FX24リアルトレード!24グランプリを知っていますか?

第2回リアルトレードコンテストが開催された

鉄板マスタートレンドを販売しているMR.コージ氏が、米国カレンシー選抜トレーダーであるという話を聞いて、ちょっと思い出したことがあります。(MR.コージ氏と直接関係のある話ではありません)ちょっと古い情報で恐縮なのですが、知らない人もいると思いますので、記事にしてみました。

インヴェスト証券が開催している、FX24リアルトレード!24グランプリというFXトレードの大会をご存じでしょうか?簡単にいえば、リアルトレードのコンテストですね。

2011年に第1回・第2回のコンテストが開催されました。第2回の開催期間は、2011年9月1日~11月30日の約3ヶ月間でした。

FX業界の著名人が参加した大会

24グランプリは、FX業界でも有名なトレーダーが参加することで注目されていた大会です。たとえば、

GFF氏

10万円を6億円にした伝説のトレーダー

三空氏

投資家&FXセミナー講師

だいぱぱ氏

”だいぱぱ手法”の開発者、最近「FX戦略的ナンピン投資法」という書籍を出版

だいまん氏

(有)フォレックス・ラジオ 代表取締役 元為替ディーラー

鈴木隆一氏

元為替ディーラー、FXセミナー講師、書籍多数、DVD多数

スノーキー氏

大阪在住のトレーダー・FX芸人

なかなか蒼々たるメンツです。FX業界ではそれなりに有名な方々ばかりです。書籍を出されたり、FXセミナーなどでも引っ張りだこの著名人です。(中には、高額セミナーを開催されている方もいます)

さて、彼らのリアルトレードの結果はどうだったのでしょうか?

リアルトレードで晒された彼らの実力は?

彼らの大会での実績は、すべて公表されています。

先ほど挙げた著名人の成績は、驚くことに、すべてマイナスです。見事な右肩下がりの成績ですね。

GFF氏の成績 三空氏の成績 だいぱぱ氏の成績 だいまん氏の成績 鈴木隆一氏の成績 スノーキー氏の成績

特に、三空氏の負けっぷりは突出していますね。負け金額もすごいですが、取引量も凄い枚数です。FX業界では、最も名前が売れていると思われる三空氏が、著名人トレーダー21人中最下位という残念な結果です。

ついでに第1回の結果も見てみる?

ついでに第1回大会の著名人トレーダーの成績も見てみましょう。第1回大会は、2011年5月6日~7月29日で開催されています。

第1回24グランプリの主要サポーター 最終結果

  • 株之助 氏      損益:▲73,681円 取引枚数:1,082枚
  • 為替兎 氏      損益:▲25,055円 取引枚数:7枚
  • 三空氏    損益:▲1,625,064円 取引枚数:310,244枚
  • 鈴木 隆一 氏  損益:▲102,139円 取引枚数:2,098枚
  • スノーキー 氏  損益:2,516円 取引枚数:4,724枚
  • だいまん 氏  損益:▲430,417円 取引枚数:15,274枚
  • だいぱぱ 氏  損益:▲79,522円 取引枚数:2,598枚
  • 若林 史江 氏 損益:▲11,511円 取引枚数:1,020枚

第2回に参加されているトレーダーのうち、三空氏、だいぱぱ氏、だいまん氏、鈴木隆一氏は、マイナスです。第1回でも、三空氏の突出した負け(と枚数)が目立ちますね。

株之助氏、若林史江さんは、株式トレーダーとして有名な方ですね(マイナスですが・・・)。

それから、為替兎氏もブロガーとして有名で、商材も出されていましたね(マイナスですが・・・)。

この現実をどうみますか?

この残念な結果をあなたはどう思われますか? 第1回から参加していて、第1回・第2回と連続して負けているということは、半年(6ヶ月)にわたって負け続けているということになります。なんだか背筋が寒くなりますね。

  • たまたま半年にわたって負け続けたのか?=相場が悪かった?
  • それともトレードに問題があるのか?=トレードが下手?
  • もしくは公開トレードのプレッシャーなのか?

・・・どちらでしょうか?これ以上語るのは止めましょう。気になる方は、「24グランプリ」で検索してみて下さい。

結論:著名な人でもトレードの実力は・・・

メディアで有名なトレーダーでも、ご覧の通り本当の実力はよくわかりません。ましてや商材販売者の、トレーダーとしての本当の実力は、もっとわかりません。肩書きや、メディアへの露出度などでは、本当の実力を推測することは非常に難しいということです。

書いてあることを鵜呑みにすることなく、疑ってかかるくらいの気持ちで商材をチェックしていく必要があります。

悪質商材の販売ページには、多くのウソが巧妙に仕込まれています。気をつけましょう。

 よく読まれている記事

AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウトに優位性はあるか?

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトに優位性はあるのか? 前回の記事でAmbushFXと類似する手法として、アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトをご紹介しました。 Ambush…

アルケミーシステムはやっぱり”ハイロー”のバイナリーオプションだった

 アルケミーシステムはAndroidのファイナンス系アプリ「HighLow Binary Options」だった 先日ご紹介したアルケミーシステムですが、やはりバイナリーオプション…

カリスマ主婦『池辺雪子』の倍加テク 【検証とレビュー】

FXで8億円以上の利益を上げている現役トレーダーの新商材 今回ご紹介するのは、池辺雪子さんの倍加テクという商材です。池辺雪子さんといえば、あの有名な巨額脱税容疑で起訴された主婦です…

ヒルズバイナリー(FX MAO)【検証とレビュー】

ヒルズバイナリーの推薦者であるFX孔明氏 ヒルズバイナリーの推薦者は、一部の商材でよく見かける人ばかりですね。 販売ページを見てみる その中のお一人、FX孔明氏については、このブロ…

ボリンジャーバンドブレイクアウトの優位性と「FXスキャルパーフェクトシグナル」

FXスキャル・パーフェクトシグナルと”ボリバンブレイクアウト” 最近検証しているFXスキャル・パーフェクトシグナルですが、ロジックのベースはボリンジャーバンドブレイクアウトです。ボ…

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか? 投資家集団オプザイルが…

【全世界で第1位】ストラテジーの最高峰「MultiAgent」のシグナル配信がスタート

年間収益率439.96%と驚異的な成績を誇る「MultiAgent」 昨年(2016年)、世界でもっともストラテジー数を揃えたとされるインヴァスト証券の「シストレ24」にて、年間ア…

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集・・・

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集(先行販売枠) 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールがわずか2時間で150名の定員に達して募集締切を…

ユダヤ式バイナリーオプション アルティメット 【検証とレビュー】

22万8000円の自動売買システム ユダヤ式バイナリーオプション アルティメットは、GMOクリック証券専用の自動売買システムです。販売価格は22万8000円です。かなりの高額商材で…

TFAI インパルス 【検証とレビュー】

TFAI インパルスはコピートレード TFAIインパルスは、コピートレードシステムです。TFAIアジア統括プロデューサーは、池田秀樹氏という人物です。池田秀樹氏の会社、NetWay…

バイナリーエクスプレス 【検証とレビュー】

総獲得金額 4億614万円 小笠原さんのバイナリーエクスプレスですが、 わずか3年で4億614万円を獲得したそうです。掛け金1万円が、3年で4億円になったということです。単純に計算…

大市民流FX資産構築メソッドが価格改定

大市民流FX資産構築メソッドが値下げ 先日レビューした大市民流FX資産構築メソッドの販売価格が改訂され、かなりお求めやすい値段となっています。 販売当初:64,800円 現在の価格…