パーフェクト・ストラテジー 【検証とレビュー】

パーフェクト・ストラテジー売れてますね

株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!
東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

パーフェクト・ストラテジーが売れているようですね。常にランキングの上位にあります。非常に問い合わせの多い商材の一つです。

パーフェクト・ストラテジーはFX商材ではありませんので、検証すべきかどうか迷いましたが、多くの方から問い合わせを頂いておりますので、この機会に私なりに検証をしてみたいと思います。

10年間一度も負け無し(無敗)

パーフェクト・ストラテジーは日経225オプション取引のマニュアル(DVD)です。販売ページには、10年間のバックテストで負け無し!公開後も負けは一度もない!(負けたら販売ページを閉鎖)とありますね。

2010年12月に公開されていますので、少なくともフォワード(公開後)でも、18ヶ月間は負け無しということになります。非常に優秀ですね。

一度たりとも負けていない手法・・・

今なお勝ち続けている・・・

無敗継続中・・・

すべてのトレードで勝ち続けている・・・

全戦全勝の実績・・・

勝率100%と聞いて、やらない方がおかしい・・・

しっかりと販売ページを読めばわかることですが、これは勝率100%ということではありません。負けていない=マイナス決済がない、ということです。仮に負けてもマイナス決済になりにくい手法を使っているわけです。

そこには、日経225オプション取引ならではの手法が存在します。そのカラクリをこれからご説明します。

日経225オプション取引とは何か?

そもそも日経225オプション取引とは何でしょうか?あなたは、日経225オプション取引についてご存じですか?比較的馴染みのある「日経225先物」ではありません。日経225オプション取引です。

まず、日経225オプションについて。日経225オプションとは、日経平均株価指数をあらかじめ定められた期日(満期日=SQ日)に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で、買う権利(コール・オプション)または、売る権利(プット・オプション)のことです。大阪証券取引所に上場されています。

そして、日経225オプション取引というのは、この日経225オプションを取引する金融商品のことです。なんだかわかったような、わからないような説明になってしまいました。

簡単に言えば、日経平均株価指数を売ったり買ったりする「権利」を取引することです。しっかりとわかりやすく説明するためには、この2倍以上の紙面が必要です。

ご覧の通り、FXや株式などと比べても、非常に特殊な金融商品であることが伺えます。このわかりにくさが、一般投資家の取っつきにくさに繋がっています。

パーフェクト・ストラテジーの中身

パーフェクト・ストラテジーは、日経225オプション取引に特化したオリジナルロジックとなります。商材の中身は、DVD6枚セット(テキスト添付)です。

動画で日経225オプション取引の解説(基礎部分)~そして、このパーフェクト・ストラテジーで提唱している、マンスリー・ワンタイム・トレードの解説がされています。

どちらに転んでも利益が出る仕組みとは?

マンスリー・ワンタイム・トレードとは、パーフェクトストラテジーで提唱されているオリジナル手法のことです。オリジナルルールに従って、月に1回、ポジションを保有します。そして満期日=SQ日に自動決済されます。

これだけだと、勝ちか負けかの結果しか発生しません。そこで、建玉の建て方に工夫をします。SQ日の寄付値に一定値幅をプラスマイナスして、プットもしくはコールを1枚ずつ計2枚建てるわけです。

方向性(売りか?買いか?)は2種類のテクニカル指標を組み合わせて決定します。例えば、2種類のテクニカル指標による方向性が上昇トレンドに合致していれば、1枚のプットを買い1枚のプットを売りで建てます(一例です)。

一見、FXの両建てのようにも見えますが、実態は全く違います。それぞれのプットの価格は、ルールに基づいて一定値幅を加味します。(この値幅については商材内で具体的に説明があります)

次のSQ日までに思惑通り上昇すれば、利益が発生します。逆に下降しても、権利行使価格幅分の範囲内(ルールに基づいて設定した値幅分以内)であれば利益が出ます。

つまり、どちらに転んでも一定範囲内であれば、利益が出る仕組みなのです。

この手法は、別に目新しい物ではなく、いわゆるスプレッド戦略(同種類のオプションを組み合わせる戦略)と呼ばれる手法です。スプレッド戦略の中でも、クレジットスプレッドと呼ばれる方法ですね。ATM(アット・ザ・マネー)に近いコールの売りと、遠いコールの買いを組み合わせる手法です。

プットについても考え方は同じです。コールの売りと買いの組み合わせでは、ダウントレンドにおいて利益になります。一方プットの売りと買いの組み合わせでは、アップトレンドで利益になります。

そして、クレジットスプレッドの一番の特徴は、共に利益と損失が限定されるという部分ですね。

・・・日経225オプションを知らないかたには、意味不明・ちんぷんかんぷんだと思います。

これが「10年間負け無し=マイナス決済にならない」という、パーフェクト・ストラテジーロジックの仕組みです。「負けても、わずかでも利益が残るという仕組み」の正体です。

リスクについても知っておく必要がある

ここまで書くと、すごい仕組みに思えますね。勝てば当然利益は出ますが、負けても利益が出るわけです。まるで聖杯のようです。しかし、この世に聖杯は存在しません(そのはずです)。

このパーフェクト・ストラテジーにもリスクが存在します。先ほど、逆方向にレートが動いた場合に、権利行使価格幅分の範囲内(ルールに基づいて設定した値幅分)以内であれば、利益が出ると書きました。

ということは、この範囲を超えるとマイナス決済(損失が発生する)になるということです。パーフェクト・ストラテジーでは、想定マイナス金額(損失)は、最大で25万円とされています。

利益率を下げることで高い勝率を維持

このパーフェクト・ストラテジーには、もう一つのカラクリというか「裏」があります。利益率が低い(リスクに対してリワードが低い)ということです。

具体的な仕組みについては、日経225オプション取引の詳細な解説が必要になりますので割愛しますが、勝率を高めるために極限まで利益率を低くしています。逆に言えば、利益率が低いからこそ、高勝率をキープできているということになります。つまり、損大利小ということですね。

それから、パーフェクト・ストラテジーの利益率は、ボラティリティ(正確にはインプライドボラティリティ)に影響を受けます。これはボラティリティによってオプション価格が大きく変動するためです。

2008年までは高ボラティリティの時期が頻繁にありましたが、2009年以降現在に至るまで、低ボラティリティが続いています。つまり、パーフェクト・ストラテジーの利益率も、より低くなってしまう可能性があるということです。

それでも勝率が高い、という点は非常に評価できますね。たとえ利益率が低くても、”負けない(負けにくい)”ということは、胃がキリキリする状態から開放されることを意味します。

簡単なシミュレーション

販売ページでは想定利益率が、2~4%とされています。ここでは、真ん中を取って仮に3%と仮定しましょう。リスク額が最大25万円ですので、最低投資金額は、仮に25万円とします。

  • 1度の利益は、250,000円 × 3% = 7,500円
  • 1度の損失は、250,000円

33連勝(2年と9ヶ月間連勝)しても、34回目で負ければトータルの損益はマイナスになります。(最大損失が発生したと仮定します)

  • 勝ち: 7,500円 × 33回 = 247,500円
  • 負け: -250,000円 × 1回 = ー250,000円
  • 損益: 247,500円 ー 250,000円 = ー2,500円

建玉を10倍にすれば、利益も10倍(75,000円)ですが、損失額も最大で10倍(250万円)に膨れあがります。

今月から33ヶ月連続で勝てるかどうか?勝ち続けるかもしれませんし、もしかしたら、数ヶ月後に負けるかもしれません。もし、数ヶ月後に負ければ、あなたの損失額はさらに拡大します。

例を出します。4ヶ月後に負けた場合(条件は上記と同じ)。

  • 勝ち:7,500円 × 3回 = 22,500円
  • 負け:ー25,000円 × 1回 = ー250,000円
  • 損益:22,500円 ー 250,000円 = ー227,500円

あなたが、4ヶ月後に負ければ、最大で約23万円の損失が発生する可能性があります。

あくまでシミュレーションなので、机上の理論にすぎません。実際に運用してみないと、何も判りません。

ハードルが高い「日経225オプション取引」

日経225オプション取引、面白そうだと思いました?ただ日経225オプション取引は、日経225先物や、FX、株式投資などに比べて、はるかに複雑で難解です。全くの知識ゼロからスタートするには、ハードルが非常に高いことを覚悟する必要があります。

本気で学ぶためには、それなりの時間と労力が求められます。

興味がある方は、「日経225オプション取引」について、検索をしてみるか、書店で専門書などを手に取ってみてはいかがでしょうか?




※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方

自主規制の最終報告が出た! ついに最終報告書が発表(2013年4月24日)されました!報告書の正式タイトは以下の通りです。 通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプション取引にかかる自主規制の在り方(最終…

ブックメーカー投資ソフトは聖杯なのか?

ブックメーカー投資は聖杯なのか? 過去の記事で、ワンナイトキャッシュ-OneNightCash-という商材を取り上げました。ワンナイトキャッシュについては、現時点で詳細不明ですので、同じ販売会社が過去に発売したブックメー…

ZERO DRIVE FX 【検証とレビュー】

ZERO DRIVE FXはMT4用のインディケータ ZERO DRIVE FXは、MetaTrader用のシグナル(サイン点灯)ツールです。 販売ページを見てみる 限定100名で販売した後は、値上げをするみたいです。販…

キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー

キプロスショックのその後 キプロスショックで案の定、窓を開けましたね。 ※EURJPY15分足チャート その後、窓埋めに向かいましたがまだ完全には埋めきっていない状態です。 キプロス支援策の方向転換 前回の記事で、キプロ…

日本最大手は外為どっとコム?それともGMOクリック証券?

本当にGMOクリック証券が日本一? 前回、GMOクリック証券の取引高が世界一になったという記事を書きましたが、 「日本の最大手は、外為どっとコムじゃないの?」 「外為どっとコムが一番だと思ってました・・・」 という質問を…

与沢翼さんと探偵ファイルがガチでケンカを始めた

与沢翼さんの会社が、税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ 【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査している…? 与沢翼さんVS探偵ファイルのガチバトル勃発 先日の記事で書いた、【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査…

ビクトリーメソッドアドバンス
ビクトリーメソッドアドバンスの佐野さんについて

別格FXトレーダー「佐野裕」 当サイトで非常に高く評価しているビクトリーメソッドアドバンスの作者「佐野裕さん」について、最近の情報をお伝えいたします。 ビクトリーメソッドアドバンス【検証とレビュー】 マエストロFX【検証…

クロスファイアFX 【検証とレビュー】

ロングラン販売中のクロスファイアFX このEAですが、2010年の3月から販売開始して、未だに売れ続けていますね。販売当初は49800円でしたが、今は10000円で販売されています。開発者はMr.Brain氏です。よく名…

投資とギャンブルの”境界線”

ギャンブルって何? 私が常日頃チェックしているブログにChikirinの日記があります。そのブログに興味深いエントリー(記事)がありました。こちらです。 ギャンブルって何? 「ギャンブルって何?」への反応まとめ 上記記事…

「豊洲カジノリゾート」が現実味を帯びてきた?

豊洲市場”頓挫”で現実味を帯びる「豊洲カジノリゾート」 先日、カジノ法案成立がカウントダウンを始めたという記事を書きました。 【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界 カジノ法案が成立したとしても、実際…

池島麻美のROYAL5FX 【検証とレビュー】

ロジック非公開商材の課題とは? 池島麻美のROYAL5FXは、ロジックが非公開です。私は、ロジック非公開の商材には、長期的な使用に課題(難点)があると感じています。考えられる課題は2つあります。 継続して使い続けることが…

あゆみ式 A Teachert FX AcademyにSQIを重ねてみた【検証とレビュー】その3

あゆみ式 A Teachert FX Academyの「ATeachert」 「ATeachert」は、トレンドフォローを捉えるためのインディケーターとして提供されています。 あゆみ式 A Teachert FX Aca…