【元国税庁が警鐘】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

【元国税庁が警鐘を鳴らす】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

【元国税庁が警鐘を鳴らす】今の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって持ちこたえてるだけだ…

仮想通貨は必ず衰退する!?

毎日のようにメディアを賑わす「仮想通貨」。

最近では、昨年「仮想通貨取引」で億万長者になった人が331人だったと国税庁が発表したばかりです。

2017年、仮想通貨で「億り人」は331人!【日経新聞】

さらには、弱冠23歳という若さで、借金1億円から「仮想通貨取引」で一気に億り人を達成した女性の登場など、ネタが尽きない仮想通貨業界です。

借金1億円を返済した最強仮想通貨女子「私が億超えした理由」

これらのニュースをみて、改めて「やっぱり仮想通貨は儲かる!」と思ったユーザーも少なくなかったのではないでしょうか。

仮想通貨はたんなる”幻想通貨”だ!と喝破

今回は、そんな仮想通貨バブルに警鐘を鳴らす人物をご紹介します。

元国税調査官の大村大次郎氏です。

彼は、元国税調査官という異色の経歴を持つ節税のプロフェッショナルです。税金や節税に関する多くの著書があり、かなり際どい(脱税に近い?)節税法などを紹介することで人気を博しています。

彼は2018年1月初旬の時点で、仮想通貨に未来はないと断言しています。

仮想通貨は、その価値に実体の裏付けがない「幻想通貨」であり、過去に起きた一過性の「記念切手ブーム」となんら変わりがないと述べているのです。

実体のないものに価値を見出して幻想を抱いているにすぎないということです。

ちなみに、ビットコインは、今後発展するでしょうか?私は、しないと思います。

仮想通貨というのは、非常に小難しい理屈を用いて、さも非常に信用のある通貨のような喧伝をされています。が、仮想通貨というのは、「幻想通貨」といえるもので、その通貨の価値には、実体の裏付けがありません。

(中略)

ビットコインは、どんなに小難しい理屈を並べ立てても、幻想通貨であることには変わりありません。そして喧伝されているように「他の通貨よりも使いやすい」などということは、決してありません。これだけ価値が上下する通貨が、通貨として使いやすいわけはないのです。

今は、世界中の注目が集まっているので、価値は上昇していますが、そのうち、破たんに近い状態が起きるのではないか、と筆者は思っております。

引用:ビットコインは脱税し放題か?元国税職員が明かす仮想通貨の実態(MAG2NEWS)

この発言と時期を同じくしてビットコインは最高値をつけ、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いを見せていました。

その後は、多くの方もご存知のように大半の仮想通貨が大暴落を起こします。

現在の仮想通貨相場は「どろ船」から逃げ遅れた人々によって形成されているにすぎない

仮想通貨が、その価値に実体の裏付け(担保)がない以上、いつでもゼロ(無価値)になる可能性を秘めていると述べています。

ではなぜ今、ビットコインを始めとする仮想通貨がゼロになっていないのか?

この点においても大村大次郎氏は独自の見解を述べています。

なぜ仮想通貨の値は持ちこたえているのか?

機関投資家やプロの投資家であれば、投資対象の相場が崩れたとき、一定の水準に達すれば、思い切って全部処分します。多少、損をしていたとしても、それ以上の大損をしないためです。だから、普通の金融取引市場では、ある銘柄が一旦、暴落すればあっと言う間に底値に達したりするのです。

しかし、仮想通貨の場合、「多少、損をしていたとしても、それ以上の大損をしないために処分する」という法則性を持っていない投資家がほとんどです。それがかえって功を奏し、今のところ底値には至っていないのです。逆に言えば、現在の仮想通貨相場は、逃げ遅れた人たちによって形成されているとも見ることができるのです。

引用:「ビットコイン暴落」から逃げ遅れた人々が認めない不都合な真実(MAG2NEWS)

今の仮想通貨相場は、バブルに乗り遅れた人やバブル後に参入した残念な人々の「執着」によって、なんとか息をしている状態だというのです。

仮想通貨という「どろ舟」逃げ遅れた人々によって、ギリギリ持ちこたえているのが、今の仮想通貨相場の現状…なかなか厳しいご意見です。

”黄金の船”だと思って乗船したら、実は金メッキを貼った”どろ舟”だった…というオチ

「仮想通貨には価値がある」と思っている人が、今後ますます少なくなってくれば、その価値を支えることは困難になります。

架空通貨であるため、価値の裏付け(担保)がなにもないのも事実です。

”黄金の船”だと思って乗船したら、実は金メッキを貼ったただの”どろ舟”だった…というオチにならなければ良いですね。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

玄人工房株式会社のEAは自動売買の聖杯なのか?
投資詐欺に遭わないためにあなたが見るべき動画

うまい話に乗るまえにこれらの動画を見るべき ここのところ、投資詐欺(疑惑)事件をいくつか取り上げました。 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経…

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】
【速報】楽天証券がFXCMジャパンを買収

楽天証券が73億円でFXCMジャパンを買収 またまたFX会社の統廃合に関するニュースです。 楽天証券、米FX取引会社の日本法人を買収 73億円で 楽天証券は25日、米大手外国為替証…

ポンジ・スキームってなに?

ポンジ・スキームとは 投資詐欺に関する記事をいくつかアップした関係か、ポンジ・スキームというキーワードでのアクセスが増えています。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
まず生き残れ!儲けるのはそれからだ(ジョージ・ソロス)

勝てる方法よりも負けない方法を学ぶべき 毎日のようにブログ読者様から様々なご質問を頂くのですが、一番多いご質問は「どうしたら勝てるようになりますか?」というものです。質問者は、あま…

+15pipsスキャルFX 【検証とレビュー】
投資助言代理業者との紛争(トラブル)

国民生活センターとADR制度 国民生活センターには、多くのトラブル相談が寄せられています。FXに関する相談も増えているようです。 国民生活センター 当サイトでも過去に国民生活センタ…

投資助言代理業者との紛争(トラブル)
【業務停止命令】みんなのクレジットのお粗末な実態とは?

証券取引等監視委員会が「みんなのクレジット」の行政処分を勧告 2017年3月24日、証券取引等監視委員会が「株式会社みんなクレジット」を行政処分するよう金融庁に勧告を行いました。 …

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に
オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか? 投資家集団オプザイルが…

trading made simple01
Trading Made Simpleがシンプルで素晴らしい件

Trading Made Simpleという手法 今回も、前回に引き続き、海外フォーラムからの手法をご紹介します。Trading Made Simpleです。FOREXFACTOR…

【タイ在住】3年で1億4000万円を稼いだ木本隆義氏のFX必勝法とは?
資産10億円!FX長者ヒルズ族の絶頂と転落

資産10億円!元FX長者の”絶頂”と”転落” FXトレーダーで10億円を稼ぎ、六本木ヒルズ在住で名を馳せた磯貝清明氏を覚えていますか? 彼は2007年当時「日本で一番ポンドを持つ男…

キプロスがEUを離脱すればFX業者は大打撃!
キプロスがEUを離脱すればFX業者は大打撃!

預金の25%が棒引き(課税)される! キプロスの預金封鎖第一報から、すでに1週間経過しました。 ”キプロスで預金封鎖” の余波 キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー キプロ…

キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー
キプロスショック(預金封鎖)とFXブローカー

キプロスショックのその後 キプロスショックで案の定、窓を開けましたね。 その後、窓埋めに向かいましたがまだ完全には埋めきっていない状態です。 キプロス支援策の方向転換 前回の記事で…

FXコア 【検証とレビュー】
落ちるナイフをつかむな!ドル円が歴史的な下落(ナイアガラ)を記録

ドル円が歴史的な下落を記録 為替も株も、大変なことになっています。今でこそ119円まで盛り返したドル円(USDJPY)は、一時的に116円台に突入しました。その様は、まさにナイアガ…