バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは?

   2015/01/15

関連記事:
>>バイナリーオプションは本当にフェアか?
>>バイナリーオプションの危険性
>>バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)
>>投資とギャンブルの”境界線”
>>バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ
>>バイナリーオプションよりもTOTO-BIGをお薦めする理由

バイナリーオプションは「投資」ではない

この検証サイトでは、バイナリーオプション系の商材を高く評価していません。なぜなら、バイナリーオプションは「投資」ではないと考えているからです。(個人的見解です)

何度も述べていますが、私にはバイナリーオプションは「投資」とは思えません。極めて「ギャンブル」に近いゲームです。

オンラインカジノのゲームとして楽しむのであれば、非常にスリリングで高揚感もあり、面白いと思います。ご自身の余剰資金(なくなっても良いお金)で遊ぶのであれば、競馬やスロットと同じ感覚で、暇つぶしができると思います。

バイナリーオプションでは、長期的に資産を増やせない

バイナリーオプションは、ギャンブル性の高いゲームですので、その認識があれば楽しく遊べると思います。

しかし、バイナリーオプションで投資をしているという感覚を持っていたら、極めて危険です。バイナリーオプションで長期的に資産を増やそうなどと、決して思わない方が良いと思います。

私はバイナリーオプションをしません。理由は明白です。FXよりもはるかに勝ち続けることが難しいと考えるからです。

その点をこれから説明していきます。

半丁バクチの期待値をご存じですか?

2つのサイコロを振って、その合計数字が偶数か奇数かを当てるゲーム。それが一般的な、半丁博打(バクチ)です。テレビの時代劇などでもおなじみのギャンブルですね。

半丁バクチで現れる数字は、1+1=2 から 6+6=12 までの組み合わせがあります。2つのサイコロを振って、偶数・奇数の現れる確率は50%です。(ちなみに奇数は「半」、偶数は「丁」です)

実際の半丁バクチには、特定の出目の組み合わせによる「役」がありますが、ここでは話を簡単にするために「役」は除外します。

さて、ご覧の通り、半丁バクチは、確率2分の1のゲームに見えますね。

勝負をすればするほど、確率論における「大数の法則」によって勝率は50%に近づきます。この時点での期待値は、プラスマイナスゼロです。

胴元の存在が、期待値をマイナスにする

ところが、話はそんな簡単ではありません。どんなギャンブルにも胴元が存在します。胴元とは、そのゲームを仕切っている(支配している)人間です。

彼らは、ゲームの場を提供する代わりに、テラ銭(手数料)を徴収します。ゲーム参加者は、勝負する毎にテラ銭胴元に支払います。

このテラ銭が存在するために、参加者の期待値はマイナスになります。期待値マイナスのゲームを続ければ続けるほど、参加者は損をする仕組みです。

儲かるのは胴元のみ。 半丁バクチの期待値は「マイナス」ということを覚えておいて下さい。

瞬間的には勝てるかもしれませんが、期待値がマイナスのゲームを続ければ、大数の法則により確実にあなたの資金は減っていきます。

これは数学的にも証明されています。

大事なことなので、もう一度述べます。

期待値がマイナスのゲームを続ければ、長期的には資金が減っていきます。

バイナリーオプションの期待値は?

バイナリーオプション(為替オプション)で、一般的なゲームであるHIGH&LOWは、極めて半丁バクチに似ています。

HIGH&LOWのルールを確認しましょう。

  • 賭ける方向は2つ(HIGHかLOW)
  • テラ銭は10%前後(レンジに入る確率等)
  • 勝てば2倍(だが、テラ銭が引かれる)
  • 負ければ、掛け金は没収

ざっくりですが、こんな感じですね。 それでは期待値を計算してみましょう。

とりあえず、ここでは勝率を50%とします。つまり、HIGH・LOWに振れる確率が2分の1です。

そして、テラ銭(手数料)を10%とします。

勝負に勝った場合のリターンは、

(100%-10%)×0.5

勝負に負けた場合は、

-100%×0.5

となります。

期待値を計算します。

(90%×0.5)+(-100%×0.5)= ー5%

ご覧の通り、期待値はマイナスですので、勝負を続ければ続けるほど負けることになります。

つまりバイナリーオプションにおいて勝率が50%では、期待値がマイナスであるため、確実に負けてしまうということになります。

期待値をプラスにするためには、勝率を上げるしかない

そこで重要になってくるのが、「勝率」です。勝率50%では手数料(胴元)の存在によって期待値がマイナスになるので、勝率を上げていく戦略が絶対的に必要になります。

コイントスのような賭け方ではなく、相場の流れを読んでランダムではないタイミングを見極めて、ベットしていく必要があるわけです。

短時間に勝負が決まり、かつ、絶対的に50%超の勝率が必要であるということ、これは極めて高度な戦略が必要であるということを意味します。

勝率50%を超えることは、簡単ですか?

「勝率50%を超えることなんて簡単だよ!」とおっしゃる方もいるかもしれません。

時間の制約がなければ、それほど難しくないかもしれません。しかし時間が制約されている中でレートの動きを見極めることは、極めて困難です。

長期的には上昇トレンド(あるいは下降トレンド)の流れであっても、そこには必ずノイズがあります。短時間での勝負が求められる場合、これらのノイズを予測することは極めて困難です。

特に最近流行(はやり)の、10分後のレートの状態を当てるような勝負では、ノイズが大きく影響してきます。強いトレンドが発生している、もしくは、サポレジに跳ね返されたなど、レートが一方向に動きやすいような相場においても、必ずノイズが存在します。

誰もが経験あるはずです。レートが一方向に動くような相場でも、一時的にレートが戻されることは良くあることです。その戻しのタイミング予測できますか?

バイナリーオプションは、短時間での勝負が求められます。つまり、ノイズを予測しろ、と言われているようなものです。あなたは、50%を超える確率ノイズを予測できますか?

FXよりも高度な戦略が必要

短時間で勝敗が決まり、かつ期待値をプラスにするために、勝率50%を超えることを求められるゲーム・・・それがバイナリーオプションです。

はっきり言って、FXよりも難しいと言えます。

FXであれば、勝率が50%を割っていても勝つ戦略を取ることもできますし、時間的な制約も少ないため、一時的に含み損を抱えても、その後レートが戻してプラスに転じる可能性も十分にあります。

FXトレードには、多くの要素が存在するため、柔軟性も高く、戦術や戦略も多岐にわたります。ノイズを予測するような難しいことは求められていません。

「バイナリーオプションはFXよりも簡単です」
「バイナリーオプションは初心者でも勝てます」

などと説明している証券会社や商材屋が多いですが、実態は、全く逆です。

バイナリーオプションは、柔軟性が無く、時間的な制約もあり、さらに、50%を超える勝率を長期的に維持することが求められる、非常に難しいトレードなのです。

まさに、ノイズを予測するゲーム(ギャンブル)です。

商材によっては、勝率をカバーするために、倍掛けマーチンなどの戦略を取り入れているものもありますが、掛け金の上限が決まっていることが多いため、非現実的な戦略であり機能しません。

バイナリーオプションを投資として考えるならば、初心者向きではなく、むしろ投資上級者向きと言えるでしょう。

しかしながら、投資上級者でバイナリーオプションに手を出す人は少ないと思います。なぜなら、上級者であれば通常のFXの方が勝ちやすいからです。

優位性のある投資ロジック(手法)という戦略だけでなく、相場の背景を読み取るという大局的な戦術も使えるからです。

わざわざ難しいバイナリーオプションに取り組む必要はありません。

バイナリーオプションは、勝負が早く、50%を超える勝率を求められるため、長期的に勝つためには、極めて高度な戦略を求められます。

私が、バイナリーオプションはギャンブルである、と考える理由はここにあります。

常に、高度な戦略を求められるバイナリーオプションで、長期的に勝ち続けることが難しいため、結局ギャンブルになってしまうということです。

単純なゲームほど、難しい

もっとわかりやすく説明してみます。(ちょっと無理があるかもしれませんが、「例え」として読んで下さい)

たとえば、コイントスというゲームがあったとします。コイントスゲームは、表と裏を当てるゲームです。

とても単純なゲームですが、このゲームで長期的に勝ち続けることは極めて困難ですね。

じゃんけんゲームも同様です。単純なじゃんけんゲームで勝ち続けるのは難しいということは、誰でもわかると思います。

勝負が早く、事前に得られる情報(要素)も限られているため、戦略を立てることが困難です。

戦略よりも「運」に左右されがちになります。

一方、ポーカーやブラックジャック、麻雀のようなゲームはどうでしょうか?勝敗を左右する要素が、じゃんけんゲームやコイントスゲームよりも、はるかに多いですね。

もちろん運もありますが、配られる手札(牌)を元に、カード交換や、カードカウンティング、相手(ディーラー、他のプレーヤー)との心理的な駆け引きなど、単純なゲームに比べて様々な要素が複雑に絡み合います。

そこに、各プレーヤーの「戦略」「戦術」が生きてくるわけです。

※余談ですが、カイジの「限定じゃんけん」も同様ですね。

極論ですが、勝敗を決める要素の多さ、勝敗のスピードを比較すると、バイナリーオプションはじゃんけんゲームやコイントスゲームに近く、FXは、麻雀、ポーカーやブラックジャックに近いと言えます。(あくまで、「例え」です)

どちらもゲームですが、スキルを磨くことで勝ちやすくなるゲームは、どちらでしょうか?

経験値スキルによって勝敗が左右されやすいゲームは、どちらでしょうか?

勝負が早く、常に50%を超える勝率を求められるバイナリーオプションは、戦略や戦術が立てにくく、結果的に「運」に左右される部分が増えてしまいます。自分のスキル(戦略や戦術)を勝負に反映させにくいゲームです。

バイナリーオプションが、ギャンブルに近いという私の考えは、上記によるものです。

ですので、バイナリーオプションは、ギャンブル(ゲーム)として楽しんだ方が良い、というのが私の一貫した考え(主張)です。

もちろん、私の考えに異論・反論がある人もいるとは思いますが、こうした考えもあるということで、この記事を読んでいただきたいと思っています。

バイナリーオプションは ”ノイズを当てるゲーム”

バイナリーオプションは、投資ではなく、相場のノイズを当てる(予測する)ゲームです。これこそが、バイナリーオプションの「本質」であると考えています。

10分後のノイズ(レートの振れ)が、現在の値よりもHIGHなのか、LOWなのか?それを当てるゲームとして楽しみましょう。

決して「投資」などと思わないことが、身のためです。

関連記事:
>>バイナリーオプションは本当にフェアか?
>>バイナリーオプションの危険性
>>バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ)
>>投資とギャンブルの”境界線”
>>バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ
>>バイナリーオプションよりもTOTO-BIGをお薦めする理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界
【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界

「カジノ法案」が今国会で成立する IR推進法案、いわゆるカジノ法案がいよいよ大詰めを迎える。日経新聞によれば、今国会での成立を目指しているとのこと。 カジノ法案、今国会成立を確認 超党派議連 2016/9/29 20:2 […]

金融庁バイナリーオプションルール改正
金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁によるBO規制が正式発表された! ちょっと衝撃的な記事です。2013年4月21日付けのウォールストリートジャーナル(WEB版)の記事です。 金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一で予想するデリバティブ(金融派 […]

投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウンが始まる
投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性

ねずみ講的な勧誘で100億円ものFXファンド資金を集めた「シンフォニー」 先日話題になった逮捕速報年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕への続報です。 このニュースは、高配当FXファンド(年36%)と称して総額100 […]

hp_47416
バイナリーエクスプレス 【検証と評価】

総獲得金額 4億614万円 小笠原さんのバイナリーエクスプレスですが、 わずか3年で4億614万円を獲得したそうです。 掛け金1万円が、3年で4億円になったということです。単純に計算しても、4万倍(40,000倍)です。 […]

セブンインベスターズ行政処分
セブンインベスターズに業務停止命令

セブンインベスターズに業務停止命令 先日、イニシア・スター証券が登録取り消し→破産開始手続きとなった話題をアップしました。 >>イニシア・スター証券が、かなり悪質である件 イニシア・スター証券に限らず、まだま […]

キプロス金融危機
キプロスがEUを離脱すれば、FX業者は大打撃!

預金の25%が棒引き(課税)される! キプロスの預金封鎖第一報から、すでに1週間経過しました。 >>”キプロスで預金封鎖” の余波 >>キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー >&gt […]

ボリ平式バイナリーオプション
ボリ平式バイナリーオプション講座 【検証と評価】

ボリ平さんが商材販売 ボリ平さんの商材が、業界を賑わせていますね。ボリ平式バイナリーオプション講座(248,000円)です。ボリ平さんについては、古くからブログをチェックしていましたのでよく知っているのですが、まさか商材 […]

ライントレード商材を比較
MetaTrader(メタトレーダー)はもっと評価されるべき

MetaTrader、使ってますか? 言わずと知れたMetaTrader(メタトレーダー)。 FXシステムトレードには欠かせないと言っても過言ではないほど、充実したプラットホームです。 数年前までは、海外ブローカーや一部 […]

3ヶ月で「億」到達!現役大学生が使ったマタフとは?
3ヶ月で「億」到達!現役大学生が使ったマタフとは?

現役大学生がFXで「億」稼ぐ! 現役大学生でFXトレーダーの「タカシ」氏が、ハーバードビジネスオンラインで特集されていた。タイトルは、「ポンド売りでバカ勝ち!」とある大学生が億を稼いだ理由だ。 わずか3ヶ月で億の大台を達 […]

海外ブローカーに注意
FX情報商材業者やアフィリエイターが金融商品取引法違反行為で捕まる日が近い!?

関東財務局が海外ブローカーに対する注意喚起をおこなっています 2014年6月19日に、関東財務局がWEB上で、「海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!」という注意喚起をおこないました。 >> […]

ライントレード商材を比較
FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 >>松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ >>松井証券社長、敗訴のコメントが意味 […]

中国金融機関デフォルト危機
今週末は注意が必要、中国で何かが起きるかも・・・

約24兆円(1兆5000億元)の償還が焦げ付く? ご存知の方も多いと思いますが、中国の金融機関がヤバそうです。 6月下旬(今週)に、約24兆円を超える中国の高利回り金融商品が、償還の期日を迎えます。ところが、中国の一部の […]