みんなでFX -Rising Sun- 【検証とレビュー】

みんなでFX -Rising Sun- 【検証とレビュー】

みんなでFX -Rising Sun- 【検証とレビュー】

C評価商材

「みんなでFX -Rising Sun-」とはどんなFX商材か?

”運転免許証”を販売ページで公開する販売者は初めて…

自らの個人情報(経歴)をこれでもかと開示している古橋弘光さん。デリバディブ業界を27年間渡り歩いてきた古橋さんが満を持してリリースしたFX商材、それが「みんなでFX」です。

個人情報開示とFX商材の優位性はなんら関係がありませんが、ここまで経歴を開示し運転免許証まで公開しているわけですから、よっぽど自信があるのでしょう。

みんなでFX -Rising Sun- タイトル:みんなでFX -Rising Sun-
販売:株式会社Trader’sMarket
メディア:PDF・動画・インジケーター
発売日:2016年10月21日
トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-【公式サイト

「みんなでFX -Rising Sun-」はライン&ゾーントレードだ

抵抗帯・支持帯を意識したライントレード

「みんなでFX -Rising Sun-」はライン&ゾーントレードです。まずはチャートをご覧ください。

みんなでFXチャート その1

みんなでFXチャート その1

みんなでFXチャート その2

みんなでFXチャート その2

複数のラインによってゾーンを形成していることがわかりますね。このゾーンは抵抗帯・支持帯と言っても良いでしょう。上値抵抗帯・下値支持帯ですね。「みんなでFX -Rising Sun-」は、ゾーンを意識した逆張りトレードをおこないます。

PIVOT(ピボット)と酷似したラインチャート

ところで、これらのラインはPIVOTをベースにしたFiboZoneと呼ばれるテクニカルと酷似していますね。PIVOTは単純に前日の高値・安値・終値をもとに指標となるサポレジラインを複数本描写してくれるインジケーターです。毎度のことで恐縮ですが、私が愛読する『外為オンライン特別講座』から画像をお借りします。

そしてFiboZoneは、PIVOTラインをベースにしてフィボナッチ係数でサポレジライン(ゾーン)を描写するテクニカルです。センターライン(PIVOT)を中心に上下に複数のラインを描写します。これらのラインがレート反発やブレイクの目安となります。

ラインを意識した逆張り&ブレイクアウト

みんなでFXのトレードの流れをまとめておきます。

  1. 朝7時に更新されたライン ・ ゾーンを確認
  2. 相場がラインやゾーンに触れたタイミングで”条件”に従いエントリー
  3. 損切り・利確の設定を行い、決済されるまで待つ

毎朝7時にライン(ゾーン)が自動更新され、そのライン(ゾーン)タッチで仕掛けるわけです。基本は逆張りですが、ラインブレイクも仕掛けます。

みんなでFXチャート その3

みんなでFXチャート その3

ロジックはオーソドックスなものですね。提供されるツールは、PIVOTをベースにアレンジを加えたという印象です。

2010年に無料配布されているカスタムインジケーター(PIVOT)と類似点が多い…

以下のサイトで配布されている無料インジケーター(2010年3月に配布)とも酷似してることからも、PIVOT(FiboZone)がベースになっていることは間違いないでしょう。

「みんなでFX -Rising Sun-」のチャートを無料インジケーターで再現してみたところ…完全一致だった件

「みんなでFX -Rising Sun-」の欠点

「みんなでFX -Rising Sun-」のデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.PIVOTベースのロジックを機関投資家と同じトレード環境と呼ぶには大げさすぎる

「みんなでFX -Rising Sun-」のベースはどうやらPIVOT(FiboZone)であると推測されます。PIVOT(FiboZone)であるならば、「機関投資家と同じトレード環境が整います」というのはちょっと大げさな表現に感じます。インジケーターの形状は、とあるMetaTraderの備忘秘2010年3月20日の記事に掲載されているものと酷似しています。とはいえ、それが優位性を左右するわけではありません。ベーシックな手法やテクニカルであっても優位性があれば十分なのです。

今ひとつ
  • PIVOTベースのロジックを機関投資家と同じトレード環境と呼ぶには大げさすぎる

「みんなでFX -Rising Sun-」の評価ポイント

次に「みんなでFX -Rising Sun-」の評価できるポイントです。

1.抵抗帯や支持帯(ゾーン)を意識した逆張りトレード&ブレイクは王道

過去(前日)の値動きによって形成された抵抗帯・支持帯を意識したトレードは、非常にベーシックであり王道です。支持帯・抵抗帯によって段階的な節目を感じ取ることができ、仕掛けのタイミングや手仕舞いの目安などを明確にしやすいというメリットがあります。ルールも明確で、シンプルなトレードを実現することが可能です。

2.販売者自らが詳細な経歴(個人情報)を開示する勇気

過去の経歴だけでなく運転免許証までを販売ページ内で開示するというのは、これまでに見たことがありません。相当の覚悟と自信の表れでしょう。他の販売者にここまで望むことはできませんが、古橋弘光さんを見習って最低限の経歴などを掲載するべきでしょうね。どこの馬の骨かわからない自称プロトレーダーがあまりにも多く、辟易します。

3.継続的にフォワード成績を公開していること

販売ページには、古橋弘光さんのフォワード成績が更新掲載されています。過去成績だけでなく、フォワード成績も継続的に掲載する販売者は稀(まれ)です。販売者の鏡ですね。

ここがマル
  • 抵抗帯や支持帯(ゾーン)を意識した逆張りトレード&ブレイクは王道
  • 販売者自らが詳細な経歴(個人情報)を開示する勇気
  • 継続的にフォワード成績を公開していること

「みんなでFX -Rising Sun-」総合評価

C評価商材

【結論】前日の値動き(高値・安値)を基準に当日の支持帯や抵抗帯を割り出して仕掛けのタイミングを取るベーシックな手法だ
新鮮さはないが比較的なじみやすいロジックは初心者向きだ
ツールの使い勝手も悪くない

機関投資家と同じトレード環境…という大げさな表現の割には、実体は極めてオーソドックスなPIVOT(FiboZone)を使ったゾーントレードです。提供されるインジケーターで描写される複数の支持/抵抗ライン(ゾーン)の計算根拠は、前日の値動き(高値・安値)です。これらの支持/抵抗ラインは、全員が同じラインを意識するからこそ、ラインが効果的に機能するというメリットがあります。

ライントレードの重要なポイントは、むやみに自己流にアレンジなどしないで他の人々と同じ計算式で算出したラインであることです。変にアレンジすれば、その他大勢と違うラインを意識することになってしまい、ライントレードの意味がなくなるからです。つまり「みんなでFX -Rising Sun-」がライントレード(ゾーントレード)であるならば、インジケーターが描写するラインは、ベーシックでなければならないのです。

結局、ライントレードを基本ロジックとするFX商材は、どれも似たり寄ったりになってしまうのですね。違いを出すことが難しく、違いを出そうとすれば優位性が損なわれてしまうのです。FX商材販売者は、このジレンマと戦いながら新商材を開発販売しているわけです。大変ですね。

今ひとつ
  • PIVOTベースのロジックを機関投資家と同じトレード環境と呼ぶには大げさすぎる
ここがマル
  • 抵抗帯や支持帯(ゾーン)を意識した逆張りトレード&ブレイクは王道
  • 販売者自らが詳細な経歴(個人情報)を開示する勇気
  • 継続的にフォワード成績を公開していること

「みんなでFX -Rising Sun-」を購入したほうが良い人

  • ベーシックなライントレードを実践したい人
  • PIVOT(FiboZone)ライントレードを学びたい人

「みんなでFX -Rising Sun-」を購入しないほうが良い人

  • ライントレードに斬新なアイデアを取り入れたいと考えている人
  • 機関投資家のトレード環境に期待している人
みんなでFX -Rising Sun- タイトル:みんなでFX -Rising Sun-
販売:株式会社Trader’sMarket
メディア:PDF・インジケーター
発売日:2016年10月21日
トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-【公式サイト

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

井手式7daysFX 【検証とレビュー】その3

井手式7daysFXで紹介されている手法 本日は、井手式7daysFX 【検証とレビュー】その3です。 井手式7daysFX 【検証とレビュー】その1 井手式7daysFX 【検証…

FX INNOVATION CLUBと”ウォルフ波動”

日本にも「ウォルフ波動」トレーダーがいた! 先日とりあげたFX INNOVATION CLUBですが、この商材で学べる手法は、ウォルフ波動にダイバージェンスを組み合わせたロジックで…

マーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー、FXTFへの導入が決定(プレスリリース)

FXTFが導入を決定したマーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー 当サイトでもAA評価のマーフィーのスパンモデル(スーパーボリンジャー)が、今回新たな証券会社に導入されること…

SimpleRepeat 【検証とレビュー】

トラップリピートイフダンEA SimpleRepeatというEAをご紹介します。fx-on.comで販売されているEAです。 SimpleRepeatの詳細はコチラ このEAですが…

あゆみ式 A Teachert FX Academyを稼働させてみる【検証とレビュー】その2

あゆみ式 A Teachert FX Academyの心臓部「ATeachert」 ATeachertをMetaTrader4に設定してみた 今回の検証記事では、あゆみ式 A Te…

steady-FX
steady-FX(ステディーFX)【検証とレビュー】

「steady-FX(ステディーFX)」のレビュー Strategy Testerのデータもフォワードデータも開示なし・・・ 「steady-FX(ステディーFX)」の販売ページに…

後藤寛のFX初心者7DAYSプログラム 【検証とレビュー】

1000円の格安商材 読者様からの検証依頼に基づいて記事を書いています。 今回取り上げるのは、後藤寛のFX初心者7DAYSプログラムです。1000円の格安商材です。中身は初心者向け…

ビクトリーメソッドアドバンス 【検証とレビュー】

全てのFX情報商材の”試金石”的な商材 2006年に発売されてからすでに8年が経過していますが、未だに売れ続けている怪物のような商材、それがビクトリーメソッドアドバンスです。FX商…

ゆるスキャDX 【検証とレビュー】

ゆるスキャDXはEURUSD専用のシグナル点灯ツール ゆるスキャDXは、EURUSDを推奨通貨ペアとした、メタトレーダー専用のシグナル点灯ツール(インディケーター)です。使用する足…

FX INNOVATION CLUB【検証とレビュー】

市場健祐氏によるFX INNOVATION CLUBはRichesse Life Academyの焼き直しか? FX INNOVATION CLUBというFX商材がリリースされまし…

AmbushFXに代表されるレンジブレイクアウトに優位性はあるか?

アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトに優位性はあるのか? 前回の記事でAmbushFXと類似する手法として、アジアンタイム・レンジ・ブレイクアウトをご紹介しました。 Ambush…

FX裏技攻略塾TPSの「裏技」を勝手に推測してみる

勝率理論値100%とされるFX裏技攻略塾TPSの手法を勝手に推測してみた 強烈なインパクトを放つFX裏技攻略塾TPSですが、その手法は謎に包まれています。 FX裏技攻略塾TPS第3…