FXエントリー&FXアカデミー 【検証とレビュー】

非常に真面目で好感を持てる商材

FXエントリー&FXアカデミーは、かなり以前から販売されている商材ですね。中身は、メタトレーダー用のインディケーター(複数)とマニュアルです。

そして、一番のウリとされているのが、平日に毎日開催されているリアルタイムLIVE講座です。このライブ講座ですが、購入者は完全無料で視聴できます。売りっぱなしの業者が多い中、定期的なLIVE講座でユーザーをサポートする姿勢は非常に評価できます。

ロジックもしっかり解説されているので、身に付けることで自身での応用も可能です。

肝心のロジックは?

FXエントリー&FXアカデミーで学ぶことのできるロジックですが、MT4(メタトレーダー4)のインディケーターを使用します。

複数のインディケーターを組み合わせることで、エントリーポイント・エグジットポイントを絞り込む手法ですね。チャート上に様々なインディケーターを重ねて表示させ、そのパターンを読み取ってタイミングを計ります。

多くのインディケーターを同時表示させるため、かなり複雑なチャート画面になります。シグナルが明確に表示されるわけではないので、裁量判断が重要になります。いわゆる半裁量・半システムの手法です。

トレンドフォローを基本ロジックとしているため、レンジ相場ではダマシを頻発します。結局このダマシを如何に回避するか?が、FXエントリー&FXアカデミーのロジックの肝(つまり裁量を極めること)です。エントリーの取捨選択(裁量判断)が非常に重要になります。

この裁量スキルを、毎日のLIVE配信(講座)で具体的に身に付けていくというスタイルです。

自分なりにアレンジが可能

ロジックは公開されているので、ユーザー側で応用が可能です。 FXエントリー&FXアカデミーで学んだロジックを自分なりにアレンジし、より精度・確度を高める工夫が可能です。この辺りは、ロジックが公開されている商材の、評価できるポイントですね。

アレンジ可能という点においては、ビクトリーメソッドアドバンス(VMA)も同様です。

ビクトリーメソッドアドバンスも、複数のテクニカル指標を使用し、その組み合わせなどで、エントリーポイントやエグジットポイントを見極めていきます。このあたりは、裁量部分が多く入ります。

一見、FXエントリー&FXアカデミーと似ているようにも思えます。しかし、ビクトリーメソッドアドバンス(VMA)において最重要視されていることは、「チャートの背景を読み取る=チャートリーディング」という思考です。

単なるマルチタイムフレーム思考ではありません。複数時間足のトレンド方向の確認という表面的な判断・チェックではなく、より大局的な相場の流れを見極めることが、最重要であるとされています。

テクニカル指標を使用してポイントを絞り込むことは、最終段階に過ぎません。過去のローソク足が作り出すインディケーター(テクニカル指標)にこだわりすぎると、マーケットを俯瞰(ふかん)的に見ることができなくなります。

大局を見極める力を付ける商材としては、ビクトリーメソッドアドバンスに一日の長があると感じます。

トレードにおける”戦略”と”戦術”の違いとは?

別の表現をすれば、FXエントリー&FXアカデミーをはじめとする大半のFX商材は「戦術」を教えてくれるものです。一方、ビクトリーメソッドアドバンスは、「戦術」はもちろんのこと、更に重要な「戦略」を学べる教材であるということです。

戦術とは、細部です。戦略とは、大局です。将棋で例えるならば、「戦術」とは、居飛車や振り飛車、三間飛車、棒銀戦法など、いわゆる「戦法」と呼ばれるものです。型があり、ルールがあります。将棋の「定跡」なども戦術と言えますね。

そして、将棋における「戦略」とは、一手一手の細部に捕らわれず、俯瞰(ふかん)的に形勢の善し悪しを捉え、勝負所を見極める技術(スキル)だと言えます。

投資における戦術は、トレンドフォローや、逆張り、カウンタートレード、ブレイクアウト、ライントレード等々、いわゆる手法(ロジック)と呼ばれるものが「戦術」ですね。ルールがあり、型があります。

一方、投資における「戦略」は、より大局的なものになります。相場の大きな流れを感じ取ること、チャートの向こう側にいる無数のトレーダーの思考を感じること、レートを動かす、見えない巨大投機マネーの動向を嗅ぎ取ること、勝負所(トレードすべき時期かどうか)を見極めることなどです。

さらには、資金管理やメンタルコントロール、トレードに対する取り組み姿勢(マインド)も「戦略」に含まれます。

戦術だけでは、短期的に勝てても、長期的に勝ち続けることは難しいでしょう。FXエントリー&FXアカデミーは、戦術を学ぶには、優れた商材であると言えます。しかし、戦略を身に付けるには若干のもの足りなさを感じます。

どうせならば、ビクトリーメソッドアドバンスで、本物の投資戦略を学んで欲しいと思います。本格的に戦略を学べるFX商材は、私の知る限りビクトリーメソッドアドバンス以外に、存在しません。

ビクトリーメソッドアドバンスは、数少ない「戦略を学べる最高の教科書」です。

極論だがロジックは優位性があれば何でもいい

ロジックなどの「戦術」は、統計的に優位性があるロジックであればなんでもいいと思います。自分に合っているロジックを1つか2つ持っていれば、十分戦えます。基本の型とルールをしっかり学べば、短期的には誰でもある程度勝てるようになります。

しかし、長期的に勝ち続けるためには、ロジック(戦術)よりも、大局観(戦略)が重要になります。メンタルやマインド、資金管理はもちろんですが、相場の”うねり”や”流れ”、見えない敵の”思考の動き”を感じ取るスキルです。

FXエントリー&FXアカデミーでは、戦術は学べても戦略を身に付けるヒントを得るには少し心もとない気がします。(あくまで私の主観です)理由は、FXエントリー&FXアカデミーが、残念ながら戦術(ロジック)重視のFX商材だからです。

相場に本気で向き合う覚悟があるのでしたら、本物の教材を手にして下さい。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上場株の投資勧誘を解禁する。不特定多数から…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】

アキュレートバイナリーは、FXトレードファイナンシャル専用の自動売買ツール GMOクリック証券バイナリーオプション対応の自動売買ツールが鳴りを潜めたと思ったら、今度はFXトレードファイナンシャルのHigh&Low専門の自…

テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」 【検証とレビュー】

王道的なライントレード テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」ですが、こちらの商材も多くの問い合わせを頂いています。 FX荒稼ぎプログラムは、いわゆるライントレードと呼ばれる手法です。チャート上に複数のラインを引き、そ…

IGマーケッツ証券が0.6銭の固定スプレッドを開始した

IGマーケッツ証券もスプレッド競争に参加 昨日のニュース(2013年1月17日)です。IGマーケッツ証券が、ドル円(USDJPY)にて0.6銭の固定スプレッドを開始するそうです。スタートは、1月19日です。 ドル円 固定…

PAMM(パム)って何だ?

あなたはPAMM(パム)を知っていますか? PAMM(通称パム)という言葉を聞いたことはありますでしょうか?PAMM(Percent Allocation Management Module)は金融用語なのですが、FX情…

バババババイナリーの成績が残念な結果に・・・

バババババイナリー購入者による成績公開 バババババイナリーの実績について、トレードアイランド(トレアイ)で成績を公開してはどうか?と何度か提案をしてきました。 バババババイナリー 【検証とレビュー】その1 バババババイナ…

井手式7daysFXに6月30日期限の特典が追加されました

井手式7daysFXの特典について(6月30日期限) 当サイトで高く評価している「井手式7daysFX」に、無料特典が追加されました。 井手式7daysFXに関しましては、過去にレビューしていますので、以下の記事をご覧下…

殺人通貨「ポンド」の被害者の一人”堺商人”は1800万円を失う

1日で1800万円を飛ばした「堺商人」 ポンドの瞬間暴落(Flash crash) に関しては連日お伝えしていますが、新たな被害者がネットで話題になっています。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash cra…

3ヶ月で「億」到達!現役大学生が使ったマタフとは?

現役大学生がFXで「億」稼ぐ! 現役大学生でFXトレーダーの「タカシ」氏が、ハーバードビジネスオンラインで特集されていました。タイトルは、「ポンド売りでバカ勝ち!」とある大学生が億を稼いだ理由です。 わずか3ヶ月で億の大…

バイナリードミネーション 【検証とレビュー】

バイナリードミネーションは、クリック証券専用の自動売買ツール バイナリードミネーションは、GMOクリック証券に対応した自動売買システムです。 販売会社は、株式会社クラウンホールディングスジャパンです。この会社は以前、トリ…

SnakeFX 【検証とレビュー】

SnakeFXの実績は今のところ不明 SnakeFXは6月19日に登録されたEA(自動売買)システムです。EURUSD専用のEAですね。マーケットオープンとクローズ時間をターゲットとした、トレンドフォロー型のEAです。 …

【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 2013/10/24 17:54 松井証券の松…