いました。 リミットインベステージは、90…

100円を目前にしたUSDJPYに気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されているEAにも少なからず影響を与えたようで…

殺人通貨「ポンド」の被害者の一人”堺商人”は1800万円を失う

1日で1800万円を飛ばした「堺商人」 ポンドの瞬間暴落(Flash crash) に関しては連日お伝えしていますが、新たな被害者がネットで話題になっています。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash cra…

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入しました

FXスキャル・パーフェクトシグナルを購入 インフォトップのFX部門ランキグ上位のFXスキャル・パーフェクトシグナルという情報商材を購入しました。販売元はクロスリテイリングです。このブログでもクロスリテイリングの商材はいく…

FXKousui Baggioが口座全損

GOLD KOUSUIに続き、FXKousui Baggioまで破綻か? 本日は読者様からの情報をもとに記事を書いています。 以前このサイトでも取り上げた金(ゴールド)専用の自動売買ツールGOLD KOUSUIですが、金…

投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか? FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか?特にFX情報商材を購入する層は、ほぼ1…