世界一わかりやすいFXの学校【検証とレビュー】

世界一わかりやすいFXの学校【検証とレビュー】

世界一わかりやすいFXの学校【検証とレビュー】

B評価

「世界一わかりやすいFXの学校」はどんなFX商材か?

投資助言代理業者が提供するFX商材

世界一わかりやすいFXの学校をレビューします。

世界一わかりやすいFXの学校 タイトル:世界一わかりやすいFXの学校【無料お試し】
販売:ヘッジファンドバンキング株式会社
メディア:インジケーター・テキスト・動画
発売日:2017年01月26日
世界一わかりやすいFXの学校【無料お試し】

投資助言・代理業者(関東財務局長[金商]第2747号)であるヘッジファンドバンキング株式会社が提供する、コンテンツです。

金融商品取引業者登録一覧

金融商品取引業者登録一覧

ヘッジファンドバンキング株式会社は、これまでに様々な投資商材をリリースしています。銘柄配信サービス「株ドカン」なども有名な商材のひとつですね。

FXの基礎から学ぶ総合的な商材

手法や売買ルールだけでなく、資金管理、リスク・リターン管理、取引結果分析、取引記録、トレーダーマインド管理など、一連のFX取引で必要な知識・技術を、総合的に学ぶためのワンストップサービスです。講師は、元投資信託の運用会社でファンド運用に従事した山崎毅氏です。

マニュアル等は、テキスト(PDF)と動画ですね。

  • PDFテキスト 318ページ
  • 解説動画 532分(約9時間)

また、毎週月曜日の午前中に、相場概況を解説した「週刊レポート」が届く、というサービスも提供されます。

そして最大のウリであるオリジナルツール「トレンド・スカウター」がセットになっています。

トレンドスカウター

トレンドスカウター

7日間の「無料」お試し期間あり

「世界一わかりやすいFXの学校」は7日間の無料お試し期間を設けています。7日間のお試し期間中であればいつでも無料で退会可能というものです。7日後に正式な入学となり、商材購入費用が課金されます。それ以降の月額課金はありません。

無料お試し期間後に選択できるコースは以下の2つ。

  • 基本コース:49,800円(3ヶ月間)
  • プレミアムコース:89,800円(6ヶ月間)

お試し期間中でもオリジナルツール「トレンド・スカウター」は利用可能です。

気になるツール(インジケーター)について

オリジナルツール「トレンド・スカウター」

やはり気になるのは提供される「トレンド・スカウター」と呼ばれるオリジナルインジケーターですね。

トレンドスカウター

トレンドスカウター

スカウターといえば漫画『ドラゴンボール』ですね。相手の戦闘能力を測定する装置として描かれていました。そもそもスカウター(Scouter)には斥候とか偵察という意味があります。「世界一わかりやすいFXの学校」で提供されるトレンドスカウターは、いわば”トレンドを探る”、”相場を分析する”という役目がありそうです。

トレンドスカウターの画像を見ると、ダウントレンドで赤いブロック、アップトレンドで青いブロックが描かれていますね。トレンドの状態をビジュアル的に把握するためのツールと言えそうです。販売ページには次のように解説されています。

「青」と「赤」の買いと売りのサインを瞬時に察知し、相場の方向感を確実に捉えます。
プロと同じトレードを簡単に実践できるようになります。

「世界一わかりやすいFXの学校」で学ぶ手法は、移動平均線を活用したトレンドフォローです。そしてトレードの補助ツールとして「トレンド・スカウター」を使用します。

トレンドスカウター(GBPJPY)

トレンドスカウター(GBPJPY) ※7日間の無料お試し期間に登録すると、このトレンド・スカウターを1ヶ月間、無料で利用することができます。

トレードスタイルは、日足・4時間足・1時間足を使ったデイトレ〜スイングです。わりとゆったり目のトレードですね。1日のわずかな時間を使って相場を確認し、仕掛けのタイミングを探ります。仕掛けた後は、数時間おきくらいの間隔でチャートをチェックする…というスタイルですので、会社勤めなどで忙しい方でも取り組めそうです。

直近の相場をトレンド・スカウターで分析した解説記事をご紹介します。

2017年10月3日11:00の米ドル円(USDJPY)相場は、選挙要因などによるリスクオンの円安の動きが強まり、一時113円を突破しています。世界一わかりやすいFXの学校の相場分析インジケーター「トレンドスカウター」でUSDJPYの週足チャートを分析しました。(下図参照)

トレンドスカウター(USDJPY)

現在のトレンドは、①上昇最終局面(天井形成~下落転換までの動き)です。まだトレンド①に転換して間もないため、しばらくは上値追い目線での推移が続くと考えられるでしょう。そのため直近1年間の動きで節目となるポイントを紹介します。第1目標ラインの114.5円付近は、直近半年間の高値ラインです。115円台には年初来高値もありますので、この辺りは大きな利食い売りが発生するでしょう。中期的にそのラインを突破していけば、直近約1年の高値ライン118.5円が視野に入ります。

引用:トレンドスカウター実践日記(公式ブログ)

「世界一わかりやすいFXの学校」の公式ブログである「トレンドスカウター実践日記」では、トレンドスカウターを活用した相場分析記事が多数掲載されています。気になる方は、一読されることをおすすめします。

「世界一わかりやすいFXの学校」の欠点

「世界一わかりやすいFXの学校」のデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.学べる手法はトレンドフォロー(裁量)のみ

スクールで学べる手法は、順張り(トレンドフォロー)のみです。スタイルは日足・4時間足・1時間足を使った、比較的ゆったりとしたデイトレードといえます。スキャルピング的なトレードスタイルを好む方は、物足りなさを感じるでしょう。

トレンドスカウターと移動平均線によって相場を分析し、仕掛けと手仕舞いのタイミングを探る「裁量トレード」です。

2.トレンドスカウターを売るためのスクールか?

「世界一わかりやすいFXの学校」を穿った見方をすれば、トレンドスカウターを売るために作られたスクールと言えなくもありません。ツールとそのマニュアルだけでは価値を演出しづらいため、あえてスクールという形にこだわってパッケージングしたようにも思えます。トレンドスカウターが欲しいかどうか?が購入の決め手になりそうです。

今ひとつ
  • 学べる手法はトレンドフォローのみ
  • トレンドスカウターを売るためのスクールか?

「世界一わかりやすいFXの学校」の評価ポイント

次に「世界一わかりやすいFXの学校」の評価できるポイントです。

1.相場分析ツール「トレンドスカウター」をお試しで使える

7日間の無料お試し期間を利用すれば、トレンドスカウターを1ヶ月間、無料で使用することができます。トレンドスカウターそのものでトレードするわけではありませんが、公式ブログをみる限りにおいては、なかなか興味深い分析ツールといえそうです。

まずは7日間の無料お試しを活用して、実際にトレンドスカウターを使ってみるというのも良いかもしれませんね。

2.投資助言代理業者が提供するFX商材という安心感

ヘッジファンドバンキング株式会社は、投資助言・代理業者(関東財務局長[金商]第2747号)として登録されています。正体不明の販売業者ではありません。金融商品取引法(金商法)によって正式な手続きを経て登録され、金融庁の監督下にある販売業者です。

その投資助言代理業者がリリースする商材ですので、その点で安心感はありますね。

ここがマル
  • 相場分析ツール「トレンドスカウター」をお試しで使える
  • 投資助言代理業者が提供するFX商材という安心感

「世界一わかりやすいFXの学校」総合評価

B評価

【結論】結局「トレンドスカウター」を使ってみたいかどうか?が購入のポイントになるだろう

FXスクールと銘打ってはいますが、「トレンドスカウター」が最大のウリであり、その他のFX講習マニュアル等は「飾り」にすぎないように感じます。結局のところ「トレンドスカウター」を使いたいかどうか?が購入の決め手になるのではないでしょうか。

トレンドスカウターは、シグナルを出してくれるようなお手軽ツールではありません。相場分析のツールであり、それだけで勝てるようになるわけでもありません。相場状況を正しく捉え、仕掛けと手仕舞いのポイントを探るための補助ツールです。どのようにトレンドスカウターを活用するのか、知りたい方は公式ブログをくまなく読むことをおすすめします。

そして、このツールがあなたのトレードスタイルにマッチすると考えるならば、まずは7日間の無料トライアル期間を活用してみることです。7日以内に解約すれば、料金は一切発生しません。実際に使ってみてしっくりこなければ、即座に解約することをおすすめします。

今ひとつ
  • 学べる手法はトレンドフォローのみ
  • トレンドスカウターを売るためのスクールか?
ここがマル
  • 相場分析ツール「トレンドスカウター」をお試しで使える
  • 投資助言代理業者が提供するFX商材という安心感

「世界一わかりやすいFXの学校」を購入したほうが良い人

  • トレンドスカウターに興味がある人
  • 順張りトレードを学びたい人
  • デイトレ・スイングトレードを好む人
  • 投資助言代理業者という安心感を求める人

「世界一わかりやすいFXの学校」を購入しないほうが良い人

  • スキャルピング的な張り付き型トレードを好む人
  • トレンドスカウターに興味を持てない人
B評価
世界一わかりやすいFXの学校 タイトル:世界一わかりやすいFXの学校【無料お試し】
販売:ヘッジファンドバンキング株式会社
メディア:インジケーター・テキスト・動画
発売日:2017年01月26日
世界一わかりやすいFXの学校【無料お試し】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 よく読まれている記事

FXB-Manual 【検証とレビュー】
為替予約取引の経験を活かして6ヶ月で5000万円を稼いだ方法

為替予約取引の経験をFX取引に活かす 為替予約取引をご存知でしょうか?為替予約取引とは、企業等が為替リスクを軽減するために、予め条件を決めて為替の売買を行なうことをいいます。為替先…

BINARY×BINARY 【検証とレビュー】

60秒バイナリーに特化したMT4ツール BINARY×BINARYは、60秒バイナリー(60セカンズ)に最適化されたMetatrader4対応のツール(インディケーター)です。 6…

トレンドラインpro 【検証とレビュー】

トレンドラインproはラインを自動描写するインディケータ トレンドラインproという商材をご紹介します。MetaTraderで動作するライン自動描写ツール(インディケータ)です。実…

ロケットブレイクFX 第2期【検証とレビュー】

ロケットブレイクFX第2期の募集がスタート ロケットブレイクFXと呼ばれる投資塾が第2期のメンバーを募集しています。 第1期の募集がおこなわれたのはちょうど1年前(2015年12月…

Dealing FX 【検証とレビュー】

Dealing FXは現代版「酒田五法」か Dealing FXは、裁量系の商材です。プライスアクショントレードマニュアルとあるように、レート(値)のアクション(動き)やチャートパ…

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に
オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか? 投資家集団オプザイルが…

BO Daily Kingdom 【検証とレビュー】

BO Daily Kingdomの実績 BO Daily Kingdomは、その名の通りバイナリーオプションの商材です。2011年11月に販売スタートしてますので、まだ2ヶ月くらい…

資本家に搾取される無知の民衆
PAMM運用会社「Nextory」が逃亡か?

PAMM運用会社のNextoryが夜逃げ? PAMM運用会社Nextoryのサイトがアクセス不能になっています。 http://fx-nextory.com/index.html …

資本家に搾取される無知の民衆
ライフステージ(FX投資コンサル会社)が無登録で146億円を集金

社名が報道された 先日の記事で、新宿のコンサル会社が無登録で百数十億円を集めたニュースを記事にしました。 【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか? NHKの速報だ…

FXコア 【検証とレビュー】

FXコアの成績について 問い合わせの多い商材です。FXコアは口座縛りのあるEA(自動売買システム)ですね。多くのユーザーの方から「FXコアを使って、今のところ勝っていますがどうでし…

損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”
FXコピートレードの本質は「邪悪」&「搾取」

コピートレードの本質について考えてみる コピートレードの本質について、私の考え(持論)を述べたいと思います。 最近、FXのコピートレードサービスをよく見かけるようになりました。コピ…

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げました。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Fla…