Black AIストラテジー FX(ブラストFX)【検証とレビュー】

Black AIストラテジー FX(ブラストFX)【検証とレビュー】

Black AIストラテジー FX(ブラストFX)【検証とレビュー】

C評価商材

「Black AIストラテジーFX」とはどんなFX商材か?

「未来の相場を自動学習」させ「的確に読み解く」に違和感・・・

ドラゴンストラテジーFXを販売するグローバルロイズ社の新商材をレビューします。Black AIストラテジー FX(ブラストFX)です。

BlackAIStrategyFX タイトル:Black AIストラテジーFX(ブラストFX)
販売:グローバル・ロイズ株式会社
メディア:インジケーター
発売日:2017年4月6日
Black AIストラテジーFX(ブラストFX)【公式サイト】

またもやAI(人工知能)を謳ったFX商材の登場です。AIといえば以前レビューしたかんなぎFXがありますね。

Black AI Strategyはあなたに代わって未来の相場を自動学習し、的確に読み解きます。

うーん、なんでしょうね。この違和感。「未来の相場を自動学習」させ、「的確に読み解」くことなど、たかだか数万円で提供されるインジケーターに可能なことなのでしょうか?疑問に感じます。

人工知能(AI)が投資の世界を制するならば、トレーダーは不要になります。そんな世界がほんとうにやってくるのでしょうか?

AIに相場の短期予測は不可能

複雑系で不確実性を内在させる金融マーケットにおいて、コンピューターが短期予測をすることなど不可能だと考えています。

相場が100%無秩序だとは思いません(それならば誰も勝ち続けられない)。大半はカオス(無秩序)状態が占めランダムですが、その中にわずかな秩序(非ランダム)が存在すると考えています。そのわずかな秩序こそが、トレードにおける優位性の源(みなもと)です。ここでの優位性とは、予測可能性が増した状態のことを指します。勝っているトレーダーの多くは、市場のわずかな優位性を捉え利益を生んでいます。

限られた優位性は、市場に参加する多くのトレーダーの心理が極端に反映されたタイミングで出現すると見ています。「暴騰・暴落」「トレンド」と呼ばれる相場です。私がトレンドを追いかける手法のみを好んで実践しているのは、そこにわずかな優位性(予測可能性が増す状態)が出現していることを感じ取れるからです。

結局、人間心理が如実に反映されるタイミングにしか、予測可能性は増えないと考えています。AI(人工知能)が相場の短期予測をすることに否定的な理由はここにあります。

今日の天気予報すら外れる現実

高度なスーパーコンピューターで予測しても外れてしまう天気予報と同じす。長期的な予報はある程度正確に予測できても、短期的な予報はよく外れますよね。(朝の予報では雨は降らないと言ってたのに!)ということはよくあります。台風の進路すらまともに予測できないのです。

なぜなら気候(自然界)が複雑系で構成されているからです。

マーケットも同様です。相場の大局は読み取れても、短期予測をシミュレーションで当てることは至難のワザです。わずかな優位性を捉えるには結局各人の経験則がものを言うのです。農家の方々が西の空を眺めて明日の天気を予測するのと同じです。

AIの進化は素晴らしいものがあります。労働人口の大半がAIに仕事を奪われるという研究結果も出ています。そんな中でもAIが苦手とする分野が依然存在します。その1つがマーケットの短期予測という分野なんですね。マーケットの文脈や背景(大局観)を読み取り、わずかな優位性を見出すことはAIの苦手分野です。

ながながとAIに対するネガティブな考え方を述べてしまいましたが、現時点でAI搭載のツールが相場で利益を上げ続けるというのは非現実的に思えるのです。

MetaTrader4はAI(人工知能)を搭載できるプラットホームを持っていない

そもそも、自作EAやオリジナルインジケーターを制作した人ならば知っている事実ですが、MetaTrader4はAIを搭載できるプラットフォームはありません。「AI(人工知能)搭載インジケーター」「AI搭載EA(自動売買システム)」というのは、その点で言えば「ウソ」です。

AI(人工知能)という言葉に惑わされることなく、ツール本来の優位性を見極める必要があります。

Black AIストラテジーFXは「逆張り」シグナル点灯型ツールだ

ドラストFX同様の矢印点灯型インジケーター

Black AIストラテジーFXはチャート上に「矢印」を点灯させるインジケーターです。ドラゴンストラテジーと同じですね。

Black AIストラテジーFX

Black AIストラテジーFX

Black AIストラテジーFX

Black AIストラテジーFX

メインチャートの「矢印」シグナルが点灯したら、サブウィンドウの2本のオシレーター系でフィルタリングし、手動でEntryします。

サブウィンドウのオシレーター系は、AIアナライズパラメーターと呼ばれています。2本のラインで構成されていますが、RSI(Relative Strength index)ですかね。

RSIはトレンド転換を敏感に察知するインジケーターです。「買われすぎ」「売られすぎ」を数値化して相場の強弱を0⇔100で表示してくれるオシレーター系ツールです。

短期と長期のRSIを表示させて転換タイミングをチェックする方法は、あの「池辺雪子」さんが得意とする手法の1つです。

「買われすぎ」「売られすぎ」からの逆張り狙い

Black AIストラテジーFXでは、サブウィンドウに短期と長期のRSIらしきものを表示させていますね。これら2本のラインによって「買われすぎ」「売られすぎ」状態を確認し、「矢印」を精査しているようです。

つまり逆張りに近いロジックがベースとなっています。買われすぎ・売られすぎからの反転を狙い撃ちするトレードですね。

過去商材ドラゴンストラテジーFXと比較すると以下のとおりです。

  • ドラゴンストラテジーFX・・・トレンドフォロー(順張り)
  • Black AIストラテジーFX・・・カウンタートレード(逆張り)

エントリーは裁量にておこなう

Black AIストラテジーFXのエントリー方法を確認しておきましょう。

執行時間足は5分足です。チャート上に「矢印」が点灯したら、サブウィンドウの「AI-Analyze」をチェックし、仕掛けのタイミングをはかります。ツールにはアラーム機能も搭載されていますが、最終的には裁量判断にてエントリーします。

エントリー後は、決済シグナル点灯で手仕舞いとなります。

「Black AIストラテジーFX」の欠点

Black AIストラテジーFX(ブラストFX)のデメリットについて触れておきます。以下の欠点が許容できない人は買うべきではありません。

1.AI(人工知能)ではない

AI(人工知能)を謳うツールは今後もたくさん出てきそうですが、冷静に考えれば本物のAIを搭載したシステムが数万円で販売されるはずがない、ということはわかるはずです。

そもそもMT4にはAIを走らせる機能はありません。AI的なツール、AIもどきツール、だと考えるべきです。

販売者の売り煽りに躍らされることなく、落ち着いてツールの優位性を判断しましょう。

2.逆張りトレード中心(トレンドフォローには無用の長物)

ロジックは、売られすぎ・買われすぎからの反転トレードがメインです。トレンドフォローにも使えなくはないですが、あくまでサブです。

私のような順張りを好むトレーダーには、使い勝手が悪そうです。

3.裁量判断が大いに必要

AI(人工知能)を謳いつつも、実際には裁量判断が大いに求められるインジケーターです。矢印は明確ですが、その矢印をフィルタリングするためのサブウィンドウ「AI-Analyze」は、目視で判断をします。ラインの角度や勢いなどを裁量で判断することになりますので、慣れが必要です。

今ひとつ
  • AI(人工知能)ではない
  • 逆張りトレード中心(トレンドフォローには無用の長物)
  • 裁量判断が大いに必要

「Black AIストラテジーFX」の評価ポイント

次にBlack AIストラテジーFX(ブラストFX)の評価できるポイントです。

1.「ドラゴンストラテジーFX」を補完する”逆張り”サインツール

Black AIストラテジーFXは逆張りロジックがメインです。順張りロジックのドラゴンストラテジーFXを補完するツールとしての位置づけですね。

逆張りを好むトレーダーにとっては、補助ツールとして有効かもしれません。

2.シンプルなチャート画面

メインチャートに「矢印」、サブウィンドウに長短のオシレーター、と非常にシンプルな画面構成です。裁量が入るロジックなのでチャートの見やすさというのは重要です。

ここがマル
  • 「ドラゴンストラテジーFX」を補完する”逆張り”サインツール
  • シンプルなチャート画面

「Black AIストラテジーFX」総合評価

C評価商材

【結論】AI(人工知能)というフレーズそろそろ止めませんか?恥ずかしいので・・・
たんなる逆張りツールとしてならばシンプルで使いやすいシステム
ドラゴンストラテジーFXが合わなかった人や逆張りトレードを好む人ならば相性が良いかも

AI(人工知能)というフレーズを耳にするたびに、なんだか恥ずかしさを感じます。FX情報商材業界のレベルの低さを世間に知らしめているようで・・・。普通に「半裁量の逆張りツール」として売り出せばよいものを、どうしてAIなどと語ってしまうのでしょうね。

ドラゴンストラテジーFXと同様、ツールとしての使い勝手の良さを重視した「作り」はさすがです。ユーザーのかゆいところに手が届くツールを構築する技術はグローバルロイズ社ならではです。

逆張りトレーダーならば、補助ツールとして手元に置いておきたいツールかもしれません。

今ひとつ
  • AI(人工知能)ではない
  • 逆張りトレード中心(トレンドフォローには無用の長物)
  • 裁量判断が大いに必要
ここがマル
  • 「ドラゴンストラテジーFX」を補完する”逆張り”サインツール
  • シンプルなチャート画面

「Black AIストラテジーFX」を購入したほうが良い人

  • 逆張りトレードを好む人
  • シグナル+裁量トレードでも問題ない人
  • ドラゴンストラテジーFXが合わなかった人

「Black AIストラテジーFX」を購入しないほうが良い人

  • 完全無裁量を求める人
  • 逆張りトレードが好きではない人
  • ドラゴンストラテジーFXで利益が出ている人
BlackAIStrategyFX タイトル:Black AIストラテジーFX(ブラストFX)
販売:グローバル・ロイズ株式会社
メディア:インジケーター
発売日:2017年4月6日
Black AIストラテジーFX(ブラストFX)【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

FXハイブリッドが販売停止予定(12月15日)

12月15日(土)で販売停止 評価の高かったFXハイブリッドが、12月15日(土)で一旦販売停止になるそうです。 FXハイブリッド 【検証とレビュー】 爆発的な利益は見込めませんが…

BBF Advance 【検証とレビュー】

ボリンジャーバンドフィボナッチを使ったカウンタートレード BBF Advanceですが、「FX【変態】セミナー動画」と同じ販売者です。 商材の中身をざっくりと説明すると、ボリンジャ…

Maestro FX 【検証とレビュー】

チャート分析能力を高めるための優れた商材 チャートリーディング(チャートを読み解く力)を身に付けたいのであれば、この商材以上のものは現時点では見当たりません。19時間もの解説動画は…

岩本式・アダムセオリーマスタースクール
【即完】岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールの募集が2時間で終了

マックス岩本の1秒スキャルFX【検証とレビュー】 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが募集開始2時間で150名の枠が埋まり完売… なんと、岩本式・FXアダムセオリー・マス…

津島式FXトレード塾 【検証とレビュー】

津島式FXトレード塾は初心者向けFXセミナー動画 津島式FXトレード塾は、いわゆるFXの動画教材です。読者モデルを生徒にして、初心者向けのFXセミナーを撮影し編集した内容になってい…

井手式7daysFXが評価されるべき3つの理由

井手式7daysFXが明日値上げすることは非常に残念・・・ 井手式7daysFXが、明日(18日火曜日)23時に値上げするそうです。現在の価格は29,800円ですが、値上げ幅は不明…

One Minute’s FX TAMURA式 1分足トレード法 【検証とレビュー】

TAMURA式(ワンミニFX)1分足トレード法 トレード歴10年のTAMURAさんによる1分足トレード法のご紹介です。 One Minute’s FX TAMURA式販…

ポイントシグナルFX 【検証とレビュー】

ポイントシグナルFXは、シグナル配信サービス ポイントシグナルFXという商材に関して、読者様からお問い合わせを頂きました。 「シグナル配信サービスだから投資助言代理の登録が必要では…

「トレードと凡事のお話」とビクトリーメソッドアドバンス

「トレードと凡事のお話」を読んでいないなんて、もったいない! 本日は「トレードと凡事のお話」をご紹介します。 「トレードと凡事のお話」とは佐野裕氏のメルマガコンテンツとして提供され…

為替予想GIMMIC 【検証とレビュー】

SNATCH「スナッチ」と同じ販売業者 為替予想GIMMICは、FX為替予想システムSNATCH「スナッチ」と同じ販売者の商材です。スナッチは、一部のレビューブログで絶賛されていま…

W2C-Clipper(クリッパー)が販売を再開

ヴァージョンアップして販売再開 過去記事でも何度か取り上げたW2C-Clipper(クリッパー)ですが、ヴァージョンアップして販売を再開したようです。 W2C-Clipper(ve…

trendhunterFX
トレンドハンターFX(トレハンFX)【検証とレビュー】

「トレンドハンターFX」は日足・4時間足での2本の移動平均線を使った押し目・戻し狙いのトレンドフォロー手法だ クロスリテイリング社のロングセラーFX商材 クロスリテイリングの商材「…