グランドセオリーFXで使われている一目均衡表の「雲」とは?

グランドセオリーFXで使われている一目均衡表の「雲」とは?

グランドセオリーFXで使われている一目均衡表の「雲」とは?

B評価商材

日本人が開発した画期的なテクニカル指標「一目均衡表」

グランドセオリーFXのざっくりとしたレビュー記事をアップしました。

グランドセオリーFXではオーソドックスなテクニカル指標を使用していますが、そのなかにひとつに一目均衡表の「雲」があります。

グランドセオリーFXの雲

上のチャート内のグレーで表示されているものが一目均衡表の雲と呼ばれるテクニカル指標です。雲を使ったFX情報商材はあまり見かけません。有名どころでは、マーフィーの最強スパンモデルマナブ式FX完全マスタープログラム(THVシステム)くらいでしょうか。

おそらく、一目均衡表そのものが奥が深いため、FX情報商材として活かすのはなかなか難しいというのが理由ではないでしょうか。

グランドセオリーFXでは「雲」をどのように使っているか?

グランドセオリーFXのマニュアルでは、トレンドロジック編やローソク足ロジック編で「雲」がでてきます。(レンジロジック編では雲を使いません)

らいく氏は、雲をレートが抜けるタイミングを仕掛けのためのフィルターとして使用しているようです。また雲の上限・下限で手仕舞いのタイミングを図っているケースもあります。

雲の上限で小さめの陰線 2 本を確認…

雲を抜けたことを確認…

利確のポイントとしては、この場合ですと「雲の下限(灰色の雲の下のほう)」で、一度利確をすると安全…

雲の下限と●●●で利確…

この辺りは、マナブ式FX完全マスタープログラム(THVシステム)と似ています。

一目均衡表は、時間軸を未来・過去へずらした三次元チャート

一目均衡表の雲を取り上げる前に、そもそも一目均衡表とはなんでしょうか?

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、チャート分析法の一つ。
細田悟一によって、1936年(昭和11年)に考案された。細田のペンネーム 一目山人(いちもくさんじん)に因んで名づけられ、現在は細田の遺族が経営する株式会社経済変動総研の登録商標である。

引用:Wikipedia

日本人が開発したテクニカル指標ですが、驚くことに商標登録までされています。つまり特許庁に申請し登録が認められているわけです。メタトレーダーにもデフォルトインディケータ(ichimoku.mq4)として装備されるほど世界的なテクニカル指標として利用されています。

一目均衡表をひと言で説明することは困難です。外為オンライン特別講座にわかりやすい説明があるので御覧ください。

外為オンライン実践講座
出典:外為オンライン特別講座 第3回一目均衡表・新値足

余談ですが、この外為オンライン特別講座はかなりおすすめできるコンテンツです。第1回からすべての回を読むことをおすすめします。くだらないFX商材を購入するより断然有益です。

一目均衡表の性質をひと言で言い表すならば、『外為オンライン特別講座』の言葉通り”時間軸を未来・過去へずらした三次元チャート”と言えます。

一目均衡表が三次元チャートと呼ばれる所以(ゆえん)は、レートの現在・過去・未来をたった一つのテクニカルで解析しようとする設計思想からきています。現在のレートは過去のチャートの影響を受けており、かつ、未来のチャートにも影響をおよぼすという考え方に基づいて設計されたテクニカル指標です。

雲の役割とは?

様々なラインが表示される一目均衡表において、サポートやレジスタンスラインと同じような役割をするのが「雲」です。

雲とローソク足との位置関係、雲の幅や形状などから、現在のレートが過去チャートからどのような影響を受けているのか?そして今後(未来)のレートにどう影響をおよぼすのか?を分析するわけです。

ローソク足の上に雲が横たわっていれば、上値抵抗線(レジスタンスライン)として機能し、ローソク足の下に雲があれば下値支持線(サポートライン)として機能すると言われています。また、そのサポート・レジスタンスのパワー(強さ)を雲の厚みで捉えます。一方、ローソク足が雲の中に取り込まれているときは、今後大きくレートが動くことが予想されます。

こうしてみるとグランドセオリーFXでの雲の使い方は、本来の用途とは少し異なりますね。

一目均衡表をマスターしたいなら…

複雑難解な一目均衡表ですが、本気でマスターすれば強力な武器になり得るツールです。

いきなり取り組むよりも、まずは入門編からスタートすることをおすすめします。まずは無料で学べる動画などがおすすめです。特に一目山人の後継者である三世一目山人(細田哲生氏)による動画解説がおすすめです。

B評価商材

オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材
評価s
…非常に高く評価する
評価A
…高く評価する
評価b
…評価する
評価c
…凡庸
評価d
…難あり

全商材評価一覧はこちら

 よく読まれている記事

Super ADX 【検証とレビュー】

クセはあるが非常に面白いツール Super ADXという、珍しいシステムをご紹介します。おそらく多くの方が初めて聞く名前だと思います。それもそのはずです。インフォトップやインフォカ…

シグナルスター 【検証とレビュー】

FX孔明氏の ”シグナルスター” 読者様からの検証依頼です。FX孔明氏のシグナルスターです。FX孔明氏といえば、過去にもこのサイトで取り上げたことがあります。 FX孔明氏とは? そ…

Flash Zone FX【検証とレビュー】

Paul Zimon(ポール・ジモン)監修のFlash Zone FX Flash Zone FXというFX商材がランキングを賑わせているようです。販売ページを見ましたが、なかなか…

FXB-Manual 【検証とレビュー】

ラインブレイクを極めた販売者 久々にまともな商材に出会いました。FXB-Manualです。 商材の内容ですが、ラインブレイク手法を解説した裁量マニュアルです。PDF(61ページ)と…

TREND RIDE SCALPING NEO 【検証とレビュー】

TREND RIDE SCALPING NEOは意外と真面目な商材 ド派手な販売ページとは裏腹に、商材そのものは真面目です。 TREND RIDE SCALPING NEOは、メタ…

Market Hunt System(MHS) 【検証とレビュー】

公(おおやけ)のフォワード成績以外、必要ない ロジック非公開のFX商材販売ページにおいては、様々な言葉を使ってツールの優位性が解説されています。そもそも、ロジックが非公開のシグナル…

ニューロFX 【検証とレビュー】

ニューロFXは未来のレートを予測する? ニューロFXは、メタトレーダーに設定して使用する半裁量ツールです。 ニューロFXは、未来のレートを予測してくれるそうです。最短で5分後のレー…

Hyper Click FX 【検証とレビュー】

EAの売買シグナルを証券会社に送る”ツール” Hyper Click FXは、EA(自動売買)のシグナルを使ってEA非対応の証券会社でトレードするためのツールです。 自動売買システ…

SJCシストレ実践CLUB 【検証とレビュー】

SJCシストレ実践CLUBは、単なるEAの販売 SJCシストレ実践CLUBは、本日(6月27日)現在、インフォカートでランキング1位の商材です。名前からして塾のようなものを連想させ…

プライス乖離FX
プライス乖離FXのロジックはATRだった!

プライス乖離FXのロジックが公開された 【プライス乖離】(無料・動画)ロジックを隅々まで公開します〜というYouTube動画を見ました。この動画は限定公開であり、残念ながらアドレス…

テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」 【検証とレビュー】

王道的なライントレード テクニカル慶次の「FX荒稼ぎプログラム」ですが、こちらの商材も多くの問い合わせを頂いています。 FX荒稼ぎプログラムは、いわゆるライントレードと呼ばれる手法…

トレンドハックFX
トレンドハックFX【検証とレビュー】

「トレンドハックFX」はMTFによる環境認識を重要視した裁量トレード手法だ 環境認識を重要視した裁量トレード手法をレビューします。トレンドハックFXです。 タイトル:トレンドハック…