8000万円を横領、FXで溶かした郵便局員を逮捕

8000万円を横領、FXで溶かした郵便局員を逮捕

郵便局員が8000万円超を横領してFX投資・・・

またまた横領&FX投資という残念な事件が発生しました。今回は郵便局員(千葉県茂原市、本納郵便局)です。

1300万円に加え、余罪として6800万円の着服も明らかになっています。合計8000万円超の横領容疑です。

39歳とまだ若いのに、懲戒解雇のうえ刑務所行き確定です。

顧客の貯金1300万円着服の疑い 郵便局元主任を逮捕

4月10日 18時10分

千葉県茂原市の郵便局に勤めていた39歳の元主任が、顧客の貯金からおよそ1300万円を着服したとして、業務上横領の疑いで警察に逮捕されました。警察は、ほかにも別の顧客から合わせて6800万円を着服していたと見て、調べています。
逮捕されたのは、千葉県茂原市にある本納郵便局の元主任、鈴木昭彦容疑者(39)です。

警察の調べによりますと、鈴木容疑者は、郵便局で主任をしていた平成26年から翌年にかけて、顧客2人の貯金から合わせて、およそ1300万円を着服したとして、業務上横領の疑いが持たれています。

調べに対し、鈴木容疑者は容疑を認めたうえで、「FX取引での損失を穴埋めしていた」などと供述しているということです。

日本郵便によりますと、これとは別に、10の顧客の貯金から合わせておよそ6800万円を着服していたことが内部調査でわかったということで、去年2月、懲戒解雇の処分にしていました。警察は、これらについても捜査しています。

日本郵便関東支社は「お客さまの信頼を損なうことになり、深くおわびします。社員に対する指導を徹底していきます」とコメントしています。

引用:NHK NEWS WEB 

横領の手口は極めて稚拙(ちせつ)です。郵便の外回り営業をしながら、顧客の通帳から貯金を引き出していたというのです。

バレるにきまってます。

FXでお金を倍にして、こっそり返せると思ったのでしょうね。投資を舐めていますね。

それにしても横領着服してFX投資、その後逮捕という事件はいつまでたっても後を絶たないですね。このブログでも過去に取り上げています。

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

横領をしている時点で投資の素質はゼロ

そもそも犯罪を起こすような人間に投資は不向きです。

ご存知のように、投資はリスクをとってリターンを得るという経済行為です。当然リスクとリターンは表裏一体です。リスクが大きければリターンも大きくなり(ハイリスク・ハイリターン)、リスクが小さければ得られる利益もそれほど望めません(ローリスク・ローリターン)。

「横領(犯罪)」という行為には「逮捕」「社会的信用の失墜」という大きなリスク(ハイリスク)があります。

容疑者が8000万円もの横領によって得られるリターンとは何だったのでしょうか?「逮捕&社会的信用の失墜」というリスクと見合っていたといえるのか?

このリスクとリターンのバランスを正しく理解できない人間に、投資で勝てるわけがないのです。

投資詐欺に手を染める人間が後を絶たない理由

「逮捕」「社会的信用の失墜」というリスクに十分見合うリターンとは、確実に大金(巨万の富)を得ることができ、かつ仮に逮捕されてもその大金を隠し通すことが可能な犯罪ではないでしょうか。出所後にその隠し財産を手にして海外などで豪遊できれば、逮捕リスクとバランスが取れているといえるかもしれません。

そんな犯罪などないと思われるかもしれませんが、実は「投資詐欺」を巧妙におこなえば、不可能ではありません。

高利回り投資案件(月利10%の海外ファンドなど)を用意し、言葉巧みに資金を集めます。運用の実績を積み上げつつ、数ヶ月は配当(タコ足配当)をおこない、その後運用に失敗したことにするのです。結果的に集めた資金の大半が消えることになります。

当然、出資者は詐欺だと騒ぎ立てます。しかしながら、投資詐欺として立証することは簡単ではありません。

詐欺の構成要件は以下の4つ全てを満たす必要があります。

  1. 一般社会通念上、相手方を錯誤に陥らせて財物ないし財産上の利益の処分させるような行為をすること(欺罔行為又は詐欺行為)
  2. 相手方が錯誤に陥ること(錯誤)
  3. 錯誤に陥った相手方が、その意思に基づいて財物ないし財産上の利益の処分をすること(処分行為)
  4. 財物の占有又は財産上の利益が行為者ないし第三者に移転すること(占有移転、利益の移転)

特に1番目の「加害者側にダマす意図があったかどうか」を立証することは極めて困難です。逆に投資詐欺実行者は、この「ダマす意図がなかったこと」、つまり「本当に投資を行っていたという事実」さえ作っておけば、詐欺行為ではないことを主張し続けることが可能です。

集金をする会社、海外の金融会社、そして海外の運用会社などが一体となって詐欺行為を行えば、日本の警察がその実体(詐欺の全貌)を解明することは困難を極めます。

こうして集めたお金は海外で闇に消え、マネーロンダリングされるわけです。投資詐欺で逮捕される人はもともと「逮捕要員」にすぎないのです。

海外投資詐欺がなくならない理由は、実態解明が困難で詐欺立件が難しく、お金を海外でマネーロンダリングできる点にあります。

だから海外投資(海外ファンド)の話には注意が必要なのです。以下のような美味しい話があったら、危険信号です。

  1. 高利回り(年30%〜をアピール)
  2. 少額から投資可能(数万円〜数十万円)
  3. 毎月配当を謳う(月1〜10%)
  4. 紹介料が高い(1〜5%)
  5. 信託されていない(イレギュラーな出資契約)

ポンジ・スキームってなに?

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に
オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある オプザイル撲滅運動が盛んです。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないでしょうか? 投資家集団オプザイルが…

【逮捕速報】ソーシャルサポートが無登録でFXファンドへの投資勧誘の疑い

ソーシャルサポートの実質的経営者が逮捕 2014年1月29日のNHKニュースからの情報です。東京都中央区にあるFX投資会社「ソーシャルサポート」の実質的経営者が逮捕されました。容疑…

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?
レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?

FXCMジャパン証券のレート操作に行政処分 FXブローカーによるレート操作に、とうとう行政のメスが入りました。 数ヶ月前の情報ですが、ご存じない方も多いと思いますので改めて取り上げ…

【他人のお金でFX】アプリ登場

【他人のお金でFX】のアプリが無料公開 過去に何度か取り上げた、非常に面白い試み「他人のお金でFX」(SocialFX)ですが、とうとうiPhoneアプリが登場しました。 約1ヶ月…

わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作る【hawaii023】
option99を名指しでリスク言及【毎日新聞】

option99に対する相談が急増しているらしい 先日に引き続きバイナリーオプションのニュースです。バイナリーオプション取引の危険性について国民生活センターが警鐘を鳴らしてるという…

億超えスキャルピング【検証とレビュー】
悪質な投資助言代理業者に制裁を加えるには?

投資助言代理業者の増加 最近は、FX情報商材販売業者でも、投資助言代理業登録業者が増えてきましたね。投資助言代理業への登録は簡単ではありません。登録には半年~1年位かかりますし、5…

FXB-Manual 【検証とレビュー】
ジャンル別オススメFX商材のご案内

毎日、多くの方からご質問を頂きますので、ジャンル別におすすめ商材をご案内させていただきます。 手法やロジックなどによってジャンルを分けて、おすすめできるFX商材をランキングしました…

海外で人気のFXポータルサイトをご紹介
海外で人気のFXポータルサイトをご紹介

人気FXポータルサイト 本日はちょっと趣向を変えて、海外で人気の高いFXポータルサイトをご紹介します。そもそもFXポータルサイトとは、FXに関する情報を総合的に提供するサイトのこと…

投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる
投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる

”投資集団オプザイル”またもや地上波(NHK)登場 オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー” あの投資家集団オプザイルがとうとうN…

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上…

FXの税金~申告分離課税と海外ブローカー~
【画像あり】FXで稼いだ1億5000万円を出金したよ

iFOREX(アイフォレックス)で億った人が”億の通帳”を公開 iFOREX(アイフォレックス)で1億5000万円を出金して普通口座に入金した強者が通帳を公開して話題になっています…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”
【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

イニシア・スター証券が登録取り消し 2012年12月5日に、イニシア・スター証券が金融庁から行政処分を受けました。 イニシア・スター証券株式会社に対する行政処分について イニシア・…