SIG FX 【検証とレビュー】

SIG FXについて

今回は、非常に問い合わせの多いSIG FX(シグ)を取り上げてみたいと思います。SIG FXは、いわゆるシグナル配信サービスです。

インフォトップやインフォカートで販売されているものではなく、独自課金サービスを採用しています。

SIGには、厳選されたトレーダー(配信者)が登録されており、会員になれば、自分でトレーダー(配信者)を選択して、その配信者のシグナルを受け取ることができます。

費用ですが、初月のみ31,500円、次月以降は21,000円です。配信者1人に対して21,000円(月額)が発生します。つまり、2人の配信者のシグナルを受けると、毎月42,000円発生することになります。

SIGは歴史(実績)のある配信サービス

SIG(シグ)は、かなり以前からスタートしている配信サービスです。配信サービスの中では、古い方ですね。2009年6月位からスタートしていますね。

サービス開始当初は、私はすぐ終了するだろうと思っていました。しかし、なかなか頑張っているようです。優秀な配信者が集まっているからでしょう。すでに4年目に入りますね(2012年7月現在)。

下積みからTOPトレーダーへ昇格する仕組み

SIGのシステムで面白いのは、1軍と2軍のトレーダーが在籍しているということです。

1軍のトレーダー(配信者)は、現在(2012年7月15日)21名在籍しています。1軍トレーダーの配信料は有料です(月額21,000円)。そして、2軍トレーダー(配信者)は、118名も在籍しています。2軍トレーダーの配信料は無料です。

1軍トレーダー(配信者)は、SIGトレーダー、2軍トレーダー(配信者)は、ネクストトレーダーと呼ばれています。

  • SIGトレーダー(21名)・・・有料配信(21,000円)
  • ネクストトレーダー(118名)・・・無料配信(0円)

2軍トレーダーの中から成績優秀者が、1軍に昇格するという仕組みですね。なかなか面白いと思います。

SIGトレーダーの成績はどうか?

SIGトレーダーの成績は、すべて掲載(公開)されています。たとえば、最古参配信者の「かわせりぐい」氏の成績は、2009年6月1日からの配信実績を確認できます。ちなみに「かわせりぐい」氏の成績はサイトによれば以下の通りです。

  • Total損益・・・12,747pips(内含み益402pips)
  • 取引回数・・・1,524件(内未決済6件)
  • 平均ポジション保有時間・・・1,216分
  • 月間平均取引回数・・・40回
  • 月間平均獲得pips・・・325pips
  • 1トレード平均獲得pips・・・8pips
  • 最大負け幅・・・▲220pips

上記データを見れば、トータルの成績はすばらしいですね 。

他のSIGトレーダーの実績もなかなかのものです。インフォトップやインフォカートで配信サービスをしている方々よりも、よっぽど実績があり、信頼できそうです。

シグナル配信サービスの難しさとは?

かわせりぐい氏の成績は、トータルで見ればすばらしく、評価できると思います。

ところで、下のグラフは、かわせりぐい氏の直近1年間の損益推移グラフです。

SIG成績

このグラフを見ると、ちょっと様相が変わってきます。結構上下に振れていますね。特に、2011年の8月後半から10月にかけては、大きく下げています(ドローダウン発生)。

たまたまこのタイミングで配信を受け始めたユーザーは、精神的に苦しかっただろうと想像できます。その後、今年(2012年)の4月頃までは、一進一退の攻防が続いています。そして、4月後半からグンと伸ばしています。

長期的に見れば、損益グラフは右肩上がりですが、数ヶ月スパンで見ると、厳しい時期があるのがわかりますね。

わかりやすくドローダウン時期のみ強調してみましょう。

かわせりぐい氏のドローダウン時期

この点がシグナル配信サービスの難しいところです。サービスを受け始める時期によっては、上昇気流に乗れるときもあれば、運悪く下降気流(ドローダウン)に乗ってしまうときもあるということです。

サービス開始時期が、たまたまドローダウンのタイミングに重なってしまえば、継続することは大きな精神的苦痛を伴います。

(このまま成績は戻らないのでは?)
(継続すればするほど、損失が膨らむ?)
(他の配信者にすれば良かった?)
(過去の実績は、たまたまなのか?)
(この配信者の手法は、もはや通用しないのでは?)

様々な思い(不安や懸念)が頭をよぎります。

例え過去の成績が良くても、今現在の成績が振るわなければ、毎月21,000円を払い続けて継続することは困難でしょう。21,000円の配信料だけでなく、トレードでの損失も膨らむわけです。

他の成績優秀者のグラフも見てみましょう。以下のグラフはどらいち氏の過去1年間の損益推移グラフです。

SIGどらいち氏の成績推移

素晴らしい成績ですね。

しかしながら、一部停滞時期(11年9月~10月末頃、11年1月~4月末頃)が確認できます。この時期は、配信者もユーザーも苦しかったと思います。もう少しわかりやすく、グラフの一部を強調してみましょうか?

SIGどらいち氏の成績推移その2

この苦しい時期を我慢して、配信者を信じて継続できたユーザーだけが、利益を享受できたということになります。この点がシグナル配信サービスを継続することの難しさです。

どうすればシグナル配信サービスを継続できるか?

負けが続いたとき、勝てないときに、自分の中にわき起こる不安や疑念、恐怖に打ち勝てるかどうか?この不安や恐怖に打ち勝つには、1つしか方法がないと思います。

それは、ポートフォリオを組むことです。つまり、この配信サービスのみに依存をしないということです。資金の全てを、たった1つの配信サービス(配信者)に賭けると、ドローダウン時の不安に負けてしまいます。それを避けるために、配信サービスに対しては、資金の一部だけを振り分けることです。さらに、レバレッジは、極力下げることです。

極論ですが、最悪、資金がゼロになってもかまわない、という気持ちを持てる程度の資金を、振り分ければ良いでしょう。

そうすれば、たとえドローダウンが発生したとしても、精神的に持ち堪(こた)えられると思います。

しかし・・・

しかしながら、その程度の資金配分かつ低レバレッジでは、たとえ勝ち越したとしても月額シグナル配信料(21,000円)すら回収できない可能性があります。

つまり、数十万円程度の総資金を持っているくらいならば、シグナル配信サービスを継続して利益を受け取ることは難しい、ということになります。

数千万円程度の資金を持っていて、そのうちの100万円程度(2~3%)をシグナル配信サービスに振り分けられる方であれば、低レバレッジでも、成績優秀なシグナル配信サービスを受けるメリットはあると思います。

低レバレッジでまとまった資金(と言っても総資金の数パーセント程度)を、優秀なシグナル配信サービスで運用すれば、月額配信料を払っても十分な利益が見込めるでしょう。たとえドローダウン時でも、不安や恐れを抱くことは少ないはずです。

残念ながら数十万円~100万円程度の資産を持つユーザーが、その数パーセントを振り分けて低レバレッジで運用しても、月額配信料すら回収できないということになります。

逆に、資金配分を増やしかつレバレッジを高くすれば、利益も増えますが、ドローダウン時のダメージも大きくなります。当然、精神的にも継続が困難になるでしょう。

メリットを享受できるのはお金持ちだけ

SIG(シグ)は、すばらしいサービスだと思います。実績のある配信者も多く、その成績は常に公開されているため、透明性も確保されています。さらに、お試し的にネクストトレーダーの配信は無料で受けられます。

しかしながら、どんなに成績優秀な配信者であっても、ドローダウン(成績不振の時期)は必ずあります。継続して配信を受け続けるためには、不安に打ち勝つ強靱な精神と、巨額の資金が必要となります。巨額の資金の一部を低レバレッジで運用することで、ドローダウン時の不安は低減されるからです。月額配信料も十分に回収できます。

つまり、月額21,000円の配信料を回収しつつ、継続して利益を上げるためには、それなりの額の資金が必要ということになります。

極論ですが、シグナル配信サービスはお金持ちのためのサービスなのです。お金がない人は、シグナル配信サービスのメリットを享受することは難しいでしょう。

また、このサイトで何度も述べていますが、シグナル配信サービスを受けてもあなたの投資スキルは1ミリも向上しません。それらの点を十分に理解した上で、シグナル配信サービスを利用するべきでしょう。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法 【検証とレビュー】

6年以上売れている超ロングラン商材 マーフィーの最強スパンモデルFX投資法ですが、かなり前から販売されている商材ですね。登録日が2008年7月14日ですので、今年の7月で5年目に入ります。時々ランキングにも上がってきます…

Flash Zone FXの販売終了まであと12時間

【残り12時間】Flash Zone FX販売終了へ いよいよFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)の販売終了まで1日を切りました。終了時刻は10月1日の午前2時。つまり今日の深夜2時です。 Flash Zo…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その4

井手式7daysFXの特典動画をご紹介 本日は井手式7daysFX販売者様より、特典動画をご提供いただきましたので、ご紹介したいと思います。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その1 井手式7daysFX 【検証と…

ヒロセ通商がバイナリーオプションへの対応を発表

業界「第9位」のヒロセ通商の開示データ 預かり残高業界第9位(2012年8月データ)のヒロセ通商が、バイナリーオプションへの対応をWEB上で発表しました。 【ヒロセ通商】バイナリーオプション取引 規制骨子と当社における対…

与沢翼さんの会社が税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ

与沢翼さんの会社”フリーエージェントスタイル”が資金ショートに陥る もうみなさんご存知だと思いますが、情報商材界の超大物与沢翼さんの会社フリーエージェントスタイルが資金ショートを起こし、その経緯をブログにて報告されていま…

ゆるスキャDX 【検証とレビュー】

ゆるスキャDXはEURUSD専用のシグナル点灯ツール ゆるスキャDXは、EURUSDを推奨通貨ペアとした、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツール(インディケーター)です。使用する足は1分足ですので、スキャルピングですね。…

山本有花 FXトレーディングサロン【検証とレビュー】

FXで勝率100%=損切りしない手法という「オチ」 山本有花さんといえば過去にステイブルバイナリーを始めとした様々なFX(BO)商材をリリースしてきた女性トレーダーですね。 今回は「結論 負けないトレードが最強」と銘打っ…

FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる

勝率理論値100%とされるFX裏技攻略塾TPSの手法を勝手に推測してみた 強烈なインパクトを放つFX裏技攻略塾TPSですが、その手法は謎に包まれています。 FX裏技攻略塾TPS第3期の販売価格は驚きの49万8000円〜 …

【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 2013/10/24 17:54 松井証券の松…

30歳で年収1000万円超の企業一覧【隣の家の芝は青かった】

30歳で年収1000万円に達する企業とは? 転職情報サイトVorkersが30歳で年収1000万円を狙える企業を発表しました。30歳で1000万円というのは、エリート中のエリートといえるでしょう。人生の勝ち組と言って良い…

デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証する

デブトレFXを購入しました ”デブトレFX”はシンプルだが決して侮れない デブトレFXにおけるNYダウ平均とUSDJPYの正の相関性を検証 最近、デブトレFXに関して問合せが増えています。その大半が、NYダウ平均とUSD…

コピートレードのトラブルと和解事例

コピートレードの課題(問題点) コピートレードが相変わらず流行っています。最近も全コピFXというコピートレード商材が販売されたばかりですね。 全コピFXの記事を見る ご存じの方も多いと思いますが、コピートレードの課題は配…