タイムゾーンブレークアウト 【検証とレビュー】

MAX氏のブレイクアウト系商材

タイムゾーンブレークアウトは、6月1日に発売以来インフォカートランキングで常に上位にありますね。ロジック考案者のMAX氏は、これまでにも数多くの商材を出されています。MAX氏の名前を冠した商材は、販売中のものだけでも7つあります。

  • タイムゾーンブレークアウト~MaxSystem~
  • タイムゾーンストラテジー マルチカレンシー版【MaxSystem】
  • OTSストラテジー【MaxSystem】
  • タイムゾーンストラテジー【MaxSystem】
  • Maxの勝てる!システムトレード入門【本格システムトレード教材】
  • ローソクを使ったシンプル手法!キャンドルスティックFXⅡ
  • MaxSystemFX-Second Stage-

わずか5年の間に7商材をリリースです。精力的ですね。

ブレイクアウトの初速を捉える”スキャルピング”

タイムゾーンブレークアウトは、その名の通りブレイクアウト系のロジックがベースです。最近、ブレイクアウト系(ライントレード)のFX商材が増えています。ゴールデンスパイダーFXや、FXBーManualなどもそうですね。

タイムゾーンブレークアウトが、他のブレイクアウトと異なるのは、スキャル系のブレイクアウトであるという部分です。

一般的な、ブレイクアウトの手法であれば、ブレイク後の、大きな動きをまるまる取ってしまおうという考えです。つまり一旦ブレイクすると、ブレイク終了まで一定期間ポジションを保有することになります。

しかし、タイムゾーンブレークアウトでは、ブレイク後に、比較的短時間で手仕舞いをします。つまり、ブレイクの初速を捉えるスキャルピングとも言えます。当然、利幅も小さくなります。利幅が押さえられるため、損切り幅も必然的に小さく設定されることになります。このあたりは、好みが分かれるところですね。

ダマシ回避には時間帯でフィルタリング

ブレイクアウト手法は、ダマシが多い代わりに、一度のトレードで、利幅を大きく抜けるところに魅力がある手法です。

しかしタイムゾーンブレークアウトでは、利幅が限定されます。そうすると、ダマシをいかに回避するか?という点が、非常に重要になってきます。せっかく利益を出しても、ダマシ多発では、トータルでマイナスになってしまうからです。

タイムゾーンブレークアウトでは、ダマシを回避するために、時間帯を絞る(フィルタリングする)という工夫がなされています。特定の時間帯における、特徴的なレートの動きのみに絞って、ブレイクアウトを仕掛けます。要は、ブレイクアウトしやすい時間帯のみに絞り込むということです。

無裁量であればEA(自動売買)化して欲しい

販売ページでは、無裁量という点が強調されています。

無裁量で誰でも同じように行えるスキャルピングシステムとなっています。

(中略)

マニュアルでは、Max氏の考案したオリジナルの無裁量システムトレードをメインに解説しています

(中略)

さらにエントリー、ロスカット、リミットは、明確に事前に分かりますので指値注文が可能です。

(中略)

無裁量で勝てるシステムと仕上がっています。

(中略)

無裁量で行った場合の成績をご覧ください。

(中略)

無裁量のスキャルピングシステムとして非常に優秀な成績を収めていることは一目瞭然ですよね。

(中略)

やはり目玉は後半の無裁量システムということになるでしょう。

(中略)

無裁量で利益を上げることができるシステムを開示しているのは、MaxSystem以外ではほとんどないだろうと思います。

タイムゾーンブレークアウトは、販売ページにある通り、エントリー、エグジット、ストップ、全てが明確な「無裁量ロジック」です。

つまり、自動売買(EA)にすることが可能であるということです。自動売買化(EA)すれば、このロジックの優位性が簡単に判明します。

EAも同時に提供して頂けるとユーザーにとっては嬉しいですね。ロジックも分かっているわけですから、ユーザーの投資スキルの向上にもなると思います。無裁量で、販売ページに記載されているような成績が出せるのであれば、相当優位性のあるロジックであると考えられす。

無裁量のブレイクアウトに優位性があるか?

一般的に、ブレイクアウト系のEAは、なかなか勝てないと言われています。裁量を入れずして、勝てるブレイクアウトロジックは、私自身ほとんど知りません。

ブレイクアウトは王道手法であり、短期的な優位性はあります。しかしダマシも多く、そのダマシをいかに回避するか?という部分に、裁量判断が必要とされるケースが多いです。相場の背景を読み取ったり、大きな時間足の方向性を確認したり、ファンダメンタルズをチェックするなどの裁量判断です。

また利幅をいかに伸ばすか?という部分においても、裁量スキルが必要とされます。極限まで利益を伸ばすには、レートの勢いや、注目ポイント(支持・抵抗線、00ポイントなど)の確認など、チェックする項目は多岐にわたります。

つまり、ブレイクアウトは裁量スキルを磨くことでその真価を発揮するロジックなのです。無裁量のブレイクアウト手法であるタイムゾーンブレイクアウトに、長期的な優位性があるのかどうか?とても気になります。

EAを作ってみれば過去チャートで検証できるはずです。

タイムゾーンブレイクアウトは44,800円

タイムゾーンブレークアウトですが、他と比べて若干高額な価格設定(44,800円)の商材です。

「無裁量システム」であれば、マニュアルと合わせて、EA化したものを同時に無償提供していただくと、割安感が出てくるのではないでしょうか。

ロジックが明確なので、プログラミングスキルがあればEAを作ることは可能です。EAでバックテストをすれば、このロジックの優位性や、得意な相場・苦手な相場などを過去チャートから簡単に検証することも可能になります。

タイムゾーンブレイクアウトEAの提供を、販売者の方に期待したいですね。

また、ブレイクアウト手法に興味があるのでしたら、FXBーManualか、SuperADXなどもオススメです。価格もお手頃です。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

hawaii023劇場【第二幕】▲4300万円の含み損の行方・・・

hawaii023の含み損が630万円→4100万円にまで拡大(汗) Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」の一人舞台はまだ続いています。 わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝…

バイナリオプションは、”オワコン状態”なのか?

バイナリーオプションの5月の取引高の落ち込みが半端ない 一般財団法人金融先物取引行協会が2014年6月13日に発表した、個人向け店頭バイナリーオプション取引月次データが、非常に興味深いです。以下のデータをご覧ください。 …

エルドラドBO 【検証とレビュー】

バイナリーオプションは金融庁公認ギャンブル エルドラドBOは、バイナリーオプションの自動売買ツールです。エルドラドBOの販売ページには、以下の様の記載されています。 あくまでもバイナリーオプションは投資です。 バイナリー…

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト 一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用となります。販売ページには詳細が記載されて…

富豪ファミリープロジェクト第3期 【検証とレビュー】

富豪ファミリープロジェクト第3期は、セミナー形式による株式投資塾 読者様からの検証依頼が殺到している商材(塾)のご紹介です。 富豪ファミリープロジェクト 販売元の株式会社カーロットは、過去にFX関連の商材などもリリースし…

ニュートンFX【検証とレビュー】

ニュートンFXを購入した 気になるFX商材があったので購入してみました。ニュートンFXです。このツールの最大の売りは、”大衆心理演算ロジック”を搭載しているという点だそうです。なかなか仰々しい言い回しです。 大衆心理を演…

カナダドル王FX配信 【検証とレビュー】

月額課金制のシグナル配信サービス 月額課金制のシグナル配信サービスです。カナダドル円の1通貨ペアに絞って、月に6~10回程度ポジション情報が配信されます。月額利用料金は、48,000円です。 カナダドル王FX配信の実績サ…

”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました

週刊SPA!と、疑惑のトレーダー”三村雄太” 業界が注目していた裁判の判決が出ました 少し古い情報で恐縮ですが、扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏の裁判において判決が出ていたようです。この裁判について、よく知らない方は以…

PSPBANK【検証とレビュー】

法律と消費者を軽視しているPSPBANK PSPBANKという正体不明の情報商材に関する問い合わせをいただきました。 PSPBANK 販売ページを見る限り、断定的判断の提供のオンパレードであり、消費者の誤認を誘発しそうな…

ロケットブレイクFX 第2期【検証とレビュー】

ロケットブレイクFX第2期の募集がスタート ロケットブレイクFXと呼ばれる投資塾が第2期のメンバーを募集しています。 第1期の募集がおこなわれたのはちょうど1年前(2015年12月)です。その時は大々的なプロモーション(…

鉄板マスタートレンド 【検証とレビュー】

鉄板マスタートレンドはインディケーターを組み合わせたシグナルツール 鉄板マスタートレンドは、メタトレーダーのインディケーターです。いわゆるシグナル点灯系のツールですね。1時間足と30分足のトレンドの方向性を確認し(インジ…

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHVを、自分で設定してみよう

マナブ式FX完全マスタープログラムのTHV system 先日ご紹介したマナブ式FX完全マスタープログラムが売れてますね。 マナブ式FX完全マスタープログラム【検証とレビュー】 マナブ式FX完全マスタープログラム THV…