池田式・サヤ取り投資マスター塾で提供される「さや取り達人」ツールについて調べてみた

池田式・サヤ取り投資マスター塾の魅力とは?

先日ご紹介した「池田式・サヤ取り投資マスター塾」を私は以下のようにレビューしました。

専用ツール「さや取り達人」を利用したいかどうか?が購入の決め手
  • ツールを使いたい  → 購入の価値あり
  • さや取りを学びたい(ツールは不要) → 書籍で十分

株式投資の「さや取り」は古くから研究されている手法であり、文献(書籍)も数多く出版されています。それらを数冊購入して独学すれば、さや取りの理論は十分に理解できます。ロジックを学ぶためだけにわざわざ高額のオンラインスクールに入塾するまでもありません。

では「池田式・サヤ取り投資マスター塾」の存在意義はないのか?といえばそうではありません。先に述べたようにサヤ取り投資の第一人者である池田純さん開発の「さや取り達人」ツールを1年間利用できる点に、このスクールの魅力(存在意義)があると考えます。

タイトル:池田式・サヤ取り投資マスター塾
販売:クロスリテイリング株式会社
発売日:2017/04/06
メディア:動画・PDF・ツール・セミナー
池田式・サヤ取り投資マスター塾【公式サイト】

専用ツール「さや取り達人」を使うためにはクロスリテイリング社から購入するしか方法はない

「さや取り達人」は、池田純さんが代表を務めるシェバリー株式会社のオリジナル商品です。

「さや取り達人」は公式サイトでは販売されていません。今回のクロスリテイリング社とのタイアップによって販路を1つに絞ったのかもしれません。

つまり現時点において「さや取り達人」を入手するには、池田式・サヤ取り投資マスター塾に参加するしか方法はないということです。

「さや取り達人」の公式サイトを読むと”印象”がガラリと変わる

シェバリー株式会社「さや取り達人」公式サイトによれば、そもそも「さや取り達人」は福利厚生用に作ったソフトとのことです。なかなか興味深いですね。

一攫千金的な目的ではなく、どちらかといえばローリスクな「自分年金的な運用」を目指して作成されたと記載があります。

福利厚生用に作ったソフトと言うことですが、もう少し詳しくお聞かせ下さい。

年金代わりになるようにと考えての事です。我々の世代の年金支給はどの程度になるのか見通しが利きません。そして、減少していくことは確かな事と思われるのです。

それであれば、豊かな生活環境を維持するには、何かで補填をして行かねばなりません。しかしながら、銀行金利も低金利のままで、預金で安心できる状況でもありません。他の金融商品を見ても大きな世の中の流れには逆らえず、その価値は大きく変動していたのです。

引用:株式さや取りソフト「さや取り達人」公式サイト

クロスリテイリング社の販売ページとは少し印象が異なりますね。

本家「さや取り達人」公式サイトには、派手さも煽りもありません。むしろ堅実さや誠実さを感じさせる硬派な印象を受けます。

80%〜100%という驚異的な運用利回りを狙うというよりも、ローリスクで資産を運用するためのツール(手法)というメッセージが込められているように感じませんか?おそらくこれが(池田純さんと「さや取り達人」の)本当の姿なのでしょう。

シェバリー株式会社「さや取り達人」公式サイトを見て、むしろ「さや取り達人」と「池田純さん」に対する印象が大幅にアップしました。

池田式・サヤ取り投資マスター塾の価格設定の妥当性

この「さや取り達人」ソフトですが、2012年頃から販売されているようですね。過去にソフトが販売されていたWEBサイト(http://saya.trustinfo.jp/)を調べてみると、2012年11月の時点でWEB上で販売されていたことがわかります。

5年以上も前から存在するロングセラーツールです。それなりにブラッシュアップされていることが伺えますね。

ソフトの販売価格は・・・

  • 1ヶ月:19,800円(月額利用料)
  • 1年:218,000円(年間利用料)

2つのコースが用意されていたようです。1年間では218,000円です。一方の「池田式・サヤ取り投資マスター塾」(クロスリテイリング社)は、298,000円です。その差は8万円ですね。

この差額の8万円で、クロスリテイリング社による以下のサービスが3ヶ月間受けられると考えれば、298,000円は妥当な価格設定ともいえます。

  • オンライン動画講義(マニュアル付き)
  • オンラインセミナー(全6回)
  • リアルセミナー(現時点で詳細不明)
  • メールサポート

さや取りツールの詳細な機能につきましては、公式ページ内に貼ってあるYouTube動画がわかりやすいです。

「池田式・サヤ取り投資マスター塾」が気になる方は、まずはこのYouTube動画を見てから検討されてみてはいかがでしょうか?

タイトル:池田式・サヤ取り投資マスター塾
販売:クロスリテイリング株式会社
発売日:2017/04/06
メディア:動画・PDF・ツール・セミナー
池田式・サヤ取り投資マスター塾【公式サイト】

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 よく読まれている記事

クリック証券のバイナリーオプションルールが本日(4月22日)より変更

レンジ外総取りの”撤廃”とペイアウト率の変更 ご存じの通り本日(2013年4月22日)よりGMOクリック証券のバイナリーオプションルールが変更されました。ルール変更は2点です。 レ…

第3回24グランプリ
第3回リアルトレード24グランプリの参加メンバー

注目の”第3回24グランプリ”がスタート! 2013年5月1日に待望のインヴァスト証券24グランプリの第3回大会がスタートしました。大会期間は、5月1日~7月31日の3ヶ月間です。…

ライントレードFX商材を比較してみる

ライントレード商材が増加傾向にある ここ最近の傾向ですが、ライントレード商材を多く見かけるようになりました。一方、MT4のインディケーターや、シグナル系の商材は、元気が無いですね。…

岡安盛男のFX 極
岡安盛男のFX 極(モリオのFX)【検証とレビュー】評価…AA

FX業界のガチ勢が参戦…「岡安盛男のFX 極(モリオのFX)」 FX業界ではけっこう名のしれた岡安盛男さんが、FX情報商材業界に参入です。詐欺まがいの商材が平気で売られているFX情…

3ヶ月で「億」到達!現役大学生が使ったマタフとは?

現役大学生がFXで「億」稼ぐ! 現役大学生でFXトレーダーの「タカシ」氏が、ハーバードビジネスオンラインで特集されていました。タイトルは、「ポンド売りでバカ勝ち!」とある大学生が億…

FX第4アービトラージシステム 【検証とレビュー】

※販売会社であるグローバルビジョンは後に金融庁により「無登録で金融商品取引業を行っている者に対する警告」を受けています。 http://kantou.mof.go.jp/conte…

ビットコイン暴落間近
「靴磨きの少年の逸話」で間近に迫ったビットコイン大暴落を”予見”しろ!

WBS(ワールドビジネスサテライト)でビットコイン特集 ビットコインがかつてないほどの高値をつけています。 なかなかの吹き上がりぶりです。 昨日(6月7日)には、テレビ東京のWBS…

サイバーエージェントFXが【キャッシュバック金請求事件】で敗訴

190万円の支払いをサイバーエージェントFXに求める裁判の判決が出た 非常に興味深い事件(裁判)の判決が出ました。裁判の名前は、「キャッシュバック金請求事件」(平成25年(ワ)第2…

オートオーダー販売予定から一転、無料ダウンロードへ・・・

”販売予定” から一転、”無料配布” へ 先日、このブログでご紹介したオートオーダーですが、どうやら無料で配布することが決定したようです。 オートオーダー検証とレビュー(2013年…

W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機に

ドル円が92円台まで上昇 円が92円台をうろうろしています。アベノミクスによる円安誘導が明らかに機能していますね。国内株式も円安につられるように株高が進行しています。約2ヶ月半で8…

実在しないFX自動売買ソフトで詐欺容疑

実在しない自動売買ソフトで集客か? オール・イン幹部逮捕の続報です。 FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】 オール・インが337億円を集めた方法ですが、どうやら実在…

インヴァスト証券24グランプリが5月1日開催!

インヴァスト証券の24グランプリが復活! インヴァスト証券の第3回「リアルトレード!24グランプリ」が、いよいよ2013年5月1日より開催されます。今回は第3回(2013年5月1日…