損切りしない戦略と”トラップリピートイフダン”

 

トラリピと損切りしない戦略

損切りしない戦略

ここ数日、損切りしない戦略について記事をアップしてきました。

そもそも「損切り」は、投資における王道セオリーとして初心者が最初に学ぶべき項目の1つです。損切りをしなかったために、ロスカットの憂き目にあうなど、資産を大幅に減らしてしまったという話は枚挙にいとまがありません。

しかし、資産を7300万円にまで増やしたIcchan3氏や4億7000万円を稼いだ池辺雪子さんのように、損切りをしない戦略を積極的に取るトレーダーも存在します。はたして彼らは特殊なのでしょうか?

今回の記事では、損切りしない戦略を別の確度からもう少し深く掘り下げてみたいと思います。

ナンピンと”損切りしない戦略”

損切りをしないという戦略と、深く関係しているのが「ナンピン」です。

ナンピンとは、買いポジションを建てたあとにレートが下がった場合に、さらに買い増しするという手法です。ナンピンのメリットは平均取得価格が下がることです。最初に建てたポジションよりも安く買えるため、2つのポジションの取得価格平均値は当然下がります。

120円でUSDJPYをロングで買い、その後115円にレートが下がった時にさらに買い増しすると、

(120円+115円)÷ 2 = 117.5円

この場合、レートが117.5円を超えれば、損益はプラスに転じます。120円まで待たなくても良いわけです。

このナンピンを、損切りをしない手法と組み合わせることで、より戦略的な攻めのトレードが可能になります。多段階でナンピンポジションを保有することで平均取得価格を押し下げ、わずかなレートの戻りでプラスに転じさせることも可能です。

ただし、ナンピンには危険な側面も存在します。ナンピン戦略においては必ず(時間がかかってでも)レートが戻ることが前提となっています。もしもレートが戻らずに一方的に下がり続ければ、ナンピンをすればするほど泥沼にはまり、含み損が膨らみ続けます。最終的に損切りもしくは、ロスカットされてしまうでしょう。

このナンピン戦略をシステマチックに行う手法として、トラップリピートイフダン(トラリピ)という戦略があります。

トラップリピートイフダン戦略

トラップリピートイフダンは、マネースクエアジャパン(M2J)が特許を取得している手法(注文方法)です。マネースクエアジャパンに口座を開設すれば、誰でもこの戦略を利用することができます。当サイトでも過去に同様のFX商材を取り上げたことがあります。

トラップリピートイフダンの詳しい解説は、公式サイトを読んでください。

トラップリピートイフダン

出典:M2Jトラリピとは(FX)

トラップリピートイフダン戦略をひとことで表すならば、”システムナンピンです。最初に設定しておけば、自動的にナンピンでポジションを持ちます。さらに決済も自動的におこなってくれます。最初の設定は手動でおこなう必要がありますが、一度設定してしまえば、あとは自動売買です。

トラップリピートイフダン戦略が効果を発揮する相場は、いわゆるレンジ相場です。レンジ相場の中でレートが上下する場合においては、最強の戦略といえます。

逆に一方的なトレンド相場になったときに、トラリピは深刻な事態に陥ります。買いポジションを建てる戦略において、レートがレンジ幅を下抜けし、グングンと下降トレンドを形成した場合、大きな損失が発生します。最悪の場合はロスカットです。

これは、トラリピが「システムに損切りを組み込んでいない戦略」だからです。

トラリピのポテンシャルを最大限に発揮させる方法

トラリピでは、レンジを下抜けた際の損切りは避けられませんが、そもそもレンジ幅を相当大きく設定しておけば、損切りすら必要なくなります。

大きなダウントレンドが発生しても、いずれ(時間がかかったとしても)レートが戻ってくる可能性はゼロではありません。その間の含み損に耐えられるくらいの資金管理を徹底しておけば、レートが戻った時に利益確定することができます。レバレッジを低く保ちつつ、余裕のある資金運用が求められます。ただし、いつレートが戻るかはわかりませんし、そもそも戻らない可能性すらゼロではありません。

ただ、レンジ幅を小さく設定しこまめに損切りをするよりも、ある程度レンジ幅を大きく設定して損切りを極力避けたほうが、利益は増やしやすいことは間違いありません。

まさに「損切りをしない戦略」です。

トラリピだけで150万円 → 920万円

このトラリピ戦略のみで150万円を920万円まで増やしたトレーダーがいます。トラリピ犬というハンドルネームで活躍しているトレーダーです。ブログはこちらです。

2010年からトラリピを資金150万円でスタートし、2015年9月26日(これ以降の記事更新がありません)の時点で920万円にまで資産を増やしています。ここ数年は調子が落ちているようですが、どうなのでしょうね。

ザイFXにも取材記事があります。

トラリピに死角なし、なのか――。

「ありますよ。1つは含み損。トラリピに含み損はつきものです。ボクも始めてすぐ、150万円の資金に対して、数十万円の含み損を抱えました。今現在も含み損を抱えています。

ただ、これは仕方ない。いずれ利益確定できると信じて耐えるしかありません

(中略)

「だから、トラリピでは含み損に耐えられるような資金管理が必須ですし、そのためにはある程度の資金も必要。

以前は1万通貨単位でしか売買できなかったので100万円程度は必要でしたが、今は1000通貨単位でトラリピができるようになったので10万円くらいあれば始められます」

引用:進化したトラリピ犬氏のトレード術(2)「円高に弱い説」を覆し、過去最高益!

損切りをしないトラリピは初心者でも実践可能ですが、そうはいっても含み損に耐えられるだけの潤沢な余裕資金と強いマインドが必要とされます。

損切りをしない戦略が失敗した時…

あたりまえですが、損切りをしない手法は万能(聖杯)ではありません。

私の知人は損切りをしない戦略(我流トラリピ)で南アフリカランド円(ZARJPY)をトレードしていましたが、最終的には口座破綻しました。破綻を迎えるまではまさに全戦全勝で、高額のスワップポイントも獲得していました。

南アフリカランド円(ZARJPY)が12円を切ることはまずないだろうとの予測のもと、手動のトラリピをおこなっていたのです(〜2008年)。当時の南アフリカランド円(ZARJPY)は15円〜ボックス圏を形成していました。

南アフリカランド円チャート

出典:investing.com

仮に当時の大暴落による含み損をを耐えるほどの資金があったとしても、その後の相場を見る限りにおいてレートが15円ラインにまで回復したことは一度もありません。今年(2015年)の7月以降は、2008年の大暴落に匹敵するほど下げていることがわかります。

彼が破綻が回避できていたとしても、莫大な含み損を抱えた状態が何年も続いていることになります。損切りをしないトラリピの恐ろしさが、ジワジワと伝わってきます。

損切りをしない手法は、一見魅力的にみえます。しかしリスクも大きく、戦略を見誤ると退場を余儀なくされるほどの損失を食らうこともあります。その点をしっかりと見極めて取り組む必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

キプロスに拠点を置くブローカー
キプロス拠点のFX業者を一覧でまとめてみた

キプロス拠点のFXブローカーが気になる? キプロスショックのニュースが連日ネットを賑わせています。 >>”キプロスで預金封鎖”の余波 >>キプロスショックとFXブローカー 当サイトにもキプロスに関 […]

株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの
株式投資家がFX投資家を見下す行為は、目くそ鼻くそを笑うようなもの

投資とギャンブルの境界線 以前、投資とギャンブルの境界線という記事を書いた。 投資とギャンブルの境界線 その中で、ギャンブルとは、 ”プレーヤーがゲームの本質(期待値やリスクなど)を理解しておらず、起こりうるリスク(損失 […]

記事の盗用
実在しないFX自動売買ソフトで詐欺容疑

実在しない自動売買ソフトで集客か? オール・イン幹部逮捕の続報です。 >>FX投資ソフト販売で337億円【オール・イン 逮捕】 オール・インが337億円を集めた方法ですが、どうやら実在しないFX自動売買ソフト […]

トレードアイランドをご存じですか?

GMO証券主催のトレードアイランド トレードアイランドというサービスをご存じでしょうか? GMOクリック証券に口座を持っている方であれば、ご存じだと思います。 トレードアイランドとは、GMOクリック証券が運営するリアル口 […]

未上場株投資のネット勧誘5月解禁、金融庁
【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

クラウドファウンディングによる小口資金調達スキームを構築 日本経済新聞WEB版のニュースです。 未上場株投資のネット勧誘、5月解禁 金融庁 金融庁は5月にインターネットを通じた未上場株の投資勧誘を解禁する。不特定多数から […]

ライントレード商材を比較
バイナリーオプション規制まで、あと10日!

日本証券業協会の公式発表です 2013年11月19日に、日本証券業協会が公式発表を行いました。 「バイナリーオプション取引に関する規則」の制定及び「協会員の投資勧誘、顧客管理等に関する規則」の一部改正について という内容 […]

ドル円が大暴落
落ちるナイフをつかむな!ドル円が歴史的な下落(ナイアガラ)を記録

ドル円が歴史的な下落を記録 為替も株も、大変なことになっています。 今でこそ119円まで盛り返したドル円(USDJPY)は、一時的に116円台に突入しました。その様は、まさにナイアガラ状態です。 最大下落幅は約8円です。 […]

オプザイルがのさばった原因は金融庁にもある
オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある

オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある オプザイル撲滅運動が盛んだ。この勢いだとオプザイルは年内にはこの世から消えてしまうのではないだろうか? 投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカ […]

よく読まれている記事のランキング

よく読まれている記事のランキング 2012年11月1日の時点で、当ブログで、よく読まれている記事をランキング致しました。是非、ご参考にして下さい。 ※アクセス解析のデータを元に順位を付けています。 人気記事ランキング 第 […]

”扶桑社(三村雄太氏)VS渋谷高雄氏”裁判に判決が出ました
【逮捕速報】ソーシャルサポートが無登録でFXファンドへの投資勧誘の疑い

ソーシャルサポートの実質的経営者が逮捕 2014年1月29日のNHKニュースからの情報です。 東京都中央区にあるFX投資会社「ソーシャルサポート」の実質的経営者が逮捕されました。容疑は、無登録でFXファンドへ投資勧誘した […]

金融庁バイナリーオプションルール改正
金融庁がバイナリーオプション規制を強行!

金融庁によるBO規制が正式発表された! ちょっと衝撃的な記事です。2013年4月21日付けのウォールストリートジャーナル(WEB版)の記事です。 金融庁は19日、外国為替相場の騰落を二者択一で予想するデリバティブ(金融派 […]

鴨川式バイナリー予備校のスパムメール
【注意】”鴨川式バイナリー予備校”のスパムメールが届いた件

スパムメールか?”鴨川式バイナリー予備校” 昨日、私の個人メールアドレスに、怪しげなメールが届きました。こちらをご覧ください。 今、1番手軽に稼げる為替投資「バイナリーオプション」。 一見ギャンブルのような二択の為替投資 […]