トラップリピートイフダンは本当に稼げるか?

チリ積もFXは”トラップリピートイフダン”

チリ積もFXのという商材についてのお問い合わせを多数頂いています。販売ページをみただけで、勘の良い人はすぐにわかります。

そうです。トラップリピートイフダンですね。トラップリピートイフダン(通称:トラリピ)は、マネースクエアジャパンが特許を取っている手法ですが、もともと以前からノウハウとしては存在しています。

一定の値幅を想定し、その値幅の中でIFD注文を繰り返して行う手法です。ひと言でいえば計画ナンピンですね。一定の値幅で上下するレートに対し、複数のナンピンを仕掛けていく手法と言えます。レンジ相場においてはかなりの威力を発揮する手法です。

文章のみで説明するのはちょっと難しいので、もっと詳しく知りたい方は、是非マネースクエアジャパンのサイトをご覧下さい。図解入りでとてもわかりやすく説明してあります。

チリ積もFXは、まさにこのトラリピの手法そのものです。もちろん細かいところ(値幅の設定や、IFDの間隔など)は、異なりますが、アイデアや手法は同じです。上手く機能すれば、勝率100%も不可能ではありません(ただし一定の期間において、という前提)。

しかも時間はほとんどかかりません。最初にIFD注文を複数設定しておけば、あとはほったらかしでOKです。狙い通り設定幅でレートが逆行すれば注文が刺さり、レートが戻せば、決済も決まります。

一方、マネースクエアジャパンのトラリピは、決済と同時に、自動でさらに新たな注文を出してくれます。この自動で再注文できる手法は、現在マネースクエアジャパンでしか使えないようです。

レートの動きは、大きな視野で見たときに、細かな上下動を繰り返しながらトレンドを形成します。その細かな上下動(ノイズ)をIFD注文で拾っていくという、非常に理にかなった手法です。

トラリピのリスクは?

トラリピは、一度設定すればあとはほったらかしでOK。しかも非常に高い勝率です。まるで夢のような手法に思えますね。ではトラリピは「聖杯」なのか?トラリピにリスクはないのか?

もちろんトラリピは「聖杯」ではありません。リスクもあります。基本的にはレートの戻りを期待したナンピン手法ですので、万が一レートが戻らずに一方向に逆行した場合、複数の含み損ポジションを持つことになります。

含み損ポジションが複数ありますので、あっというまに証拠金を圧迫してきます。膨大な含み損に耐えられるだけの証拠金がないと、すぐに口座破綻(ロスカット)してしまいます。実際にリーマンショックの際には、同様の手法で多くの個人投資家がロスカットの憂き目にあっています。

このリスクを極力回避するためには、2つ方法があります。

1つは、膨大な資金を用意して臨むことです。複数ポジションの含み損が発生しても、決してロスカットされないだけの莫大な資金が口座にあれば、破綻は回避できるでしょう。

もう1つは、一度に建てるポジションを極力小さくすることです。資金がそれほど用意できない投資家であれば、ミニマムロットで建てていくしかありません。

また、IFD注文を入れていく間隔や何本入れるかなど、緻密な戦略が必要です。

トラリピは、必ずレートが戻るという考えがベースにありますので、レートが戻らなければそのポジションは永久に塩漬けになります。このことだけは事前に知っておいた方が良いです。

私の知人はこの方法で破綻した

2008年頃、私の知人が南アフリカランド円(ZARJPY)で、このトラリピ手法(厳密にはちょっと違いますが、考え方は同じです)を使ってトレードを行っていました。彼は、その当時、15~16円で推移していたランド円を、最悪12円まで持ちこたえられる計算で(かなりハイリスクですね)トレードを行っていました。

実際のところ、彼の手法は全戦全勝でした。一時的に含み損を抱えても、レートが戻してすべてプラス決済になりました。しかも当時のランド円は、スワップポイントも高く、キャピタルゲインとインカムゲインの両方で稼いでいました。

しかし、皆さんもご存じのとおり、その後のランド円の暴落が発生し、彼は市場から撤退せざるを得なくなりました。莫大な含み損に耐えられず、口座の資金を溶かしてしまったんですね。これが投資の怖さです。

トラリピならマネースクエアジャパンがオススメ

チリ積もFXを検討されるのであれば、マネースクエアジャパンに口座を開いて、トラリピをおこなうことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。マネースクエアジャパンのトラリピは、最初に設定してしまえば、IFD注文を、段階的に何度も自動で行ってくれます。完全にシステムトレードです。

わざわざ2万円も出してチリ積もFXを買わなくても無料で利用可能です。また、トラリピについて詳しく知りたい方は書籍も出ていますので、まずはこちらで勉強してみても良いかもしれませんよ。新品は1000円しますが、古本(マーケットプレイス)だったら、70円くらいで買えます。トラリピの基本が、非常によくわかる書籍ですよ。まずはamazonのレビューを読んでみて下さい。賛否両論です。

トラップリピートイフダン書籍

 よく読まれている記事

金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁によるBO規制が正式発表された! 衝撃的な記事です。2013年4月21日付けのウォールストリートジャーナル(WEB版)の記事です。 金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一で予想するデリバティブ(金融派生商品)…

一撃バイナリー 【検証とレビュー】

一撃バイナリーは、クリック証券対応の自動売買ソフト 一撃バイナリーは、バイナリーオプションの自動売買ソフトです。GMOクリック証券のみに対応しており、EURJPY(ユーロ円)専用となります。販売ページには詳細が記載されて…

FXコアがドローダウン

FXコアが、最大30%ものドローダウン 先日検証した有限会社サウザンドフェイスのFXコアですが、6月15日(先週の金曜日)にドローダウン(損失)を発生させた模様です。 スタート時期によって、ドローダウンの規模が異なるよう…

Pepperstone(胡椒)・24option・Smartoptionに対する”警告”

”海外”無登録業者に対する警告 関東財務局がPepperstone(ペッパーストーン、通称=胡椒)と24option・Smartoptionに対して、警告書を送りました(http://kantou.mof.go.jp/f…

FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】

300億円超のFX投資詐欺容疑のニュース 巨額のFX投資詐欺容疑ニュースです。 オール・イン元専務ら3人逮捕 FXソフト利用料詐取容疑、社長を指名手配 実在しない外国為替証拠金取引(FX)のソフトで高配当が得られると宣伝…

ナインエーエム 【検証とレビュー】

ナインエーエムFXはシグナル配信サービス 前回に続いて、またまたシグナル配信サービスをご紹介します。こちらも、ポイントシグナルFX同様、株式会社ギガリンクの商品です。投資助言代理業の登録はされていません。 投資助言代理業…

侍マトリックスのエクイティカーブ(資産増減曲線)から何がわかるか?

侍マトリックスの資産増減曲線について考えてみる 侍マトリックスの検証の続きです。前回の記事はこちら。 侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる 前回の記事において、侍マトリックスEAのフォワードデータ(?)から…

ORION FX 【検証とレビュー】

ORION FX ひさびさのEAをご紹介します。ORION FXです。この販売業者さんですが、過去にも、オリオン座を構成する星の名にちなんだEAを販売されているようですね。 今回のEAもリゲル(Rigel)、アルニラム(…

100円を目前にしたUSDJPYに気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されているEAにも少なからず影響を与えたようで…

Free Tribe(フリートライブ) 【検証とレビュー】

会員50人に1億円以上稼がせたFreeTribe 今回も、読者様からの情報を元に、記事を書いています。ご紹介する商材は、FreeTribe(フリートライブ)です。とりあえず、こちらのサイトをご覧下さい。 販売ページを見て…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】

アキュレートバイナリーは、FXトレードファイナンシャル専用の自動売買ツール GMOクリック証券バイナリーオプション対応の自動売買ツールが鳴りを潜めたと思ったら、今度はFXトレードファイナンシャルのHigh&Low専門の自…

海外FXフォーラムのススメ

海外フォーラムのご紹介 みなさんも薄々気付いていると思いますが、残念ながら日本の個人投資家のレベルは非常に低いです。これは日本の教育や国民性の違いなど、様々な要因があると思います。ですので、一朝一夕に各人のレベルが上がる…