FXB-Manual 【検証とレビュー】

ラインブレイクを極めた販売者

久々にまともな商材に出会いました。FXB-Manualです。

商材の内容ですが、ラインブレイク手法を解説した裁量マニュアルです。PDF(61ページ)と動画(33分)で構成されています。

販売者であるFXBさんは、かなり以前からFXブログを運営されてる実力派トレーダーです。旧ブログはこちら(古い記事が読めます)

新ブログはこちら(最近ブログを引っ越しされたようです)

FXBさんのブログを最初から(2010年8月分から)読めば、ライントレードの手法の要点を無料で学ぶことができます。FXB-Manualの購入を検討されているかたは、是非このブログを読んでみて下さい。手法の概略については、販売ページやブログに記載されています。

シンプルでルールも明快

FXB-Manualは、チャートパターンを読み取りサポート・レジスタンスラインをレートがブレイクor反発したところでエントリーを行う「ライントレード手法」です。FXBさんのブログ内の、以下の記事を読んでみて下さい。ご本人が具体的な手法について解説されています。

非常にシンプルでルールも明確です。上手くいけば大きな利益を取ることができます。

3本の移動平均線しか使わない

FXB-Manualで使用するテクニカル指標は、3本の移動平均線のみです。あとは自身で引くライン(サポート&レジスタンス)です。

メインで使用する時間足は15分足ですが、トレード開始前に、日足から順番に4時間足・1時間足・30分足とチャート背景を確認していきます。この一連の作業を、マニュアルでは「健康状態を見る」と表現しています。さらに3本の移動平均線の拡散・収束状態をチェックした上で、適切なサポート・レジスタンスラインを引きます。

書いてみると、煩雑な作業のように見えますが、実際にやってみると簡単です。慣れればすぐにトレードの可否が判別できるようになります。

リミット・ストップも明確(指定pips)なので、エントリー後はOCO注文を入れておけばほったらかしでOKです。地味ですが、優位性(エッジ)のある手法であることは間違いありません。

課題は”ダマシ回避”

この手法の課題は、ダマシをいかに回避して勝率を高めるか?ということです。もちろん、マニュアル内にもダマシ回避の方法について記載がありますが、これは、一朝一夕では身につかないと思います。ある程度の経験値も必要です。

ただ、リスクリワードのバランスが良い手法なので、勝率が50~60%程度でも十分に利益が残ります。FXB-Manualのリスクリワードは、リミット:ストップ=60pip:10pipです。仮に勝率50%とした場合、10回トレードすれば利益は以下のようになります。

  • 勝ち:60pips×5回=300pips
  • 負け:10pips×5回=50pips
  • 利益:300pips-50pips=250pips  ※スプレッドは未考慮

まさに損小利大ですね。勝率が下がっても十分に利益を残せます。

ポジポジ病には不向きの手法

もうおわかりだと思いますが、FXB-Manualのエントリーチャンスはあまり多くありません。1通貨ペアで1日に1回あるかどうか?という感じです。ある程度多通貨ペアを同時監視する必要があります。

マニュアル内では以下の通貨ペアを推奨しています。

  • EURUSD
  • GBPUSD
  • AUDUSD
  • USDCAD
  • USDCHF
  • GBPCHF

それぞれの通貨ペアの「健康状態」をチェックし、その日にトレードを行うべき通貨ペアを選択します。日によってはノートレードの日もあるでしょう。ポジポジ病の方には、不向きな手法です。

結論:ラインブレイク法を極めたいのであればオススメします

FXB-Manualは派手さはなくシンプルで地味な手法ですが、本当に勝っている人はだいたいこんな感じです。エッジ(優位性)のある手法を、コツコツと毎日繰り返しているだけです。

正直言っておもしろくありません。つまらないし時には苦痛を感じます。でも投資とは本来こんなものです。投資に興奮や熱狂を求めることはナンセンスです。

大きな利益が取れたとしても、ほっとすることはあっても興奮することはありません。勝っても常に反省です。

  • 「ルール通りトレードできたか?」
  • 「利食いのポイントは正しかったか?」
  • 「エントリー前のチェックポイントは確認できていたか?」

自分の資金をマーケットのリスクに晒すわけですから、常に慎重にしかし時には大胆に(ルールに従って)、投資をおこなっていくべきです。FXB-Manual は、そんな方にはオススメできる商材です。

ポジションを建てることが大好き!という方には、向いていないので注意してください。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

【注意】BOBOXでトラブル続出

BOBOXをプッシュする記事に注意 最近よく見かけませんか?BOBOXの記事。その大半が、BOBOXをお薦めする記事ばかりです。中には「BOBOXの必勝法を教えます」と宣伝して、口座開設を促すような手口も多くみられます。…

100円を目前にしたUSDJPYに気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されているEAにも少なからず影響を与えたようで…

FX伝承 【検証とレビュー】

FX伝承は1日たりとも負けなしのトレード… すごそうな商材が出てきました。FX伝承です。 1日たりとも負けなしのトレードで年利104%を実現 もし負けたなら全額返金させていただきます 文すごい自信を感じますね。FX伝承の…

SCORPION(スコーピオン) 【検証とレビュー】

EAビジネスについて このEAを販売している会社(トレーディングオフィス社)は、PEGASUS(ペガサス)、HAWK(ホーク)やFALCON(ファルコン)など、過去にもいくつかEAを出してますね。いわゆるEAを専門的に販…

アキュレートバイナリー 【検証とレビュー】

アキュレートバイナリーは、FXトレードファイナンシャル専用の自動売買ツール GMOクリック証券バイナリーオプション対応の自動売買ツールが鳴りを潜めたと思ったら、今度はFXトレードファイナンシャルのHigh&Low専門の自…

AmbushFX 検証とレビュー

AmbushFXが売れていますね… 多くの検証依頼を頂いているAmbushFXですが、ランキングでもダントツ1位ですね(2014年1月29日現在)。価格は19,800円です。 私も商材を購入しましたので、具体的に商材の中…

投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センター関連の記事をアップしています。 コピー…

バイナリーオプション自主規制はほぼ決定

【最新情報】 2012年12月13日、自主規制の内容が明らかになりました。以下の記事をご覧下さい。 バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに! バイナリーオプション自主規制へ もうご存じの方も多いと思いますが、バイナ…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実際のチャート画面はこんな感じです。 ご覧…

ハイローインベスターアカデミー【検証とレビュー】

「ハイローインベスターアカデミー」は21万円〜33万円 あのアルケミーシステムが「ハイローインベスターアカデミー」として販売を開始しました。価格は以下のとおりです。 217,000円(現金一括、先着10名) 267,00…

乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖離率を使ったトレード手法は、目新しく映る…

金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁によるBO規制が正式発表された! 衝撃的な記事です。2013年4月21日付けのウォールストリートジャーナル(WEB版)の記事です。 金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一で予想するデリバティブ(金融派生商品)…