投資に欠かせないファンダメンタルズ情報をどこから収集するか?

ファンダメンタルズを疎かにしていないか?

FXでは短期トレーダーが多いので、テクニカル一辺倒の投資家が大半だと思います。せいぜいチェックしても重要な経済指標くらいではないでしょうか?特にFX情報商材を購入する層は、ほぼ100%テクニカル派でしょう。

一方でファンダメンタルズを重要視する投資家というのは中・長期トレーダーが主でしょうね。私は、ファンダメンタルズ6割、テクニカル4割のバランスでチェックをしています。

実際のところ、ファンダメンタルズをどれほどチェックしても、相場動向は読めません(と私は考えています)。ではなぜファンダメンタルズをチェックするのか?

巨大なクジラに逆らわない

私のトレードスタイル(スタンス)として、巨大なクジラについてく、という考えがあります。

相場を太平洋と考えると、その中を流れる暖流(黒潮)や寒流などを相場の大きな流れととらえることができます。そしてその海流に沿って海を泳ぐクジラが大口の投資家連中(大型投資ファンド、政府ファンド、生保、投資銀行など)です。彼ら(クジラ)は基本的には潮流に沿って泳ぎますが、気まぐれなので時には逆方向に動いたりします。

彼ら(クジラ)の食べ物は、大量のイワシの群れ(個人投資家たち)です。食欲旺盛なので、一気にイワシの大群を飲み込みます。イワシは恐怖に怯え逃げ惑いますが、巨大なクジラの前ではひとたまりもありません。

イワシのままで生き残ることは困難です。ではどうするか?クジラのお腹にくっつくコバンザメになることです。

頭部の背面に小判型の吸盤があり、これで大型のサメ類やカジキ類、ウミガメ、クジラなどに吸い付き、えさのおこぼれや寄生虫、排泄物を食べて暮らす

引用:Wikipedia コバンザメの生態

コバンザメは自分より大きな魚(クジラなど)にくっついて、彼らのおこぼれを食べて暮らします。つまり大口投資家(機関投資家)にくっついてまわり、そのおこぼれ(彼らが食い散らかした残り)を、ありがたくいただくのです。

  • 大海原=相場(ファンダメンタルズ)
  • 海流(潮流)=相場の動向
  • クジラ=機関投資家
  • イワシの群れ=個人投資家
  • コバンザメ=賢い個人投資家

コバンザメになることこそが、弱小個人投資家が生き残る唯一の方法であると考えています。

で、ファンダメンタルズの話に戻りますが、政治や経済情報を収集する目的は、大口投資家(機関投資家)の動向を探るためです。相場を読むためではありません。

お気に入りのアナリストを一人見つけて自分の判断指標とする

今回はそのファンダメンタルズ情報をいかに収集するか?というお話です。CNNをリアルタイムでチェックしたり、著名アナリストのブログを読んだり、経済新聞に目を通したり、収集方法は投資家によって様々です。

全てをこなすことは大変なので、自分が信頼できるソースを一つ決めて、定点観測的にチェックすることが良いのではないかと考えています。

私は複数のお気に入りのアナリストのブログを常時チェックしています。アナリストの分析を100%信頼しているわけではなく、ひとつの指標としているのです。相場の流れ(大海原の潮流)を読むための指標です。

アナリスト分析(ブログ記事)を毎日流し読みするだけでも、ファンダメンタルズをざっくりととらえることができるようになりますので、お薦めです。アナリストはこちらからも簡単に探すことができます。

外為LAB.(外為ラボ)に関しては、過去にも外為LAB.(外為ラボ)のFXレポートという記事でご紹介しました。この中にはマーフィーこと柾木利彦氏もいます。また証券会社でも無料でファンダメンタルズ分析を解説していたりしますので、定期的にチェックするのも良いかもしれません。

私のお気に入りは「10万円を6億円にしたFX(為替)トレーダーGFF氏の手法を解説」の中でもご紹介した川井美智子さんです。

川井美智子さんのブログはファンダメンタルズ分析というよりは日足のトレンド判断がメインです。

岡三オンライン証券の無料動画セミナーが興味深かった

最近では岡三オンライン証券のセミナーが興味深かったです。

FXトレード上達セミナー【YEN蔵のFX塾】米利上げ見送り後の相場展望と為替、株式投資戦略

株式会社ADVANCE代表取締役 田代 岳氏(YEN蔵)による分析レポート(動画解説)です。無料で視聴できますので、ご覧になってみてはどうでしょうか。今、世界の政治と経済がどうなっているのか?よく理解できると思います。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

カナダドル王FX配信 【検証とレビュー】

月額課金制のシグナル配信サービス 月額課金制のシグナル配信サービスです。カナダドル円の1通貨ペアに絞って、月に6~10回程度ポジション情報が配信されます。月額利用料金は、48,000円です。 カナダドル王FX配信の実績サ…

最終報告-バイナリーオプション取引にかかる 自主規制の在り方

自主規制の最終報告が出た! ついに最終報告書が発表(2013年4月24日)されました!報告書の正式タイトは以下の通りです。 通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプション取引にかかる自主規制の在り方(最終…

【逮捕速報】ソーシャルサポートが無登録でFXファンドへの投資勧誘の疑い

ソーシャルサポートの実質的経営者が逮捕 2014年1月29日のNHKニュースからの情報です。東京都中央区にあるFX投資会社「ソーシャルサポート」の実質的経営者が逮捕されました。容疑は、無登録でFXファンドへ投資勧誘した金…

【10億円超?】貯金3億円男★大先生の保有資産が計り知れない・・・

貯金3億円男★大先生っていったいいくら持ってるんだ? 貯金3億円男★大先生を覚えているでしょうか?2016年だけで6億円もの損失を出した稀代の賭博師です。 貯金3億円男★大先生という稀代の賭博師が人々を魅了する理由(ワケ…

会社員による横領&FX投資は、なぜ起き続けるのか?

伊藤忠元社員による7億円着服事件 また事件ですね。伊藤忠の元社員が会社のお金を横領し、FX投資につぎ込んだニュースです。事件そのものは4月に発覚していますが、今回のニュースは、その元社員の逮捕です。その額7億円ともいわれ…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

イニシア・スター証券が登録取り消し 2012年12月5日に、イニシア・スター証券が金融庁から行政処分を受けました。 イニシア・スター証券株式会社に対する行政処分について イニシア・スター証券については、当ブログでも以前取…

マーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー、FXTFへの導入が決定(プレスリリース)

FXTFが導入を決定したマーフィーのスパンモデル&スーパーボリンジャー 当サイトでもAA評価のマーフィーのスパンモデル(スーパーボリンジャー)が、今回新たな証券会社に導入されることが決定しました。財経新聞のプレスリリース…

バイナリーオプション自主規制の内容が明らかに!

バイナリーオプション規制でHigh&Lowは禁止されない? HIGH&LOWが禁止に! 本日(2012年12月13日)は重大ニュースがありましたね。バイナリーオプション自主規制の決定会合が昨日(12月12日)に開かれ、そ…

GMOクリック証券がバイナリーオプションの成績を公表しました

GMOクリック証券の外為オプション実績が公表された FXトレード・ファイナンシャルに続いてGMOクリック証券も、バイナリーオプションの月別実績を公表しましたね。 出典:GMOクリック証券外為オプション取引の月次取引実績 …

投資家の70%が儲かっているブローカーがあるらしい・・・

顧客の70%が儲かってるFX会社? 古い記事ですが、2012年8月31日の日経新聞(日経電子版)に、ちょっとビックリするような記事が掲載されていました。 記事のタイトルは、顧客の7割がもうかるFX会社、その「意外な真実」…

TURBO FX 【検証とレビュー】

TURBO FXは、+15pipsスキャルの進化版 TURBO FX~3ステップ・トレードシステム~という商材が発売されました。 TURBO FXの販売ページを見てみる 販売元は、酒井謙光さんという個人の方ですね。システ…

94円でW2C-Clipper(クリッパー)が破綻

2年9ヶ月ぶりに94円突入でクリッパー破綻 先日の記事で、クリッパーが破綻の危機に瀕していることをお伝えしました。その記事の翌日(2月6日)には破綻してしまったようです。 W2C-Clipper(クリッパー)が破綻の危機…