東京オンリーFX【検証とレビュー】

『東京オンリーFX』6年間負け無し【検証とレビュー】

『東京オンリーFX』6年間負け無し【検証とレビュー】

C評価商材

『東京オンリーFX』検証とレビュー

株式会社金馬新聞がリリースした『東京オンリーFX』を検証します。

東京オンリーFX
【6年間負け無し】東京オンリーFX
販売元:株式会社金馬新聞
発売日:2018/03/07
内容:インジケーター
公式サイト:http://tokyo-only-fx-tp.main.jp/

株式会社金馬新聞は、過去に3つのFX商材を販売しています。

当サイトで検証レビュー済みの『ドルスキャワールドFX』、『ドルスキャワールドFXオート』は、どちらもC評価商材としました。

『東京オンリーFX』でできること

東京時間の11時から14時のレンジを逆張りで攻める

『東京オンリーFX』という名称からもわかりますが、東京時間の11時〜14時の時間帯でトレードするストラテジー(MT4専用インジケーター)です。

東京時間の11時〜14時という時間帯は、相場を動かす材料に乏しく、ボラティリティが極めて低いため、一般的にレンジ(ヨコヨコ)状態になりやすい相場です。

基本は”1分足レンジカウンター”だ

レンジ相場における逆張り(カウンター)トレードが基本です。

東京オンリーFXチャート

東京オンリーFXチャート

『東京オンリーFX』のインジケーターは、チャート上に大小2種類の矢印を点灯させます。

大きな矢印点灯を確認後、同方向の小さな矢印点灯でEntry。逆方向の小さな矢印点灯でEXIT。シンプルですね。

対象通貨ペアは3つ。

  1. USDJPY
  2. EURJPY
  3. GBPJPY

執行時間足は「1分足」です。

RSIをベースにしたスキャルロジック

『東京オンリーFX』では、RSI(期間9)をベースにした極めてシンプルなロジックを採用しています。チャート上の小さな矢印は、このRSI(期間9)によって表示させています。

RSI(The Relative Strength Index)は逆張りによく使われるオシレーター系のテクニカルです。相場の「買われすぎ」や「売られすぎ」を数値化し、反転を予測します。

「外為オンライン特別講座第4回RSI・ウィリアム%R」から画像を拝借します。

RSIの一般的なな使い方は、次のとおり。

  • RSIが70~80%以上 → 買われ過ぎ → 売り判断
  • RSIが20~30%以下 → 売られ過ぎ → 買い判断

レンジ相場では比較的有効なインジケーター、それがRSIです。

トレードの方向性(大きな矢印)のベースはウィリアム%R(Williams Percent Range)です。このテクニカルもRSIと同様、トレンド転換の判定に使われます。先ほどと同じように「外為オンライン特別講座第4回RSI・ウィリアム%R」から画像を拝借します。

EA化しているのであれば、EAを販売すれば?

成績はすべて理論値(机上)にすぎない…

『東京オンリーFX』の優位性については、過去成績しか提示されていません。しかもMT4のストラテジーテスターによるバックテストのみです。

東京オンリーFX-StrategyTesterx(USDJPY冬時間)

東京オンリーFX-StrategyTesterx(USDJPY冬時間)

東京オンリーFX-StrategyTesterx(USDJPY夏時間)

東京オンリーFX-StrategyTesterx(USDJPY夏時間)

東京オンリーFX-StrategyTesterx(EURUSD)

東京オンリーFX-StrategyTesterx(EURUSD)

東京オンリーFX-StrategyTesterx(GBPUSD)

東京オンリーFX-StrategyTesterx(GBPUSD)

こうしてグラフを見ると申し分ない(過去)成績ですが、単なるバックテストにすぎません。フォワード成績は皆無です。

フォワード成績のないバックテスト結果は、カーブフィッティング(過去レートにパラメーターを合わせてEAを調整すること)を疑われても仕方がありませんね。

そもそも販売ページに掲載されているストラテジーテスターは、意図的かどうか不明ですが、パラメーター情報や期間が隠されています。この点を疑問に思わず、諸手を挙げて過去成績を絶賛している人は、投資リテラシーが低いといわれても仕方がありません。

最初からEAを販売すれば?

ストラテジーテスターでのバックテストを実施したのであれば、ロジックをEA(自動売買)化して検証したということです。であれば、EAを販売すればよいのでは?

もしかすると、しばらくして『東京オンリーFX〜自動売買版』と称して、EAをリリースするかもしれませんね。

前作『ドルスキャワールドFX』でも、インジケーター販売後に、わずか4ヶ月たらずで別商材として『ドルスキャワールドFX〜自動売買版』を登場させていました。

購入者は「人柱」だ

毎度このブログで伝えていることですが、フォワードデータが皆無のEAを販売する行為は、購入者を人柱にするということと同等です。

本来であれば、販売者がフォワードテストを行い、そのEAの優位性を確認するべきです。それをしないで、バックテストのみで販売するということは、購入者にフォワードテストを押し付けていることになります。

『東京オンリーFX』を購入する方は、まさにお金を払ってボランティアしているようなものです。

東京オンリーFX
【6年間負け無し】東京オンリーFX
販売元:株式会社金馬新聞
発売日:2018/03/07
内容:インジケーター
公式サイト:http://tokyo-only-fx-tp.main.jp/

『東京オンリーFX』の欠点

まず『東京オンリーFX』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.フォワードテストは皆無(購入者が人柱)

過去6年間に渡るバックテスト結果は、優秀です。とはいえ過去成績に過ぎません。フォワードテストは皆無です。結局のところ、『東京オンリーFX』を購入したユーザーが自らフォワードテストをすることになります。この点を許容できる方だけが買うべきでしょう。

2.トレード可能時間は、11時〜14時の3時間のみ

『東京オンリーFX』は11時〜14時の3時間のみに最適化されたストラテジーです。この時間にトレード可能な方しか、実践することができないロジックです。

スマホにMT4アプリを入れれば、外出先でもトレード可能ですが、スマホを見ることができない突発的な用件が発生したときに、損切りにあってしまう…なども十分にあり得ます。スマホトレードは、かなりストレスのかかるトレード手法であることを知っておくべきでしょう。

そもそもスマホのMT4アプリでは、『東京オンリーFX』のカスタムインジケーター(矢印)は表示できませんので、結局RSI(期間9)を表示させてのトレードとなることも、知っておくべきです。

3.損大利小でストレス「大」

レンジ内の逆張りであるため、利幅は極めて小さくなります。一方損切り幅は最大30pipsと「損大利小」です。つまり60%以上の勝率が常に求められる手法となります。

「損大利小」は、勝ちやすい一方で、一度負けると利益を吹き飛ばすこともあるため、人によってはストレスの強いトレード手法です。

またコツコツ型スキャルピングなので、少しのタイミングで利益が減少したり、場合によってはマイナスになることも十分にあり得ます。

商材の欠点
  1. フォワードテストは皆無(購入者が人柱)
  2. トレード可能時間は、11時〜14時の3時間のみ
  3. 損大利小でストレス「大」

『東京オンリーFX』の評価点

次に『東京オンリーFX』の評価できるポイントを解説します。

1.シンプルイズBEST

RSI(期間9)をベースにし、11時〜14時の3時間に限定したカウンタートレードは、シンプルの極みです。レンジ内での小さな利益をコツコツと積み上げる手法が好きな方にはオススメできるロジックです。

シンプルであるため、初心者の方でも取り組みやすいでしょう。

また、ベースロジックも明快で応用範囲も広いので、色々とアレンジできそうな予感です。

2.ロジックは100%公開されていること

ベースロジックは完全に公開されています。

  • 大きな矢印…ウィリアム%R(Williams Percent Range)
  • 小さな矢印…RSI(The Relative Strength Index)

この点は評価できますね。

3.バックテストデータが公開されていること

過去6年間にわたるバックテストデータが公開されている点は評価できます。ただ、惜しむらくはフォワード成績が皆無である点です。

是非とも販売者側でmyfxbookなどを活用してフォワード成績を公表して欲しいところです。

商材の良点
  1. シンプルイズBEST
  2. ロジックは100%公開されていること
  3. バックテストデータが公開されていること

『東京オンリーFX』総合評価

C評価商材

【結論】日中の3時間に限定した分足逆張りスキャル
シンプルなストラテジーでコツコツ利益を積み上げる
バックテスト結果は(見た目)優秀だが、フォワード実績は皆無である点が残念

『東京オンリーFX』は、日中(11時〜14時)のわずか3時間に限定した1分足逆張りスキャルロジックです。

ほぼ無裁量でENTRYできるようRSIをベースにしたインジケーターが付属しており、初心者でも迷うことなくトレードできます。

バックテストは(カーブフィッティングがない前提であれば)申し分ないでしょう。とはいえ、フォワード成績が皆無である点はいただけません。せめてmyfxbookなどで販売者自らフォワード実績を公開して欲しいところです。

また、無裁量を謳うならばEA化できるはずですので、最初からEAとして販売するべきではないか?という疑問も残ります。

商材の良点
  1. シンプルイズBEST
  2. ロジックは100%公開されていること
  3. バックテストデータが公開されていること
商材の欠点
  1. フォワードテストは皆無(購入者が人柱)
  2. トレード可能時間は、11時〜14時の3時間のみ
  3. 損大利小でストレス「大」

『東京オンリーFX』を購入するべき人

『東京オンリーFX』を購入してはいけない人

東京オンリーFX
【6年間負け無し】東京オンリーFX
販売元:株式会社金馬新聞
発売日:2018/03/07
内容:インジケーター
公式サイト:http://tokyo-only-fx-tp.main.jp/

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分 今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter…

優秀なEAを選ぶシンプルな方法とは?

EAは【成績】が全て 昨日の記事でORION FXを取り上げ、EAの優位性を証明するデータが不十分であることを記載しました。 ORION FX 【検証とレビュー】 EAを提供される…

竹井佑介のFXミリオネアアカデミー 【検証とレビュー】

FXミリオネアアカデミーは”FX投資スクール” 昨日より「竹井佑介のFXミリオネアアカデミー」への検証依頼が殺到しています。 「FXミリオネアアカデミー」は、オンライン型のFXスク…

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その2

井手式7daysFXへのご質問と回答 読者様から井手式7daysFXに関するご質問を頂いたので、シェアしたいと思います。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その1 井手式7d…

津島式FXトレード塾 【検証とレビュー】

津島式FXトレード塾は初心者向けFXセミナー動画 津島式FXトレード塾は、いわゆるFXの動画教材です。読者モデルを生徒にして、初心者向けのFXセミナーを撮影し編集した内容になってい…

ヴィッキースマイル 【検証とレビュー】

ヴィッキースマイルはポンド円専用EA ユニークな名前のEAが登場しました。ヴィッキースマイルというEAです。ポンド円(GBPJPY)専用の自動売買システムですね。 証券会社フリー版…

FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】

※販売会社であるグローバルビジョンは後に金融庁により「無登録で金融商品取引業を行っている者に対する警告」を受けています。 http://kantou.mof.go.jp/conte…

Flash Zone FXが最終オファーを告知(新たな特典を追加)

Flash Zone FXが”ラストオファー” 当ブログでもレビュー済みで高評価のFlash Zone FX(フラッシュゾーンFX)がいよいよ最後のオファー告知をおこなっています。…

USDJPY_EURUSD PRO 【検証とレビュー】

HUAU氏のEAの中でも、抜群の安定感 このEAの作者はHUAUという方で、相当な数のEAを販売されています。プロフィールには、 4年半の間、EAの開発だけに時間を費やし、1000…

グランドセオリーFXで使われている一目均衡表の「雲」とは?

日本人が開発した画期的なテクニカル指標「一目均衡表」 グランドセオリーFXのざっくりとしたレビュー記事をアップしました。 グランドセオリーFX【検証とレビュー】 グランドセオリーF…

ライスキャFX
ライスキャFX DX完全版【検証とレビュー】

「ライスキャFX」は”IQ190”の天才が開発したライントレード手法だ IQ(知能指数)190の梶真英氏によるライスキャFX(ライントレードスキャルピングFX)DX完全版をレビュー…

ドラゴンストラテジーFX
ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを同時に表示させるまでの手順

ドラゴン・ストラテジーFX 【検証とレビュー】 ドラゴン・ストラテジーFXとSQIを組み合わせて検証してみる ドラゴン・ストラテジーFXの優位性を高める工夫 ドラゴンストラテジーF…