大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

   2016/07/25

大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”とは?

別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」の中から、キクチ氏の手法を紹介する。

キクチ氏は32歳のサラリーマンだが、すでに資産を2億円にまで拡大している。競馬などのギャンブルが大好きなキクチ氏の投資手法も、かなりギャンブルだ。ハイリスクを取っているからこそ、当たったときのリターンも非常に大きくなるという典型のような手法である。

キクチ氏も以前紹介したwww9945氏と同じように比較的メディアで取り上げられている人物の一人だ。キクチ氏が取り上げられたWEBメディア(ニュース)をピックアップしてみる。

これらの記事を読みだけでも、彼の投資スタイルを理解することができる。

大化けポテンシャルを秘めた【上場ゴール株】を4~5銘柄厳選して分散投資

キクチ氏の投資スタイルを一言で表現するならば、大化けする銘柄(大穴銘柄)を狙う、ということだ。大化けする可能性のある銘柄とは、

  • 上場ゴール銘柄
  • 上場廃止銘柄

の2つ。キクチ氏はこの投資手法を中心に厳選した少数の銘柄に投資をして、2億円もの資産を築きあげた。まさに一点集中、大穴狙いだ。

上場ゴール銘柄とは?

上場ゴール銘柄とは、上場直後(新規公開)に高値をつけて、その後は株価が長期間低迷しているような銘柄のこと。キクチ氏が具体的な銘柄として挙げているのが共同ピーアール(株)【JQ・2436】

例えば共同ピーアール。2006年の上場時に3260円の高値をつけましたが、今は800円前後。(中略)

景気が上向けば仕事が増える。それに東京オリンピックを控えて、新たな需要も発生しそう。そうれなれば上場ゴールの高値まで戻すことも期待できる。

引用:別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」

最近では(株)gumi【3903】などが上場ゴール銘柄といえるだろう。上場後に長期低迷している銘柄を購入して、あとはほったらかし。うまくいけば、株価が10倍〜20倍になる可能性も秘めている。その一方で底値圏のまま推移して倒産…という可能性もゼロではない。

ハイリスク・ハイリターンの投資スタイルだ。

上場廃止銘柄とは?

一方の上場廃止銘柄とは、証券取引所が上場継続不適と判断して証券取引所での取引を終了した銘柄や、廃止直前の銘柄(監理銘柄、整理銘柄)のことだ。上場廃止されても、事業が継続されれば第三者が株を買い取ってくれる可能性が高まる。

キクチ氏は、上場廃止直前の銘柄を厳選して購入し、廃止後の買取価格との価格差を狙っている。

OHTという銘柄はファンドが買い取ってくれ、700万円6000万円になりました。

当たれば大きいまさに大穴銘柄狙いだが、非常にリスキーな手法だ。

ただ、この地合いだと、上場廃止狙いは難しい。今なら上場ゴール株の再燃狙いがいいのでは。

とキクチ氏も語っているように、上場ゴール銘柄に絞って厳選したほうがよいかもしれない。

キクチ氏のスクリーニング法が参考になる

さて、キクチ氏にならって上場ゴール銘柄で大化けを狙うなら、彼のスクリーニング法が非常に参考になる。いくつかチェック項目があり、これらの項目を満たす数が多いほど狙い目の銘柄となる。

・チャートの形が「上場ゴール」
・純資産倍率が低い
・時価総額が50億円以下
・ここ何年か赤字が続いている
・配当・優待を出していない

引用:爆騰株を的中させた「目の付け所」って何だ?(HarvardBusinessonline)

・チャートの形が「上場ゴール」
・PBRが1倍以下
・大株主が大手企業
・オーナーや親会社の保有比率が高い
・株式公開してから10年以内
・時価総額が50億円以下

引用:“ほったらかし”で20倍を狙える株の探し方(HarvardBusinessonline)

どちらもHarvardBusinessonlineの記事だが、この2つをまとめると、

  • チャートの形が「上場ゴール」
  • PBR(株価純資産倍率)が1以下
  • 時価総額が50億円以下
  • ここ何年か赤字が続いている
  • 配当・優待を出していない
  • 大株主が大手企業
  • オーナーや親会社の保有比率が高い
  • 株式公開してから10年以内

特に以下の項目は2つの記事でダブっている項目ですので重要と思われる。

  • チャートの形が「上場ゴール」
  • PBR(株価純資産倍率)が1以下
  • 時価総額が50億円以下

チャートの形が「上場ゴール」とは、以下の様なチャートを指す。

上場ゴール

出典:ヤフーファイナンス

上記のチャートは共同ピーアール(株)【JQ・2436】だ。

キクチ氏がおすすめする銘柄

別冊SPA!特集記事でキクチ氏がおすすめしている銘柄は以下の3つ。

  • 共同ピーアール(株)【JQ・2436】
  • (株)小田原機器【JQ・7314】
  • (株)山王【JQ・3441】

その他のメディアでキクチ氏がおすすめしている銘柄もピックアップしておこう。

  • 大崎エンジニアリング(株)【JQ・6259】
  • (株)ディジタルメディアプロフェッショナル【3652】
  • アイティメディア(株)【2148】

ほったらかしで大穴を狙うならば、キクチ氏の手法を検討してみてもよいかもしれない。ただ、かなりハイリスクであることは心に留めておく必要があるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

ライントレード商材を比較
ライントレードFX商材を比較してみる

ライントレード商材が増加傾向にある ここ最近の傾向ですが、ライントレード商材を多く見かけるようになりました。一方、MT4のインディケーターや、シグナル系の商材は、元気が無いですね。ユーザーがシグナルツールに飽きてきたとい […]

大学生投資DVDトラブル
【要注意!】大学生に広がる投資DVD問題とは?

56万円の投資DVDで学生の間にトラブル急増 何度もニュースで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思いますが、未だにトラブルが多い事案です。 NHKニュースによれば、トラブルの件数は、昨年に比べて増加しているようで […]

バイナリーオプション反対売買
バイナリーオプション自主規制で何が変わるか?

最新記事(2012年12月28日): >>バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? 自主規制案は、投資家保護と国際化が目的 バイナリーオプションの自主規制案が発表されてから、約1週間経過しま […]

投資は、90%の苦痛と10%の安堵感

EAは、まるでゲーム世界のアイテム EA使ってる人、多いですね。たしかに自動売買システム(EA)は使い始めると面白いし、その奥深さにハマると思います。 複数のEA(システム)を稼働させて資金を増やしていく過程は、まるでゲ […]

資産10億円!FX長者ヒルズ族の絶頂と転落
資産10億円!FX長者ヒルズ族の絶頂と転落

資産10億円!元FX長者の”絶頂”と”転落” FXトレーダーで10億円を稼ぎ、六本木ヒルズ在住で名を馳せた磯貝清明氏を覚えているだろうか? 彼は2007年当時、「日本で一番ポンドを持つ男」を呼ばれていた。そのポジション総 […]

【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界
【カジノ法案大詰め】その裏で息の根を止められるパチンコ業界

「カジノ法案」が今国会で成立する IR推進法案、いわゆるカジノ法案がいよいよ大詰めを迎える。日経新聞によれば、今国会での成立を目指しているとのこと。 カジノ法案、今国会成立を確認 超党派議連 2016/9/29 20:2 […]

EA販売に投資助言代理の届け出が必要となる

EA販売にも規制の手が・・・ ご存じのように、EAを含む自動売買システムの販売やレンタルは制限付きで禁止されています。 「制限付き」とは、会員制での販売またはレンタルを行う場合は投資助言代理業の登録が必要であるという意味 […]

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7割がもうかるFX会社、その「意外な真実」 […]

投資とギャンブルの”境界線”
含み損8000万円を1000万円まで圧縮【貯金3億円男★大先生】

”8000万円の含み損”解消まであと少し! FXネット界を賑わせる貯金3億円男★大先生ですが、このところのNZDJPY、AUDJPYの上昇によって、含み損の大幅な改善が見られます。 直近のTwitterの呟きでは、 NZ […]

GMOクリック証券BO新商品
GMOクリック証券、11月4日より新バイナリーオプションのデモ取引スタート!

新ルールBOスタート間近 バイナリーオプションの自主規制ルールに基づいた新BOが、どんどんリリースされていますね。2013年11月末には、新ルールへの完全移行が義務付けられています。 現段階での各証券会社のスケジュールを […]

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か
ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か

ポンドの瞬間暴落(Flash crash)の犯人は日本人か? 前回の記事でポンドの大暴落を取り上げた。 殺人通貨「英ポンド」がまたもや瞬間暴落(Flash crash) Flash crash(瞬間暴落)の原因は定かでは […]

まず生き残れ。 儲けるのはそれからだ。byジョージ・ソロス

勝てる方法よりも、負けない方法を学ぶべき 毎日のようにブログ読者様から様々なご質問を頂くのですが、一番多いご質問は「どうしたら勝てるようになりますか?」というものです。 質問者は、あまり深く考えずにこの質問をしていると思 […]