ニュートンFXのロジックを解説【検証とレビュー】

ニュートンFXのロジックを解説します

前回の記事に引き続き、ニュートンFXの検証レビューをおこないます。まずは専用のIDとパスワードでニュートンFX購入者サイトにログインをします。

ニュートンFX購入者専用サイト

購入者専用サイトは、MT4用のインディケータの設定方法や、口座開設方法などの解説もあり、初心者にもわかりやすいマニュアル構成となっています。

まずはインディケータを設定してみる

早速、オリジナルインディケータをダウンロードし、MT4(MetaTrader4)に設定してみます。設定するインディケータは以下の4つです。

  • ニュートンアップダウンパワー(UPDPBar)
  • ニュートンサイン(UPDPBarGCDC)
  • ゾーンオーダー(MaOeder)
  • ニュートンチャンス(MACapChance)

推奨通貨ペアであるUSDJPY(ドル円)の15分足チャートに設定してみました。

ニュートンFXUSDJPYチャート

チャートの下(サブウィンドウ)に表示されている赤と青のグラフが、ニュートンアップダウンパワー(UPDPBar)です。ローソク足に表示されている矢印がニュートンサインです。

そしてチャート上部に表示されている「SELL」という文字がゾーンオーダーによるものです。とてもシンプルで視認性の高いチャートです。

ニュートンFXの3つの手法を解説

ニュートンFXでは先に紹介したチャート(カスタムインディケータ)を元に、3つの手法が紹介されています。

  • ファーストステージ(トレンドフォロー)
  • セカンドステージ(ブレイクアウト)
  • サードステージ(逆張り)

まずはファーストステージ(トレンドフォロー)のロジックを解説します。基本的に、すべてのステージにおける推奨通貨ペアは、USDJPY、EURUSDです。時間足は15分足を使用します。

ファーストステージ(トレンドフォロー編)

ファーストステージでは、基本ルールと応用ルールが用意されています。

ニュートンFXトレンドフォロー

ニュートンサインが出現し、チャート上の矢印(ニュートンサインと同方向)が点灯したら仕掛けます。点灯ローソク足の高値と安値を基準に、リミットとストップを設定し、逆指値でエントリーをします。リスクリワードは1対1です。とてもシンプルなルールですね。気になる点はリスクリワードバランスが1対1であるという点ですね。

応用ルールはトレンド発生時の押し目買い・戻り売りが紹介されています。応用編のほうが勝率は高そうに感じますね。

セカンドステージ(ブレイクアウト編)

セカンドステージは、レンジ相場からのブレイク狙いです。ニュートンアップダウンパワー(UPDPBar)のパラメータを少し変更して準備します。

ニュートンFXレンジブレイク

このニュートンアップダウンパワーでレンジ相場を確認する作業をおこないます。レンジ(ボックス)を確認後、そのボックスの高値・安値を基準に、リミットとストップを設定し、ファーストステージと同様、逆指値にてエントリーをおこないます。

リスクリワードは1対1ですが、トレイリングストップを使うことでリスクを抑えながら利益を伸ばしていく方法が紹介されています。

サードステージ(逆張り編)

最終ステージは、逆張り手法となります。

ニュートンFX逆張りルール

サードステージに取り組むには、ニュートンアップダウンパワー(UPDPBar)のパラメータを少し変更する必要があります。

ニュートンアップダウンパワー(UPDPBar)によってレートの行き過ぎを感知し、逆方向への仕掛けをおこないます。利益確定ポイントはニュートンアップダウンパワー(UPDPBar)の数値で判定します。ストップは直近のローソク足を基準に設定します。

ニュートンFX逆張りルールその2

ファースト・セカンドステージに比べて、ルールが少し複雑です。解説も難解なので、初心者のトレーダーは一度で理解するのは難しいかもしれません。動画とPDFを活用して理解を深める必要があります。

3つの手法を振り返ってみて

ニュートンFXの3つの手法を早足で解説しました。文章だけではなかなか理解し難いかもしれませんが、会員専用サイトには解説動画とPDFが用意されていますので、効率よく習得できると思います。

気になった点は、3つの手法を実践するにあたり、インディケータのパラメータを変更しなければいけないということです。つまり1つのチャートで、同時に3つの手法を実践することができない、ということになります。各ステージは難易度が異なりますので、同時に実践するというよりはファーストステージから順番に習得していくという流れが良いのかもしれません。中・上級者ならば、ファースト(トレンドフォロー)・セカンド(レンジブレイク)・サード(逆張り)3つのチャートを同時表示させ、複数監視することでトレードチャンスを広げることが可能です。

3つの手法の優位性については長期的に検証してみないとわかりませんが、突飛なロジックではなく、オーソドックスで正攻法的な手法であるという印象を受けました。

15分足を使用するので、スキャル〜デイトレという感じですね。リスクリワードバランスが1対1である(ファースト・セカンド)という点が若干ネックかな?という印象です。1対1ならば60%以上の勝率が欲しいところですが、勝率に関する記述としてはFAQでさらっとしか触れられていません。

実際にモニター様にニュートンFXを使っていただいたところ6割から8割の勝率を出しておられました。

執行時間としては15分足が推奨されていますが、FAQでも解説されているように、長期の時間足をチェックしトレンド方向に仕掛けるという工夫を取り入れることでエントリーの精度を上げていくことができると思います。

残念ながらインディケータの詳細なロジックは非公開だった…

残念だったのは、ニュートンFXの心臓部ともいえるニュートンアップダウンパワー(UPDPBar)インディケータについての詳しい解説がなかったことです。マニュアル内ではインディケータのロジックの背景(考え方)に関する解説はありましたが、インディケータそのものの解説はゼロです。

販売ページでは、

私はこのニュートンロジックをしっかりと理解してほしいという気持ちもあり、そのロジックの詳細を計算式に至るまですべてを完全に公開しています。

(中略)

「もっとこのシステムを利用したい」という方であったり、「自分のトレードルールに組み込みたい」という方が利用しやすいようにロジックの詳細はもとより、カスタマイズもできるようにしています。

引用:ニュートンFX販売ページ

とあったので、インディケータに関する詳細な解説があると期待していたのですが、残念です。

インディケータの詳しい解説があれば、このニュートンアップダウンパワー(UPDPBar)を応用してアレンジ手法を考案するなど、FX商材の発展性が期待できたのですが、ロジック非公開であれば、はっきり言って応用は難しいでしょう。

ニュートンFX(UPDPBar)

インディケータがどうして、このような動きをするのか?パラメータは何を意味し、数値を変えることでどのような変化が生じるのか?など、詳しい解説を期待しても、その答えはどこにもありません。

そのあたりを十分理解した上で(割り切った上で)、ニュートンFXを使える方ならば問題ないと思います。


オリジナル特典(MT4専用ツール)を無料でご提供しています

当サイトから「購入リンク」を通じてFX商材をご購入された方には、以下の3つのオリジナル特典を全て無料でご提供させていただきます。

MetaTrader専用オリジナルインジケーター「SQシリーズ」は非常に完成度が高く、単体でも優位性のあるトレードを行うことが可能です。

その素晴らしさはこちらの動画をご覧いただければご理解いいただけます。

sqi
sqbox
sqs

これらのSQシリーズは、少数精鋭のトレード集団「ザ・シークレット」にて会員向けに配布されたものの一部です。全くの非公開ツールですので他では絶対に入手不可能です。

私自身が「ザ・シークレット」会員であり、SQシリーズの開発者の一人であるため、このサイトでの提供が可能となっています。

まずはこちらの動画をご覧ください。高額FX商材を凌駕するほどの高機能ツールであることをご理解いただけるはずです。



※2017年最新版のFX商材6段階総合評価



※評価基準…AAA評価「非常に高く評価できる]、AA評価[高く評価できる]、A評価[評価できる]、B・C・D評価[各々ご想像におまかせします]
※全ての検証済みFX商材の評価をみる場合はこちら ⇒ 全商材評価一覧ページ

 よく読まれている記事

投資家集団オプザイルが華々しく”NHKデビュー”するも、絶滅へのカウントダウン始まる

”投資集団オプザイル”またもや地上波(NHK)登場 オプザイルを世にのさばらせた原因は金融庁にもある 投資家集団オプザイルが”NHKデビュー” あの投資家集団オプザイルがとうとうNHKにも目をつけられたようです。 謎の投…

侍マトリックスのエクイティカーブ(資産増減曲線)から何がわかるか?

侍マトリックスの資産増減曲線について考えてみる 侍マトリックスの検証の続きです。前回の記事はこちら。 侍マトリックス(EA)のロジックについて考えてみる 前回の記事において、侍マトリックスEAのフォワードデータ(?)から…

ポンジ・スキームってなに?

ポンジ・スキームとは 投資詐欺に関する記事をいくつかアップした関係か、ポンジ・スキームというキーワードでのアクセスが増えています。 年36%を謳ったFX投資ファンド社長、逮捕へ 投資セミナー企画会社「シンフォニー」(SW…

ジャンル別オススメFX商材のご案内

毎日、多くの方からご質問を頂きますので、ジャンル別におすすめ商材をご案内させていただきます。 手法やロジックなどによってジャンルを分けて、おすすめできるFX商材をランキングしました。 裁量トレード FX商材ランキング 裁…

ボルマン理論FX
ボルマン理論FX~億トレーダーへの道◆秒速スキャルピングツールの最終兵器【Hyper Click Billionaire Scalping 】◆【検証とレビュー】評価…B

「ボルマン理論FX」とはどんなFX商材か? ボルマン理論FXはExcelを使った発注ツールだ 「ボルマン理論FX~億トレーダーへの道◆秒速スキャルピングツールの最終兵器【Hyper Click Billionaire S…

パトリオット 【検証とレビュー】

パトリオットは、ちょっと特殊なEA 今回ご紹介するパトリオットですが、このEAはちょっと変わっています。一言で言えばセミオーダーEAということになります。 設定項目が多くユーザーが自分で設定をアレンジできます。変更できる…

FX【変態】セミナー【検証とレビュー】

BBFカウンタートレードの応用手法を動画で説明したもの この商材は、もともと別で販売されていた「BBFカウンタートレード」という商材の応用手法を動画で説明したものです。BBFカウンタートレードとは、簡単に言ってしまえば、…

バイナリーオプションの危険性

バイナリーオプションで勝てない本当の理由とは? バイナリーオプションは本当にフェアか? バイナリーオプションの本質は、たんなる博打(バクチ) 投資とギャンブルの”境界線” バイナリオプションは金融庁公認のオンラインカジノ…

逆転FX Trend Getter 【検証とレビュー】

逆転FX Trend GetterはPips Getterの兄弟分 今回は、逆転FX Trend Getterを取り上げてみたいと思います。以前、 逆転FX「Pips Getter」というFX商材がありましたが、同じ販売…

Smart Professional FX
Smart Professional FX (スマプロFX)【検証とレビュー】

関連記事:Smart Professional FX (スマプロFX)の手法を細かく分析してみた 「Smart Professional FX (スマプロFX)」とはどんなFX商材か? 機関投資家出身の藤田昌宏氏が考案し…

マステリースタイルトレードクラブ 【検証とレビュー】

マステリースタイルトレードクラブは高額FX塾 マステリースタイルトレードクラブは、高額FX塾です。今回が8回目(8期生)の募集となります。 販売会社は株式会社SKナレッジです。SKナレッジは、いわゆるプロダクトローンチと…

良質なFXブログでも十分に学べる

良質な無料ブログでも学べる まだ自分の手法がそれほど確立されていないのであれば、勉強になる無料ブログをいくつか精読するところから初めてみてはいかがでしょうか? 良質なFXブログは、あなたの投資スキルの向上に必ず役立ちます…