FXトレンドグライダー【検証とレビュー】

インディケータ系のFX商材が再びブームの兆しを見せている

最近、MetaTrader4専用のFX情報商材が、再びブームの兆しを見せています。FXスキャル・パーフェクトシグナルニュートンFXパラダイム・トレーダーFXなど、様々なテクニカルを組み合わせたカスタムインディケータ商材がインフォトップのランキング上位を占めています。

今回取り上げるFXトレンドグライダーも、その流れ(ブーム)に乗って登場です。

FXトレドグライダー

FXトレンドグライダーはおおまかに以下の3つのカスタムインディケータから構成されます。

  • 雲と呼ばれる「サポート&レジスタンスライン」
  • グライダーと呼ばれる「トレンド方向を示す矢印」
  • 風と呼ばれる「複数のトレンドライン」

サポレジラインやトレンドラインという”ライン”をベースにしたFXトレンドグライダーのチャートは、シンプルで視認性も良さそうです。

FXトレンドグライダーの基本ロジックはトレンドフォロー

FXトレンドグライダーのロジックはオーソドックスなトレンドフォロー(ブレイクアウト)です。大きな方向性を意識してトレンド発生を感知して仕掛ける、トレンド収束(終了)を感知して手仕舞いするという流れです。フィルターにはサポレジ(サポートアンドレジスタンス)、トレンドライン等を使っています。トレンドフォローの基本を押さえており、特段目新しさはありません。

全てのインディケータ系ツールに言えることですが、ツールの基本的なロジックは出尽くしている感があります。大まかに分ければ「トレンドフォロー(順張り)」と「カウンタートレード(逆張り)」です。

結局のところ、ツール系FX商材はいかにテクニカル指標を組み合わせてエントリーや手仕舞いの精度を高めるか?という勝負をしていることになります。

FOREX FACTORYに代表される海外フォーラムでも様々なロジックが議論されていますが、トレードの精度を高めるためのフィルターをどう組み込むか?という話題が最も関心を集めます。

つまるところ市販されているツール系FX商材は、いかにシグナルの精度やフィルターの精度を高める工夫をしているに過ぎません。

FXトレンドグライダーも「トレンドフォロー&ブレイクアウト」を基本とし、サポレジやトレンドラインをフィルターに使って仕掛け・手仕舞いのタイミングを掴むというツールです。

ツール系FX商材の”賞味期限”はせいぜい数ヶ月…

FXトレンドグライダーに限らずインディケータ系ツール(FX商材)の寿命、というか賞味期限はとても短いです。せいぜい数ヶ月、長くても半年程度です。

中・上級者でツール系FX商材を使ってトレードしている人は皆無といっていいでしょう。中・上級者は、裁量トレードもしくは自身でカスタマイズしたツールを使ったテクニカルを駆使してトレードしています。

このサイトで何度も述べていますが、ロジック非公開のツールを使っても拡張性が乏しいため、ツールの長期的な活用が困難です。相場は常に変化しています。そしてトレーダー自身のスキルも経験とともに変化します。その変化に対応できるツールはありません。

ロジックが公開されていれば、自分に合ったツールのパラメータをカスタマイズするなどして長期的に使い続けることは可能です。しかし残念なことにツール商材のほぼすべてがロジック非公開であるため、長期活用を困難にしています。結果的に、その手のツールの寿命は数ヶ月から長くて半年程度になってしまうのです。

2年〜3年前にリリースされたFXツールを今でも使い続けているトレーダーは、いないと確信しています。

たとえば、過去に大ヒットしたツールで有名なFX商材に以下のものがあります。

どれも当時爆発的に売れたFXツール商材(MetaTrader専用インディケータ)です。

しかし、当時それらのツールを購入して、今現在もそのツールを使い続けているトレーダーはいるのでしょうか?

有料FXツールの存在意義とは?

寿命の短いFXツールに存在意義はあるのか?いろいろな意見があると思います。FX初心者がトレードに慣れるための過程で、有料ツールを活用するのは意味があるでしょう。トレンドフォローの考え方やロジックの基本を学ぶためにツールを使うことには意義があるかもしれません。

ただし、ツールをとっかえひっかえしても、FXトレードのスキルは向上しません。いつまでたっても初心者のままです。

FX初心者を脱出し、中上級者へステップアップするためには、どこかでFXシグナルツール(ロジック非公開)を卒業する必要があります。様々な失敗や成功を繰り返して、自分だけの優位性(エッジ)を見出すことが、ステップアップのコツです。

最短でFXスキルを向上させるオススメの方法

FX初心者がいきなり裁量手法に取り組んでも、ロジックの拠り所を見出しにくいと思います。

FXトレンドグライダーのような有料ツールを使うことで、相場に慣れることもひとつの方法ですが、私がおすすめする一番の方法は、FOREX FACTORYのような海外フォーラムを定期的にチェックすることです。

有名なFXフォーラムは全て英語ですので、取っ付きにくさはあります。しかしそのデメリット(英語)をはるかに上回るほどの有益性があります。

実に様々な手法に関する議論が日夜繰り広げられており、現時点で最新のロジックなどを把握することができます。日本の掲示板(2ちゃんねる)で見られるような、ウソと誹謗中傷にまみれたスレッドなどありません。多くのフォーラム参加者が自らを実験台にしてロジックの優位性を検証しています。様々なインディケータが無料で提供されています。

海外フォーラムのスレッドを読めば、いかに日本のFX投資が遅れているか理解できます。そして海外トレーダーのレベルの高さに驚くことでしょう。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

俺の口座、凍結されたよ!

俺の口座、凍結されたよ! 今日は、口座凍結に関するウワサを検証したいと思います。 表題の「俺の口座、凍結されたよ!」というのは、私の知人が電話口で発した第一声です。 彼は、某ブローカー口座で非常に大きな枚数でスキャルをし…

平均投資額は116万円※日本人のFX事情が興味深い

40代会社員が最多…日本人のFX事情とは? ダイナミックトレードという海外FXブローカーをご存知でしょうか?その業者が、非常に興味深いインフォグラフィックを発表しています。 画像出典:http://jp.dynamict…

【金融庁】FX取引で法人もレバレッジ規制へ

法人口座もレバレッジ規制の対象に とうとうきました…ウワサはありましたが、FX取引において法人もレバレッジ(倍率)規制が導入されるようです。昨年(2015年)1月に起きたスイスフランショックによって多くの法人が損失を出し…

【SCB】スピードキャッシュバイナリー 【検証とレビュー】

バイナリーオプションのEA 【SCB】スピードキャッシュバイナリーは、バイナリーオプションのEA(自動売買)システムです。販売者は有限会社ジーグランド。有限会社ジーグランドは、これまでに以下の商材を販売してきました。 【…

FXエントリー&FXアカデミー 【検証とレビュー】

非常に真面目で好感を持てる商材 FXエントリー&FXアカデミーは、かなり以前から販売されている商材ですね。中身は、メタトレーダー用のインディケーター(複数)とマニュアルです。 そして、一番のウリとされているのが、平日に毎…

hawaii023劇場【第二幕】▲4300万円の含み損の行方・・・

hawaii023の含み損が630万円→4100万円にまで拡大(汗) Yahoo!ファイナンスの伝説男「hawaii023」の一人舞台はまだ続いています。 わずか30分間で1億4300万円を失いファイナンススタジアムに伝…

投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW Holdings)の実質的な経営者である伊藤正明逮捕とCapital Works Investmentとの奇妙な関連性

ねずみ講的な勧誘で100億円ものFXファンド資金を集めた「シンフォニー」 先日話題になった逮捕速報年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕への続報です。 このニュースは、高配当FXファンド(年36%)と称して総額100…

くまひげ先生の『マジックボックスFX』を購入した

くまひげ先生の『マジックボックスFX』を購入しました 久しぶりに期待できるFX商材の登場です。過去にFXバックドラフトPROやプライスストラクチャーFXなどをリリースしてきたくまひげ先生の新作インディケータです。期待がで…

コピートレードのトラブルと和解事例

コピートレードの課題(問題点) コピートレードが相変わらず流行っています。最近も全コピFXというコピートレード商材が販売されたばかりですね。 全コピFXの記事を見る ご存じの方も多いと思いますが、コピートレードの課題は配…

【イニシア・スター証券】登録取り消しの”衝撃”

イニシア・スター証券が登録取り消し 2012年12月5日に、イニシア・スター証券が金融庁から行政処分を受けました。 イニシア・スター証券株式会社に対する行政処分について イニシア・スター証券については、当ブログでも以前取…

GMOauto 【検証とレビュー】

GMOautoを使うとアカウント凍結のリスク GMOautoは、GMOクリック証券のバイナリーオプションに対応した自動売買ソフトです。MT4(Metatrader4)と連動して稼働するように作られています。 このサイトで…

FXのロスカットに関する貴重な判例

ロスカット裁判の前例があった 先日の記事で、松井証券のロスカット遅延による損害賠償訴訟を取り上げました。 松井証券に賠償命令~18秒の遅延は債務不履行~ 松井証券社長、敗訴のコメントが意味するもの 実は、この判決(松井証…