岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【検証とレビュー】

岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【検証とレビュー】評価…AA

岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【検証とレビュー】評価…AA

A評価商材

FX業界のガチ勢が参戦…「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」

FX業界ではけっこう名のしれた岡安盛男さんが、FX情報商材業界に参入です。詐欺まがいの商材が平気で売られているFX情報商材マーケットに、久々にまともな業界人が登場した感があります。

岡安盛男のFX 極 タイトル:岡安盛男のFX 極
販売:株式会社TKトレード
メディア:PDFテキスト・動画
発売日:2017年8月16日
岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【公式サイト】

「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」はどんなFX商材か?

「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」は”IFDOCO型トレード”だ

さて「岡安盛男のFX 極」をワンフレーズで表現するなら「IFDOCO型トレード」となります。

  1. 朝一でチャートを確認し逆指値注文を入れておく=IFD注文
  2. 同時にOCO注文で利確と損切りを設定してそのまま放置

つまり、早朝に全ての設定作業(相場確認から注文まで)をおこない、その後は完全放置します。注文スタイルはIFDOCO(IFDO、IFOとも呼ばれる)注文です。設定作業後に、逆指値注文が刺さればポジションが自動で建てられ(IFD注文)、その後OCO注文によって利益確定もしくは損切りが行われるというものです。

デイトレーダーやスキャルトレーダーのように、チャート画面に張り付いておく必要はありません。極めてストレスの少ないトレード手法です。

罠(ワナ)をしかけて獲物を狩る「Trap Trade」の一種

こうした手法は、Trap Trade(トラップトレード)などと呼ばれています。罠(トラップ)を仕掛けて獲物を狩る「罠猟」のようなイメージです。

Trap Trade(トラップトレード)には様々な種類(形態)があります。

  • M2Jのトラリピ(トラップリピートイフダン)
  • 早朝に仕掛ける「Morning Trap Trade」
  • ロンドンタイム開始時のブレイクを狙う「LondonOpening」等…

共通するポイントは、先にIFO注文を設定しておき(=罠の設置)、トラップ(罠)にかかるのをひたすら待つということです。トラップ(罠)にかかれば利益or損失が出るまで放置です。トラップ(罠)にかからなければ、そのトラップ(罠)は回収し、翌日また罠を仕掛けます。

手順としてはとてもシンプルであり、毎日同じ作業を繰り返すだけです。ロジックに優位性があれば、ストレスをほとんど抱えることなく、容易に利益を伸ばすことができます。

「岡安盛男のFX 極」もTrap Trade(トラップトレード)の一つといえます。

NY市場の大引けから調整ゾーンを経ての”トレンド再開”を狙い撃つ

NY市場の大引けからアジア市場(東京市場)が始まる早朝にかけてのチャート分析によって、東京市場においてどちらにトレンドが出やすいかを判断します。そのうえで仕掛け(IDDOCO注文)を設定します。

NY市場でのトレンドが大引けによって「調整」に入り、その後の明け(東京市場)でトレンドが再開することはよくある傾向です。こうした市場の性質(傾向)を利用したトレードです。

ロジックのベースとしてはSmart Professional FX (スマプロFX)みんなでFX -Rising Sun- に近いといえますね。

チャートリーディングには裁量が求められる

インジケーターは一切使わず、ラインを含めたテクニカル分析によって相場を見極めます。ルールは明確ですが、相場の状況次第ではスルーしたり場合によっては逆方向への仕掛けをおこなうなど、臨機応変さが求められるロジックです。相応の裁量判断が必要とされる手法となります。

販売ページに掲載されている岡安盛男さんの実績(月平均60万円)を、誰もが再現できるわけではないことを理解しておく必要があります。

トレンド初速狙いの「谷底」逆指値注文だからこそ容易に利益を出しやすい

「岡安盛男のFX 極」での注文方法は、逆指値注文(IFD)です。つまり非常に深いところからトレンド初速を狙うわけです。

谷底に逆指値を設定しておくことで、少しのトレンド(戻し)で利益確定できます。谷底に逆指値があるからこそ、損切り幅も小さく限定されます。一方、逆指値が刺さらなければスルーとなります。

岡安盛男のFX極その1

岡安盛男のFX極その1

岡安盛男のFX極その2

岡安盛男のFX極その2

リスクが限定され、利益を容易に出しやすいトレードです。リスクリワードバランスも、損切り幅1に対し利益幅は2倍から3倍です。深い谷底に逆指値を置いて、トレンドの初速を狙う。極めてロジカルかつ安全性の高い手法といえます。

岡安盛男のFX 極 タイトル:岡安盛男のFX 極
販売:株式会社TKトレード
メディア:PDFテキスト・動画
発売日:2017年8月16日
岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【公式サイト】

「岡安盛男のFX 極」の欠点

「岡安盛男のFX 極」のデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.トレードの醍醐味(エキサイティング)は一切ない

早朝にチャート分析をおこない、IFDOCO注文を設定すれば、あとは完全放置です。逆指値が刺されば自動的に注文され、その後はOCOで決済まで自動的におこなわれます。長時間チャートを睨みながら切った張ったの勝負に喜びを感じるトレーダーにとっては、物足りなさを感じる手法です。

2.ビッグトレンドは狙えないことを理解する

IFDOCO注文であるため、最初から利益幅(と損切り幅)は確定しています。どんなに大きなトレンドが発生したとしても、利益幅は限定されます。

3.裁量判断が大いに求められる手法であるため成績は人によってばらつきがある

早朝のチャート分析では、裁量判断が大いに求められます。ルールは明確に定められていますが、分析作業は簡単ではありませんし、各人のスキルが大きく影響します。10人いれば10人が別の判断をしてしまう可能性すらあります。誰もが岡安盛男さんと同じ成績を出せるわけではありません。マニュアルに沿って学習し、実践を通してスキルを向上していくことが求められる教材です。

今ひとつ
  • トレードの醍醐味(エキサイティング)は一切ない
  • ビッグトレンドは狙えないことを理解する
  • 裁量判断が大いに求められるため人によって成績のバラツキがある

「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」の評価ポイント

次に「岡安盛男のFX 極」の評価できるポイントです。

1.朝一番で注文作業が完了すれば完全に放置できる

早朝にチャート分析をおこない、IFDOCO注文(IFO注文)してしまえば、あとは完全放置です。副業トレーダーや忙しい方には最適な手法といえます。チャートを眺める必要もないので、ストレスもほとんどありません。

2.極めてロジカルかつ低リスクの手法は初心者向けだ

NY時間の大引けから調整を経ての東京時間明けによるトレンド再開を狙う手法は、極めてロジカルです。また谷底での逆指値注文によって、トレンド初速(戻り)を狙うため、容易に利益を出しやすいことも初心者向けといえます。損切り幅も限定され、その一方で利益幅をある程度確保できるため、リスクリワードバランスに優れ、たとえ勝率が低くとも長期的に利益を積み上げていくことが可能です。

ここがマル
  • 朝一番で注文作業が完了すれば完全に放置できる
  • 極めてロジカルかつ低リスクの手法は初心者向けだ

「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」総合評価

A評価商材

【結論】早朝IFO注文手法は「優位性の高いサイコロトレード」だ
狙った目が出やすいサイコロを使って毎日サイコロを転がすだけの簡単トレードはストレスも少なく初心者向き
ただしサイコロの”優位性”を高めるためには経験と学習によってチャートリーディング能力を高めることが求められる

「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」は、いわばサイコロトレードです。毎日毎日サイコロを振るだけでOKという簡単トレードですね。しかも狙った目が出やすい細工されたサイコロ(優位性のあるサイコロ)を使うことができます。もちろんサイコロなので、狙った目が出ない時もあります(負けトレード)。しかしサイコロには細工されている(=優位性がある)ので、確率統計的に狙った目を出しやすい(勝てる)傾向にあります。

毎日、淡々と細工された(優位性のある)サイコロを振る…これが「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」の本質と言えるでしょう。

ただし、サイコロの細工具合は人によって様々です。岡安盛男さんのように細工が上手な人もいれば、FX初心者のように細工が下手な人もいます。この細工具合こそが、チャート分析における「裁量判断」です。

チャート分析(チャートリーディング)をより正しくおこなうことができなければ、優位性は確保できません。優位性の高いサイコロを振りたいならば、学習と経験によって分析判断能力を高めていくことが求められます。その強い意志がある人であれば「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」はおすすめできる商材です。

今ひとつ
  • トレードの醍醐味(エキサイティング)は一切ない
  • ビッグトレンドは狙えないことを理解する
  • 裁量判断が大いに求められるため人によって成績のバラツキがある
ここがマル
  • 朝一番で注文作業が完了すれば完全に放置できる
  • 極めてロジカルかつ低リスクの手法は初心者向けだ

「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」を購入したほうが良い人

  • トレードに時間を割くことができない忙しい人
  • 早朝に10分程度チャート分析のための時間を確保できる人
  • ストレスの少ないトレード手法を探している人
  • サインツールを求めている人

「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」を購入しないほうが良い人

  • チャートを長時間眺めながらトレードをしたい人
  • エキサイティングなトレードが好きな人
  • スキャルピングしたい人
  • 早朝にチャート分析の時間が確保できない人
岡安盛男のFX 極 タイトル:岡安盛男のFX 極
販売:株式会社TKトレード
メディア:PDFテキスト・動画
発売日:2017年8月16日
岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

バイナリーオプション自主規制案でGMOクリック証券が涙目な件
FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」【検証とレビュー】

FX自動売買ソフト「不知火(しらぬい)」のフォワードテストは皆無 「不知火(しらぬい)」という名のEA(自動売買ソフト)をレビューします。 タイトル:FX自動売買ソフト「不知火(し…

億超えスキャルピング
億超えスキャルピング【検証とレビュー】

「億超えスキャルピング」の開発者はあの”為替鬼”氏 「億超えスキャルピング」をレビューします。開発者は「為替鬼」のニックネームで知られる津田英明さんです。 タイトル:億超えスキャル…

ドルスキャワールドFX
ドルスキャワールドFX【検証とレビュー】

ドルスキャワールドFXオート【検証とレビュー】 「ドルスキャワールドFX」とはどんなFX商材か? 「ドルスキャワールドFX」はUSD/JPY1分足スキャルのサインツール商材だ ドル…

プライス乖離FX
乖離率を使ったトレード手法

乖離率トレードにチャレンジしてみるなら… 先日、FXCMジャパン(現楽天証券)の元社長である谷中伴行さんのプライス乖離FXをご紹介しました。 プライス乖離FX【検証とレビュー】 乖…

AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウトに優位性はあるか?

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトに優位性はあるのか? 前回の記事でAmbushFXと類似する手法として、アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトをご紹介しました。 Ambush…

ポジションへの執着がコツコツドカンの元凶というお話「ビクトリーメソッドアドバンス」

毎回読み応えのある「トレードと凡事のお話」 当サイトでイチ押しの「ビクトリーメソッドアドバンス」ですが、購入すると定期的にメルマガが届くようになります。そのメルマガとは「FXトレー…

PSPBANK【検証とレビュー】

法律と消費者を軽視しているPSPBANK PSPBANKという正体不明の情報商材に関する問い合わせをいただきました。 PSPBANK 販売ページを見る限り、断定的判断の提供のオンパ…

3R-リアルFX
3R-リアルFX【検証とレビュー】

「3R-リアルFX」とはどんなFX商材か? 3R-リアルFXはボリンジャーバンド主役の半裁量半システム手法 トレード歴15年の「ヒサヨシ」氏によるFX情報商材をピックアップします。…

クイックFX 【検証とレビュー】 

ブローカー各社のレートをリアルタイム表示 本日は、ちょっと面白いツールをご紹介します。 クイックFXです。クイックFXは、国内の主要証券会社のレートを一つの画面で同時表示できるツー…

全スタFX 【検証とレビュー】

全スタFXは、カウンタートレード 全スタFXはのシグナル点灯ツールです。逆張りと紹介しているアフィリエイターが多いですが、逆張りではありません。カウンタートレードです。ロジックとし…

FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】

※販売会社であるグローバルビジョンは後に金融庁により「無登録で金融商品取引業を行っている者に対する警告」を受けています。 http://kantou.mof.go.jp/conte…

Flash Zone FXのツバメ返しエントリー法とはどんな手法か?

Flash Zone FXの「ツバメ返しエントリー法」 Flash Zone FXの再販(最終販売)が決まったことで、またFlash Zone FX記事へのアクセスが集まっています…