【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界

 

【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界

【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界

「カジノ法案」が今国会で成立する

IR推進法案、いわゆるカジノ法案がいよいよ大詰めを迎える。日経新聞によれば、今国会での成立を目指しているとのこと。

カジノ法案、今国会成立を確認 超党派議連

2016/9/29 20:27

超党派の国際観光産業振興議員連盟(会長・細田博之自民党総務会長)は29日の役員会で、カジノを中心とした統合型リゾート(IR)を推進する法案を今国会で成立させる方針を確認した。同法案は公明党がギャンブル依存症を招くなどの理由で慎重なため継続審議になっている。

引用:日本経済新聞WEB版

いよいよくる。ここにきて急に慌ただしくなったのは、2020年の東京オリンピックまでに間に合わせたいという意向があるのだろう。巨大な利権とともに、レジャーの黒船が日本を襲うことになる。

国は目障りなパチンコ業界を潰したい

その一方で衰退の一途をたどるパチンコ業界をさらに疲弊させる新たな事案が起きた。消費者委員会が提出している「スマホゲームに関する消費者問題についての意見~注視すべき観点(案)~」だ。

この書類は社会問題化したスマホゲームの賭博性について言及したものだが、その内容はパチンコ業界の違法性(賭博罪に抵触する)をも示唆する可能性を秘めた文章なのだ。

もともとパチンコは国が認めたギャンブル(賭博)ではない。実態はギャンブルだが「三店方式」と呼ばれる景品流通システムを介在させることで、賭博という範疇からは外れているということ、さらには「大人の事情(利権)」によって黙認されているというのが実情だ。

ところが、ここにきて雲行きが怪しくなってきた。消費者委員会が作成している意見書(案)では利用者が換金を目的としてゲームを利用する場合は、賭博罪に該当する可能性が高くなると考えられると述べているのだ。

実際に電子くじが賭博罪に該当するか否かについては、上記「財産上の利益」該当性に加え、「一時の娯楽に供する物」該当性等も含め、事案ごとに判断されるものである。電子くじで得られたアイテム等を換金するシステムを事業者が提供しているような場合や利用者が換金を目的としてゲームを利用する場合は、「財産上の利益」に該当する可能性があり、ひいては賭博罪に該当する可能性が高くなると考えられる。

パチンコは、換金システムこそ「三店方式」を採用して第三者を介在させているかのように見せているが、実態は明らかに換金を目的としたギャンブルとして利用されていることは誰の目にも明らかだ。小学生ですら知っている事実だ。

消費者委員会の文章には政府の意向が含まれているように思えてならない。すなわち「パチンコを潰したい」という意向だ。IR法案によって日本国内に健全なカジノを作り監視下に置きたいのに、パチンコ業界が目の前をチョロチョロするのは政府にとっても目障りなのだろう。

昨年の「等価交換禁止」も含め、徐々にパチンコ業界の息の根を止めにかかっている政府…という見方はあながち間違っていないと思う。

巨大な利権の調整が済めばパチンコ業界は消える

東京オリンピックまでに、カジノを作りたい国が突っ走っている。目障りなパチンコ業界のクビを締めつつ、裏では「巨大な利権」の調整でもしているのだろう。政治家、警察、経済界…パチンコ業界にからむ利権を持った者。その利権の一部は当然カジノ業界に引き継がれることになるはずだ。利権に絡む者が納得すれば、パチンコ業界は簡単に潰されるはず。

2020年には、日本からパチンコが消えているかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

資本家に搾取される、無知の民衆

バイナリーオプションのお祭りもそろそろ終わり? GMOクリック証券のバイナリーオプションが登場してから、1年が経過しました。(2011年3月22日スタート) ようやく、バイナリーオプション系の商材も落ち着いてきた感じです […]

バイナリーオプション自主規制
バイナリーオプション規制を受けて各社の動き

HIGH-LOW取り扱い廃止のお知らせ 最新記事(2012年12月28日): >>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? 過去の記事: >>バイナリーオプション自主規制の内容が […]

キプロスが経済危機
”キプロスで預金封鎖” の余波

FXブローカーの楽園”キプロス”が事実上の破綻 驚きのニュースです。 キプロス共和国で預金封鎖が行われました。 ギリシャ問題を発端とした欧州経済危機の余波は、地中海の小国”キプロス共和国”の経済を大きく揺るがしました。 […]

「20歳の誕生日おめでとう!良い投資話があるけど興味ない?」
ポンジ・スキームってなに?

ポンジ・スキームって何? 投資詐欺に関する記事をいくつかアップした関係か、ポンジ・スキームというキーワードでのアクセスが増えています。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」( […]

2013年
2012年(昨年)のFX業界を振り返る

2012年のFX業界を振り返ってみる 明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。 2013年最初の記事です。本日は今さらですが2012年をざっと振り返ってみたいと思います。何故なら、201 […]

99円台
100円を目前にしたUSDJPYに、気になるEAは息をしているか?

99円台の攻防が続くドル円 ドル円がまた、すごいことになっていますね。 キプロスショック後から、あらためて急上昇しているのがわかります。 この急激なドル円の上昇(円安)は、市販されているEAにも少なからず影響を与えたよう […]

与沢翼フリーエージェントスタイル
与沢翼さんの会社が、税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ

与沢翼さんの会社”フリーエージェントスタイル”が資金ショートに陥る もうみなさんご存知だと思いますが、情報商材界の超大物与沢翼さんの会社フリーエージェントスタイルが資金ショートを起こし、その経緯をブログにて報告されていま […]

アレキサンダー・エルダー来日講演
『投資苑』のアレキサンダー・エルダーが来日講講演、98,000円のプラチナチケットは既に完売!

世界で500万部『投資苑』著者アレキサンダー・エルダー博士が来日(10月31日) 2015年10月31日(土)、あの名書『投資苑』の著者アレキサンダー・エルダーが来日公演します。 出典:http://www.alexan […]

レート操作の黒歴史に終止符は打たれたのか?

FXCMジャパン証券のレート操作に行政処分 FXブローカーによるレート操作に、とうとう行政のメスが入りました。 数ヶ月前の情報ですが、ご存じない方も多いと思いますので改めて取り上げたいと思います。 2012年6月19日付 […]

クエストキャピタルマネージメントによる投資詐欺事件
シンフォニー投資詐欺事件で保全命令の申し立て

シンフォニー投資詐欺事件の続報 このBlogでは数回にわたってシンフォニー投資詐欺事件を取り上げてきました。 関連記事: 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Hold […]

ライントレード商材を比較
無登録FXファンド「ライフステージ」、緊急差し止め命令

FX会社「㈱ライフステージ」へ裁判所命令 無登録でFXファンドへの出資を募った㈱ライフステージの続報です。 参考記事: >>【無登録の投資会社】FXへの投資うたい百数十億円集めたか? >>ライフス […]

ヴァルハラプライベートクラブにくすぶり続ける”投資詐欺リスク”
hawaii023劇場【第二幕】▲4300万円の含み損の行方・・・

hawaii023の含み損が630万円→4100万円にまで拡大(汗) Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」の一人舞台はまだ続いている。 わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説 […]