Flash Zone FXのツバメ返しエントリー法とはどんな手法か?

Flash Zone FXの「ツバメ返しエントリー法」

Flash Zone FXの再販(最終販売)が決まったことで、またFlash Zone FX記事へのアクセスが集まっています。

今回は、特典の中にある「ツバメ返しエントリー法」についてレビューしてきたいと思います。ツバメ返しエントリー法は、Flash Zone FXとはかなり異なった手法で、応用編的なノウハウとして解説されています。

flashzonefxツバメ返しエントリー法

Flash Zone FXツバメ返しエントリー法

「ツバメ返しエントリー法」の概略

カウンタートレードを仕掛けるノウハウ

まずは、「ツバメ返しエントリー法」の概略から解説します。名前の由来ですが、江戸時代の剣術家である佐々木小次郎の「ツバメ返し」という剣法からきています。「ツバメ返し」という名称から想像できる通り、カウンタートレード手法です。

時間足は15分〜4時間足まで

「ツバメ返しエントリー法」で使用する時間足は、15分足以上であれば問題ありません。特定のチャートパターンとフィボナッチリトレースメントで形成される「フラッシュゾーン(確度の高い買いゾーン)」が出現すれば、「ツバメ返しエントリー法」は可能となります。

Flash Zone FXでカバーできないエントリーを補完

そもそもFlash Zone FXの「フラッシュゾーン」とは、確度の高い「買いポイント」(買いENTRYの優位性が高いゾーン)のことを指します。特定のチャートパターン出現直後に、フィボナッチリトレースメントで導き出した「買い」優位性の高い空間(ゾーン)です。

FlashZoneFX手法解説動画その2

以前のレビューでも述べましたが、Flash Zone FXは「買い」のみでENTRYをおこなう手法であり、「売り」は一切行いません。だからこそ、「買い」の優位性が非常に高いポイントを見極めることが重要になるのです。Flash Zone FXはその点において、群を抜いた再現性を確保しています。

しかし常にこのフラッシュゾーン内でキレイに相場が反発するとは限りません。相場の急落でフラッシュゾーンを一気に下抜けするケースも多々あります。一気に下抜けしたときは、ルールとしては見送ることになります(ENTRYはおこなわない)。

今回の特典である、「ツバメ返しエントリー法」は、フラッシュゾーンを一気に下抜けした後でも、ゾーン外で反発するポイントを見定めて「押し目買い」エントリーをおこなう手法です。

損切りラインは、1エントリー毎に資金の1%以内に置く

カウンター、つまり逆張りで入るためリスクの高い手法となります。リスクを負った分だけ利益は大きくなります。なお、リスクリワードは1:2ではなく、1エントリー毎に資金の1%以内とする点が重要なポイントとなります。

段階的エントリーで利益を最大化する

「買い」エントリーは、段階的におこないます。「買い」ポイントはフラッシュゾーンを下抜けした直後そして、反発したタイミングで2回目のENTRYをおこないます。動画内では3回目のボーナスエントリーポイントの解説もあります。各エントリー毎に1%のリスクを負うので、3回エントリーをすればトータル3%のリスク(損切りリスク)を負うことになります。

ツバメ返しエントリーの買いポイント

ツバメ返しエントリーの買いポイント

ツバメ返しエントリー法は中上級者向けだ

以上が、ツバメ返しエントリー手法の概略となります。

本編手法同様、カウンタートレードであるため、慣れないと怖さを感じる手法ですが、損切りライン(資金の1%以内のポイントに設置)さえしっかり置いておけば、仮に損切りにあったとしても大きな損害にはなりません。

逆に、そこからレートが反発すれば大きな利益となります。より深いポイントからの押し目買いとなるからです。

リスクが大きいぶん、リワードも大きくなるわけですね。どちらかといえば中上級者向けの手法です。

まずは、本編手法である「フラッシュゾーン」内での反発買い(押し目買い)をマスターすることからスタートすることをおすすめします。

Flash Zone FX タイトル:Flash Zone FX
販売:株式会社 ISK capital
運営統括責任者:佐塚 浩政
メディア:動画・PDF

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

まず生き残れ!儲けるのはそれからだ(ジョージ・ソロス)

勝てる方法よりも負けない方法を学ぶべき 毎日のようにブログ読者様から様々なご質問を頂くのですが、一番多いご質問は「どうしたら勝てるようになりますか?」というものです。 質問者は、あまり深く考えずにこの質問をしていると思い…

”キプロスで預金封鎖” の余波

FXブローカーの楽園”キプロス”が事実上の破綻 驚きのニュースです。キプロス共和国で預金封鎖が行われました。 ギリシャ問題を発端とした欧州経済危機の余波は、地中海の小国”キプロス共和国”の経済を大きく揺るがしました。キプ…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

イニシア・スター証券が登録取り消し 2012年12月5日に、イニシア・スター証券が金融庁から行政処分を受けました。 イニシア・スター証券株式会社に対する行政処分について イニシア・スター証券については、当ブログでも以前取…

TradeMax Zillion 【検証とレビュー】

書籍も出されている柳原卓丸氏のEA TradeMax Zillionは、榊原卓丸氏による自動売買システム(EA)です。榊原卓丸氏といえば、以前に書籍を出版されていましたね。「ほったらかしでも月100万円儲かるFX自動売買…

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か?

Icchan3氏が消えた・・・損失は1000万円超か? 損切りせずに資産7300万円超!凄腕トレーダーの手法とは? FXで損切りしない戦略はどれほど有効なのか? 損切りしないIcchan3氏の含み損が1000万円を超えた…

バイナリー大百科 【検証とレビュー】

バイナリー大百科は、裁量商材 バイナリー大百科は、バイナリーオプション商材にしては珍しい裁量系のマニュアルです。販売者であるニーノ氏は、ブログも運営されていますね。  バイナリーオプション商材検証ブログ ブログといっても…

トレンド・ディスカバリーFX
トレンド・ディスカバリーFX【検証とレビュー】評価・・・A

関連記事:トレンド・ディスカバリーFXが重要視する”通貨の競争力”とは? 「トレンド・ディスカバリーFX」とはどんなFX商材か? トレンド・ディスカバリーFXは「通貨間の競争力」に着目したトレンドフォロー商材だ 2013…

バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノだ

バイナリーオプションの本質は”コイントスゲーム” あいかわらずバイナリーオプションが人気です。 趣味の一環としてバイナリーオプションを楽しむのでしたら、私は良いと思います。バイナリーオプション商材も、ギャンブル(ゲーム)…

スイングマスターFX 【検証とレビュー】

スイングマスターFXの実績 スイングマスターFXは、読者様より検証依頼を頂いた商材です。 残念ながらスイングマスターFXの販売ページには、東正太郎氏の実績を裏付ける証拠は掲載されていません。2010年から2012年にかけ…

FX INNOVATION CLUB【検証とレビュー】

市場健祐氏によるFX INNOVATION CLUBはRichesse Life Academyの焼き直しか? FX INNOVATION CLUBというFX商材がリリースされました。プロトレーダー市場健祐氏の手法を「完…

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集・・・

岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールが追加枠を用意しての限定募集(先行販売枠) 岩本式・FXアダムセオリー・マスタースクールがわずか2時間で150名の定員に達して募集締切をしたとの記事をアップしましたが、17時に…

FX-navi 【検証とレビュー】

FX-naviはトレンドフォロー系裁量ロジック FX-naviの販売ページですが、一般的なことがさらっと書いてあるだけで、具体的な手法についての説明は全くありません。購入検討者はどうやって判断すれば良いんでしょうか?ちょ…