グランドセオリーFXで使われている一目均衡表の「雲」とは?

日本人が開発した画期的なテクニカル指標「一目均衡表」

グランドセオリーFXのざっくりとしたレビュー記事をアップしました。

グランドセオリーFXではオーソドックスなテクニカル指標を使用していますが、そのなかにひとつに一目均衡表の「雲」があります。

グランドセオリーFXの雲

上のチャート内のグレーで表示されているものが一目均衡表の雲と呼ばれるテクニカル指標です。雲を使ったFX情報商材はあまり見かけません。有名どころでは、マーフィーの最強スパンモデルマナブ式FX完全マスタープログラム(THVシステム)くらいでしょうか。

おそらく、一目均衡表そのものが奥が深いため、FX情報商材として活かすのはなかなか難しいというのが理由ではないでしょうか。

グランドセオリーFXでは「雲」をどのように使っているか?

グランドセオリーFXのマニュアルでは、トレンドロジック編やローソク足ロジック編で「雲」がでてきます。(レンジロジック編では雲を使いません)

らいく氏は、雲をレートが抜けるタイミングを仕掛けのためのフィルターとして使用しているようです。また雲の上限・下限で手仕舞いのタイミングを図っているケースもあります。

雲の上限で小さめの陰線 2 本を確認…

雲を抜けたことを確認…

利確のポイントとしては、この場合ですと「雲の下限(灰色の雲の下のほう)」で、一度利確をすると安全…

雲の下限と●●●で利確…

この辺りは、マナブ式FX完全マスタープログラム(THVシステム)と似ています。

一目均衡表は、時間軸を未来・過去へずらした三次元チャート

一目均衡表の雲を取り上げる前に、そもそも一目均衡表とはなんでしょうか?

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、チャート分析法の一つ。
細田悟一によって、1936年(昭和11年)に考案された。細田のペンネーム 一目山人(いちもくさんじん)に因んで名づけられ、現在は細田の遺族が経営する株式会社経済変動総研の登録商標である。

引用:Wikipedia

日本人が開発したテクニカル指標ですが、驚くことに商標登録までされています。つまり特許庁に申請し登録が認められているわけです。メタトレーダーにもデフォルトインディケータ(ichimoku.mq4)として装備されるほど世界的なテクニカル指標として利用されています。

一目均衡表をひと言で説明することは困難です。外為オンライン特別講座にわかりやすい説明があるので御覧ください。

外為オンライン実践講座
出典:外為オンライン特別講座 第3回一目均衡表・新値足

余談ですが、この外為オンライン特別講座はかなりおすすめできるコンテンツです。第1回からすべての回を読むことをおすすめします。くだらないFX商材を購入するより断然有益です。

一目均衡表の性質をひと言で言い表すならば、『外為オンライン特別講座』の言葉通り”時間軸を未来・過去へずらした三次元チャート”と言えます。

一目均衡表が三次元チャートと呼ばれる所以(ゆえん)は、レートの現在・過去・未来をたった一つのテクニカルで解析しようとする設計思想からきています。現在のレートは過去のチャートの影響を受けており、かつ、未来のチャートにも影響をおよぼすという考え方に基づいて設計されたテクニカル指標です。

雲の役割とは?

様々なラインが表示される一目均衡表において、サポートやレジスタンスラインと同じような役割をするのが「雲」です。

雲とローソク足との位置関係、雲の幅や形状などから、現在のレートが過去チャートからどのような影響を受けているのか?そして今後(未来)のレートにどう影響をおよぼすのか?を分析するわけです。

ローソク足の上に雲が横たわっていれば、上値抵抗線(レジスタンスライン)として機能し、ローソク足の下に雲があれば下値支持線(サポートライン)として機能すると言われています。また、そのサポート・レジスタンスのパワー(強さ)を雲の厚みで捉えます。一方、ローソク足が雲の中に取り込まれているときは、今後大きくレートが動くことが予想されます。

こうしてみるとグランドセオリーFXでの雲の使い方は、本来の用途とは少し異なりますね。

一目均衡表をマスターしたいなら…

複雑難解な一目均衡表ですが、本気でマスターすれば強力な武器になり得るツールです。

いきなり取り組むよりも、まずは入門編からスタートすることをおすすめします。まずは無料で学べる動画などがおすすめです。特に一目山人の後継者である三世一目山人(細田哲生氏)による動画解説がおすすめです。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝説を作る【hawaii023】

30分で1億4300万円を失いファイナンススタジアムで伝説つくった「hawaii023」氏 早朝のFOMC(米連邦公開市場委員会)は当初の予想通り利上げは見送られ、現状維持(金利据え置き)でした。 その発表の裏で、ファイ…

【懲役5年】1億5000万円の金塊盗んでFX投資【造幣局職員】

1億5000万円の金塊盗んで懲役5年 FXでの損失を穴埋めするために、造幣局から約1億5000万円相当の金塊を盗んだ罪として元造幣局員に懲役5年の判決がくだされました。 金塊やメダル窃盗、造幣局元職員に懲役5年 勤務先の…

FXスキャル・パーフェクトシグナル第2回オンラインセミナーを視聴した

FXスキャル・パーフェクトシグナルの第2回オンラインセミナーが開催された 2017年4月6日(木)にFXスキャル・パーフェクトシグナル購入者限定のオンラインセミナー(第2回)が開催されました。 FXスキャル・パ…

【松井証券社長】敗訴のコメントが意味するもの

松井証券敗訴 松井証券の社長が先日の敗訴に関してコメントしていましたね。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、FX約定遅延訴訟の敗訴「控訴しない」 2013/10/24 17:54 松井証券の松…

FXスキャルマスターが期間限定で40%オフ

FXスキャルマスターに関するお得な情報 当サイトでも高評価のFXスキャルマスターが、期間限定で40%オフで提供されます。 期間:10月29日(月)~11月2日(金)の5日間 価格:49,800円→29,880円(40%O…

チーティングトレーダー育成プロジェクト 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのアービトラージ手法 今回紹介するチーティングトレーダー育成プロジェクトは、読者様から検証依頼のあった商材です。 チーティングトレーダー育成プロジェクトは、マーケットの歪みを狙ったアービトラージ的な手…

ロケットブレイクFX 第2期【検証とレビュー】

ロケットブレイクFX第2期の募集がスタート ロケットブレイクFXと呼ばれる投資塾が第2期のメンバーを募集しています。 第1期の募集がおこなわれたのはちょうど1年前(2015年12月)です。その時は大々的なプロモーション(…

FX−STS 【検証とレビュー】

FX-STSは月額39,800円のコピートレード FX-STSは、コピートレードです。当たり前ですが、コピートレードもシグナル配信も結果が全てです。 残念ながらFX-STSは、現時点ではめざましい結果を出せていないようで…

シンフォニーやっぱり投資詐欺だった!

FX投資詐欺容疑でシンフォニー実質経営者を再逮捕 何度かこのブログでも取り上げているシンフォニー事件ですが、やはり投資詐欺だったようです。 香港に口座、運用偽装か FX詐欺容疑、25日にも再逮捕 FX(外国為替証拠金取引…

与沢翼さんと探偵ファイルがガチでケンカを始めた

与沢翼さんの会社が、税金(1億円)滞納で東京国税局の管理下へ 【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査している…? 与沢翼さんVS探偵ファイルのガチバトル勃発 先日の記事で書いた、【スクープ】与沢翼さんの周辺を探偵が調査…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが自分で設定をアレンジできます。変更できる…

PSPBANK【検証とレビュー】

法律と消費者を軽視しているPSPBANK PSPBANKという正体不明の情報商材に関する問い合わせをいただきました。 PSPBANK 販売ページを見る限り、断定的判断の提供のオンパレードであり、消費者の誤認を誘発しそうな…