資本家に搾取される無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり?

GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート)

ようやく、バイナリーオプション系の商材も落ち着いてきた感じですね。バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わりでしょうか。この間に、証券会社は相当儲けたのではないでしょうか?

登場したときは、メディアを使って大々的にキャンペーンをしていました。口座開設アフィリエイトも鬱陶しいくらいありましたね。そして多くのユーザーが、小金を失ったことでしょう。ユーザーはまんまと踊らされたわけです。

胴元のGMOクリック証券は大儲け

バイナリーオプションは「業者」対「ユーザー」という構図が成り立つ金融商品です。「ユーザー」が儲かれば「業者」が損をします。逆に「ユーザー」が損をすれば、「業者」が儲かるわけです。

ところで、GMOクリック証券の業績、興味ありませんか?

  • 平成23年3月期の経常利益 42億2100万円
  • 平成24年3月期の経常利益 55億4200万円

前期比31.3%の増加です。すごいですね。不況と叫ばれる今、非常に儲かってます。

純利益は…

  • 18億8700万円 → 29億2900万円

なんと55.2%もの増加です。親会社である「GMOインターネット」の株主も大喜びです。上場FX会社が軒並み業績を下げている中で、GMOクリック証券は、大躍進です。

参考)平成24年3月期 第3四半期決算短信

  • FXプライム 経常利益5600万円(▲78.2%)
  • マネーパートナーズ 経常利益4億300万円(▲52.0%)

資本家に搾取される無知の民衆

GMOクリック証券のこの莫大な利益は、どこから来たのでしょうか?

あなたの財布からです。

GMOクリック証券(一部上場GMOインターネットの子会社)の株主は「ウハウハ」大喜び。そしてGMOクリック証券のバイナリーオプションユーザーは泣きを見る。資本家に搾取される無知の民衆(カモ)。まさに資本主義の縮図が、ここにあります。

バイナリーオプションは、極めて胴元に有利なルールで運営される金融庁公認の「賭博場」です。あなたは、賭博場に群がる”カモ”です。

・・・早く気付いて下さい。