90日間1000万円プログラム 【検証とレビュー】

90日間1000万円プログラム 【検証とレビュー】

90日間1000万円プログラム 【検証とレビュー】

D評価商材

元リーマンブラザーズ社員が商材販売

元リーマンブラザーズ社員が、日本で情報商材販売をしています。ご存じの通りリーマンブラザーズは、2008年9月に倒産して、世界的金融危機(リーマンショック)を引き起こした主犯格ですね。負債総額は64兆円です。史上最大の負債総額だそうです。

倒産したリーマンの社員の大半は、他の大手投資銀行に採用されたようですね。元リーマンの優秀な社員は、引く手あまただったそうです。一方、このエリック・スティーンバーガーさん(元リーマン社員)は、日本の商材販売会社と手を組んでFX情報商材を出しています。

元リーマン社員という肩書

私は非常に慎重な性格です。常に慎重であることは、投資においては大切な資質であると思っています。エリック・スティーンバーガーさんに対しても、私は非常に慎重に考えています。

そもそも、元リーマンブラザーズの社員という肩書はどれほどのものなのでしょうか?FX商材において、そこに何の優位性も存在しません。元リーマンブラザーズの社員であったとしても、その事実が、投資手法の優位性を裏付けることには、1ミリも関与していません。

”あなたには90日間でミリオネアになってもらおうと思います”

あなたには90日間でミリオネアになってもらおうと思います。

90日でミリオネアになれるもんだったら、なりたいですね。しかも3万円スタートです。つまり3万円が3ヶ月で1000万円になるということです。3ヶ月で333倍です。月利で11100%、年利で133200%です。

私の想像をはるかに超えています。あのAIJ投資顧問もビックリです。AIJ投資顧問は、顧客に対して年利240%の運用利回りを保証していました。(残念な結果に終わりましたが・・・)

AIJ投資顧問が年利240%に対し、この商材は年利11100%です。ふざけてますね。

海外ブローカーOpshom.COM

この商材では、海外ブローカーのOpshom.comを使用します。イギリス領ヴァージン諸島にあるブローカーです。イギリス国内ではありません。カリブ海に浮かぶ西インド諸島の小さな島です。島の大きさは、21km²しかありませんので、東京の港区くらいのサイズです。この小さな島に拠点を置くブローカーでトレードを行います。

当然、日本の金融庁にとっては、無登録業者です。

日本で活動を始めたのは、今年(2012年)の1月です。日本での実績は未知数です。海外のブローカーで取引するリスクは、想像するよりもはるかに大きいものです。

ピンとこない方は、金融庁のホームページをご覧下さい。

海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、原則として、金融商品取引業の登録が必要です。

登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。

(違反者は罰則の対象となります。)

無登録の海外所在業者と取引を行う場合は、資金の持ち逃げや資金が返還されないなどのトラブルに容易に巻き込まれるおそれがあり、十分ご注意ください。

この商材を購入すれば、海外業者で取引を行うことになります。このことを、しっかりと認識しておく必要があります。もちろん、何かあっても日本の法律は守ってくれません。100%自己責任です。

90日間1000万円プログラムはアービトラージ?

 当プログラムでは、「OPSHOM.COM」における、”ある優位性”を利用しますので、「OPSHOM.COM」の利用を前提としたプログラムです。

抜け道的な手法なのでしょうか?実際に購入して運用している方のレビューを確認してみても、どうやらアービトラージ的な手法がメインのようです。ブローカーのシステムのちょっとした歪み(or脆弱性)などを利用して、裏技的に優位性を作り出す方法です。

当然ブローカー側も、この歪みに気付けば、すぐに対処してきます。つまり、ブローカー側が対処するまでの間の、期限付き手法というとこになります。ブローカー側は、絶対にこの歪みを放っておきません。

何故ならバイナリーオプションは、「投資家」対「ブローカー」という構図だからです。つまり、投資家が儲かれば、ブローカーが損をするわけです。より多くの利用者が、皆で同じ手法を使えば、ブローカー側も、より早く気付きます。あっという間に対策を講じられてしまい、優位性が消えて、手法が通用しなくなります。

もしかすると業者側は既に気付いていて、明日にでも対処してくるかもしれません。その瞬間にこの手法は「THE END」です。

もしも推測通りアービトラージ的なノウハウなのであれば、おそらく利益は出ると思います。ただそれがいつまで可能であるか(優位性がいつまで続くか)という点は注意が必要です。市場の歪みを利用したトレードであれば、いつかその歪みは必ず是正されるからです。それが市場経済の基本原理です。

D評価商材

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

BBF Advance 【検証とレビュー】

ボリンジャーバンドフィボナッチを使ったカウンタートレード BBF Advanceですが、「FX【変態】セミナー動画」と同じ販売者です。 商材の中身をざっくりと説明すると、ボリンジャ…

FXシグナル配信 黒山 【検証とレビュー】

FXシグナル配信”黒山”は投資助言代理業社のサービス FXシグナル配信「黒山」は、投資助言代理業の登録をしている株式会社エスフィールドのFXシグナル配信サービスです。ちなみに「黒山…

チャンピオンシグナル 天羽義治 【検証とレビュー】

シグナル配信サービス運営の難しさ 毎年のように、新しいシグナル配信サービスが登場しますが、半年以上まともに成績を維持できたものって、ほとんど記憶にありません。 シグナル配信サービス…

Daemon Spear
Daemon Spear ver3【検証とレビュー】

「Daemon Spear」は20秒足を使ったバイナリーオプションツールだ 完全無裁量を謳う「悪魔のツール」と名付けられたDaemon Spear(デーモンスピア)をレビューします…

ジーニアス・ブレインFX
ジーニアス・ブレインFX【検証とレビュー】

「ジーニアス・ブレインFX」はストラテジー選択型(ポートフォリオ型)半裁量トレードだ クロスリテイリング社の大型商材「ジーニアス・ブレインFX」を検証レビューします。 タイトル:ジ…

SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

EAビジネスについて このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEA…

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールの「アダムセオリー」が誤解されている件

ワイルダーのアダムセオリーが誤解されている!? 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが売れていますね。高額な塾であるにもかかわらず、当サイトからも多くの申込みが発生していま…

秒速スキャルFX
秒速スキャルFX【検証とレビュー】

秒速スキャルFXを販売する「日本投資家育成機構」 今回は、秒速スキャルFXについて検証レビューしていきます。 秒速スキャルFXを販売しているのは「日本投資家育成機構」という一般社団…

全コピFXで強制ロスカットが続発・・・

全コピFXで強制ロスカットが続発 2012年8月鳴り物入りで登場した全コピFXですが、2013年1月現在破綻の危機に瀕しているようです。 全コピFXが満を持して登場したのは2012…

THE・SPIDER 【検証とレビュー】

高額コピートレード「THE・SPIDER」 超高額のコピートレードが登場しました。EA@プログラマー金次郎氏が開発したとされるTHE・SPIDERです。販売元は株式会社TCHです。…

勝ち組FX道場の必勝テキスト 【検証とレビュー】

「勝ち組FX道場」はFXの基礎学習マニュアル(PDF+動画)だ 勝ち組FX道場は、オーソドックスな裁量手法をDVD(動画)とテキストにまとめたFX商材です。 タイトル:テキスト全セ…

FXスキャレーダー
FXスキャレーダー【検証とレビュー】

「FXスキャレーダー」を販売するアイプロダクション(渡秀明氏)とは? 販売会社のアイプロダクションはADR(紛争解決委員会)案件の過去を持つ 販売会社のアイプロダクション(=株式会…